FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

漂泊の道標 最北端の車止め

12101F.jpg
1976年3月 宗谷本線 稚内


車止めの向こうは稚泊航路の海峡だ
この先での出来事を黙して語らない



スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/06(土) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<冬寒のホーム | ホーム | 潮被りの集落>>

コメント

あぁ、稚内

ぼくも何度か稚内には行っているのですが、この光景は見ていませんでした。
よく見ると、新鮮な、人々の生きざま、生活を感じさせる写真ですね。

ぼくは、多くの場合は南稚内で折り返していたからかもしれず、稚内駅はあまり馴染みがありませんでした。
でも、乗機時代最後の75年3月には「取材」と称してここにも行っています。
駅の北側には、わりと混み合った街並がありその中の小さな旅館に泊った記憶があります。

あれから40年ちょっと過ぎ、数年前に仕事で稚内に行き、その変わりように驚きました。
小さな町並みは区画整理で姿を消してしまい、空き地が目立つガラ〜ンとした空間になっていました。
駅もモダンな建物に変わり、北へ向かっていた線路も、ダミーのニセモノ線路が悲しく延びていました。
その先には、観光目的なのでしょう、かつての「稚泊航路」の連絡桟橋もどきが作られていて、
こあらまさんの写真に見るような海峡は遮られて、「壁」があり、むなしいい空間しかありません。

考えてみれば、沿岸漁業がとてつもなく衰退し、重要産業「国鉄」が全く姿を消してしまい、
仕事が、人々の生活が、とんでもなく縮小してしまったからですねえ。

かつては、確かに貧しかったけれども、多くの人たちが生活できたじゃないですか。
みんなで仕事を分け合い、助け合って生きていたじゃないですか。

なんでこんな時代に、味気無い、虚しい生活になってしまったのでしょうね。
ぼくは、今、70年ちょっと生きてきて、思い浮かべれば、20代の頃は、
この先はきっと良い世の中になるんだな、と確信していたのですが、逆に悪っくなっちゃいましたね。

いろいろなことを考えさせてくれる写真です。ありがとう。
  1. 2021/02/07(日) 20:25:47 |
  2. URL |
  3. 大木 茂 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとう

こんな感じの鉄道写真って好きです。
何故なのかを考えましたが言葉が浮かびません。
貴重な写真を見せて頂きありがとうございました。
  1. 2021/02/07(日) 22:07:11 |
  2. URL |
  3. 海も好き #-
  4. [ 編集 ]

幸せ不幸せ

大木 茂 さん、

確かに、蒸気を撮っていた頃は、夜行「利尻」を南稚内で降りて、普通列車で折り返すのが定番でした。
ですから、単に最北端の駅と云うだけの稚内で、日中長居をすることなどありませんでした。
蒸気が全廃し、ようやく稚内駅周辺も歩き回ることが出来ました。写真は、全廃直後の頃です。
ホームの線路が真っ直ぐに堤防の脇まで伸びていて、そこが最果ての車止めでした。
お目当ては、稚泊航路に関係するようなものを探すことにありましたが、大した収穫はありませんでした。

現在の稚内駅はガラリとモダンになってしまい、近くには洒落たANAホテルもあり隔世の感です。
駅前広場に車止めのモニュメントがありますが、レプリカなのか写真の本物が使われているのかは知りません。
仰る通り、駅前の巨大な空き地や駐車場、ANAホテルの界隈は、平屋の立ち並ぶ漁師町のような風情だったと思います。
街をくまなく歩くと、栄えていた時代を思わせるような、商店や飲食店が多少残っていますが、風前の灯火です。
それでも、稚内は道内ではよく健闘している方じゃないですか。蒸気時代の賑わいが嘘のようんな町が沢山あります。

戦後の復興期は、みんな貧乏でしたけど、今の停滞感のようなものはなかったと思います。
きっと、今では、物が豊かになって、中流意識が蔓延って、守りに入ってしまったのでしょう。
職業間の賃金格差がデカくなったことで、生活格差も広がるばかりで、勝ち組と負け組ができてしまいました。
少し世の中の根本を改めないと、不幸せと云う猜疑心が社会を蝕み、国が滅んでしまうかもしれません。
物質的、金銭的な貧困が不幸せを作ることは確かですが、お金が幸せを作るはずもありません。難しい問題です。
  1. 2021/02/07(日) 22:43:54 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

確かに最北です

海も好き さん、

この写真がそうだとは申しませんが、連想が膨らむ写真も良いですよね。
見たまんまの写真で決定的瞬間とかもありますが、抒情的なやつが信条です。
この写真は北海道的な風景ですから、海が好きさんの深層心理に響くんじゃないですか。
こあらまの今亡き義父は樺太生まれでして、この車止めの向こうに思いが巡ります。
最北端とか最南端とか、好きそうな方々が結構おられると思うのですが、最北端の車止めの情報は少ないですね。
この写真の撮影場所は稚内と記録されているのですが、本当に最北端の車止めなのか確認が難しかったです。
Webで当時の航空写真が見つかり、やっと確信が持てた次第です。
  1. 2021/02/07(日) 23:52:00 |
  2. URL |
  3. こあらま #bhV1oT4A
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koarama101.blog.fc2.com/tb.php/1128-dee7a497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR