駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

二日遅れのキューロクの日

9月6日でキューロク。確かにゴロがいいです。隊長だよりのぎんちゃんが、キューロクの日を提唱すると、ぞくぞくと、出て来るは、出て来るは。何時だったかもキューロクのウェーブがありましたが、キューロクは人気者です。それに、皆さん在庫も多いはずですから。
拙ブログも蒸気ものの端くれですから、ついつい気になってしょうがありませんので、予定を変更して、キューロクの日の賛成票を投じておきましょう。二日遅れですけどね。

Z00304.jpg
1971年5月 米坂線 手ノ子-羽前沼沢

提唱者のぎんちゃんは幌内線。ひぐまさんはテリトリーの士幌線の幻区間、すごいですね。豆ちゃんことAE86さんは、D51、いや名寄本線。マイオさんも名寄本線の何処かですね。おやおや、高辻さんは雪の幌内線、きれいな雪です。一人九州のデフなしを選んだのはまこべえさん。撮影場所は不詳とのことですが、田川工場の文字が。郷愁紀行さんは贅沢にも車撮りの湧網線です。キューロクと聞いては捨て置けぬとばかりに、大家のくろくまさんも、一日遅れで湧網線の浜床丹で一票。これで全員でしょうか。

皆さんやはり北海道に集中していますね。キューロクの日ですから、幅広く行きたいものです。九州も一票ありますから、残るは本州しかありせん。小生の在庫は川越線と米坂線。どちらも駄作ばかりで、普段はお見せできるようなものではありませんが、記念日ということで失礼して米坂線にしときます。

これで、9月6日はキューロクの日ということで可決でしょうか。ハチロクが可哀想ですから、小生的には8月6日はハチロクの日ということで。間の1カ月はハチロク・キューロク月間とでもしましょうか。来年が楽しみですね。


追記
マイオさんからのご連絡で、もうお一方投票者がおられることが判りました。「感動の蒸気機関車 Photo Blog」の tamamura225 さんです。岩見沢第一機関区の2両のキューロクです。これで、さらに北海道票が積み上がりました。北海道強しです。
tamamura225 さん、大変失礼をいたしました。

よくよく巡回すると「気になる広場」のEXTRAさんも同じ二日遅れで。小生が選ぶのに悩んだ、川越線です。こちらも2両撮りです。懐かしいですね。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/08(火) 01:19:07|
  2. 米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<岩礁からの後追い | ホーム | 「北斗星」森発進>>

コメント

おっ、こあらまさんも、ついにお仲間入りですね(^^)
米坂は、キューロクのふるさと!
実は、銀チャン⇒ひぐまさんと来て、ならばどこのキューロクにしようかと考えたとき、すぐに浮かんだのが、ここ、米坂線でした。
ただ、米坂線は過去にアップ済みということもあって、今回は、幌内・士幌に対抗して、南のキューロク、しかもデフなしで参加しました(^^)
ところが、みなさん北のキューロクばかり。
やはり北のキューロクは、人気者ですね。

ちなみに私が蒸気を本格的に撮りはじめたとき、最初に撮影したカマが大宮機関区のキューロクでした。
川越線や八高線もキューロクの活躍する路線だったので、キューロクは、いつも身近にいた大好きなカマです。
キューロクの日、すでに真壁鐵道では、PRをはじめていますが、ハチロクの日と一緒に、長く定着すると楽しい日ですね。

ところで先日、EM10のマークⅡをさわってきました。
使い勝手がよくなって、魅力的なカメラに仕上がっていましたが、有機にかえたファインダーの彩度がたかく、色味もかわって、ここは残念なところかもしれません。
それでも、お散歩カメラにいいかなと狙っていたのですが、なんと発売日の前日にマウントの不具合がみつかって全品回収!
オリンパス、カメラは形も性能もとても良いのですが、製品管理に大きな問題があって、今回はトラブルが多かった中国工場からベトナム工場にかえて、再スタートというなかでの問題発覚ですから、困ったものです。

ちなみにオリンパスのかたの話だと、旧型は、親指でダイアルを強くまわしていると、ダイアルが次第に浮き上がってしまう問題が発生しているそうです。
このため新型は、金属ダイアルにして、位置もかえたとのこと。
こあらまさんのEM10も、この部分は、やさしくまわしてあげてください。
  1. 2015/09/08(火) 14:31:57 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

こちらの方も

もうお一方、ご参加されてますね。
http://tamamura225.blog.fc2.com/blog-entry-658.html
1975/12に高校3年生だったというから、
私の1学年下ですが、同世代ですね。

米坂線は私にとっては痛恨の路線の一つです。
撮影旅行開始が1年早いと行けた路線。
これを言い出すときりがないんですが・・・。
  1. 2015/09/08(火) 16:05:27 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

こあらまさん

どうにも例の認知症がひどくて、皆さまにコメントするのも億劫になってます。
申し訳ございません。
素敵な記事の数々、幾度コメントを記そうと思ったことか……

米坂線、同じ中学の仲間が出かけてきたのが羨ましかったなぁ。
のちに陸羽東線の撮影の帰りに米沢に立ち寄ったら、9634などの廃車体がごろごろ。
それでも今泉に行ったら長井線のキューロクに会えました。
デフの大きなキューロクは形式が違うんじゃないの? って貫禄があったっけ。

川越線でキューロクを堪能したのは旧友koppel-2さん、これも羨ましかった……

マイオさん、そうそう、tamamuraさん(1度お会いしてます)もアップされてましたね。
ハチロクの日、8月6日には参加できる方がぐ〜んと減りそうですが、
そこは年一回のお楽しみ、皆さんとのパイプラインの確認にもなりますよね(笑)

今日は「林修の今でしょ! 講座」で認知症をラクにする法をやっていましたが、
見終わったときには見事に忘れきっておりました(笑)
  1. 2015/09/08(火) 22:04:27 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

こあらまさん

D51?
あ~、ここでもバレてる・・・(笑)。
米坂線、小生が活動を開始した時にはすでに無煙化されてました。素晴らしい景色が堪能できる路線だったようですね。
  1. 2015/09/09(水) 00:06:10 |
  2. URL |
  3. AE86 #OfPflhKg
  4. [ 編集 ]

キューロクとは長い付き合い

まこべえさん、

蒸気の撮影を始めたころは、八高線、川越線の日帰りを繰り返していました。
夜行日帰りを始めて、最初に行ったのが小海線。二回目がこの米坂線でした。
理由は簡単です。近いもん順です。それに最初は湘南色の165系の「アルプス」だったので、
二回目は交直流色の455系に乗ってみたかったこともありました。車内は同じなんですけどね。
「ばんだい」にするか「ざおう」にするか迷いましたが、キューロクがいる「ざおう」を先にしました。
あの頃、東京、上野、新宿で夜行に乗る時は、本当に浮き浮きで、楽しかったです。
そんなわけで、まこべえさんと同様に、キューロクとの付き合いは最初から最後まででした。
ただ、本州、北海道、九州のキューロクは別形式のように思えてなりません。それだけ地域差が大きいということですね。

EM10の情報ありがとうございます。本当ですね。軍艦上のダイアルは金属と思っていましたが、プラです。気を付けます。
1000枚程撮りましたが、幸運にも不具合はまだありません。でも、やっはり画像エンジンに騙されているみたいです。
ニコンと撮り比べると、ぱっと見はいいのですが、よくよく見ると誇張なく忠実なのはニコンの方です。
ただ、ファインダー付でこの大きさは、大変有難いです。スナップ、ブログ用と割り切れば、性能、画質ともに十二分です。
  1. 2015/09/09(水) 02:01:03 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

痛恨の路線

マイオさん、

もうお一方おられましたか。さすがはマイオさん、この世界のネットワークには長けてらっしゃる。ありがとうございます。
tamamuraさんも、やはり北海道です。どうしてこんなに九州が少ないんでしょうね。キューロク≒北海道って感じです。
そぞろな記事を書き、コメントを交換し合っていれば、自ずと、皆さん年齢が分ってしまいます。
どうも、この界隈のおじさんたちの年齢差は、ほんの数歳のようですがら、現役蒸気団塊世代ってことですね。みんな一緒です。

マイオさんは、米坂線は痛恨でしたか。本州では数少ないキューロクで、客レもありましたからね。
でも、あの頃、中学生が一人で無宿旅行をしていた訳でして、今なら補導されちゃうんじゃないですか。
人それぞれに痛恨の路線はあります。フィルムがパーになって消えてしまった路線もあります。
そうだ、痛恨とくろくまさんで思い出しました。会津線は、西若松で寝過ごしてしまい痛恨でした。
  1. 2015/09/09(水) 02:04:21 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

お元気ですか

くろくまさん、

いやいや「鬱」なんて言ってたので、コメントを差し控えておりました。
こちらこそ、申し訳ございませんでした。
例の「43年前モドキ」が中断した時には、飲みに行こうって、メールしてやろうかと思いましたよ。
先日「南国の薔薇」っていうのをやりましたが、撮影日付をみてやってください。1973年8月です。
この時は、夏休みが終わる前々日まで九州でねばっていました。
さあ、また大接近が来るぞ、来るぞと、楽しみにしていたら、プッツン。続きは、そのうち飲み屋でサシでやりましょう。

そうそう、くろくまさんの長井線覚えていますよ。コメント差し上げましたよね。
この米坂線の時には、すでに9634は米沢で錆びていました。C11も何両か、一緒に眠っていました。
調度この時期に、DE10の導入が始まり、客レが何本か無煙化されていました。本当に最後の最後でした。

これは、何としてもハチロとキューロクの日を、忘れないようにしないといけませんね。物忘れが酷いもんで。
ただ、ハチロクの日はグッと参加者が減るでしょうね。マイオさんのように越美北線なんかを撮った方は少ないでしょうから。
確かに、認知症の番組をやっていました。何故か、かみさんが真剣に見ていました。
  1. 2015/09/09(水) 02:10:51 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

申し訳ございません

豆ちゃんことAE86さん、

見つかってしまいましたか。申し訳ございません。
とてもお茶目な出来事でしたので、思わず「D51」と。ひぐまさんのコメントも面白かった。
どうしてそうなったのかも想像がついたので、不思議と違和感なしです。
一つの記事で、二度楽しめ、得した気分です。おつかれさまでした。

次に復活させて欲しい路線といえば、東の方であれば、小海線のC56と米坂線のキューロクを挙げると思います。
米坂線は日本の山里の原風景みたいなところで、豪雪地帯でもあるので、素晴らしい四季が楽しめました。
ただ、この2路線での復活となれば、撮り鉄で大変な事態になってしまうでしょう。
試しに、「キューロクの日連合」で米坂線を嘆願してみますか。(笑)
  1. 2015/09/09(水) 02:13:48 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

こあらまさん、おはようございます。
コメントありがとうございました。
9600型、あちことで撮影していました。
米坂線もありましたが、やはり実家の練馬から
何回か通った川越線のSLが牽引する客車
、八高線の早朝の9600重連撮影、懐かしい思い出ばかりです。
これからも、時々その当時の写真もまたアップします。
よろしくお願いします。

(^о^)
  1. 2015/09/11(金) 05:32:52 |
  2. URL |
  3. EXTRA #UYfCdQ96
  4. [ 編集 ]

往復130円

EXTRAさん、

やっぱり練馬からだと、八高線と川越線でしたね。少ない小遣いから電車賃を捻出してました。
日曜日になると、電車賃さえあれば、あの駅から東飯能に向かっていました。
EXTRAさんの方が、色々と撮られたみたいですから、何時も楽しみにしています。
私の場合、川越線はあっという間に無煙化されてしまったので、キューロクの画は少ないです。
そうそう、昔の西武線もやらないといけないですね。スイス製の機関車とか。
それにしても、昔も今も同じ沿線のすぐそばというのも奇遇ですね。
これからも、よろしくお願いします。
  1. 2015/09/11(金) 18:55:44 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/139-c6db249b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (3)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (1)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (3)
長崎本線 (2)
唐津線 (2)
松浦線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (7)
日南線 (1)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR