FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

沼ノ沢朝景

前夜からの雨がやっと上がった
棒線となった沼ノ沢を始発が下る

80011592.jpg
2017年10月 石勝線 夕張支線 沼ノ沢

近頃の写真は「スッキリ」、「クッキリ」、「鮮やか」が時流だ。SNS時代の特徴だろうが、とにかく簡単に見た目を良くするには、この三拍子が欠かせないようだ。各社デジカメの解像エンジンには、各様の「仕上がり設定」機能が組まれ、レタッチなんて面倒なことはすっ飛ばして、直接思いの仕上がりになるから手回しがいい。写真にそれ程興味があるわけでもなく、「いいね」欲しさのSNS時代に突入して、お手軽三拍子写真が氾濫することになったのだろう。今回は、そんな時流に抗うタイプの写真を上梓したい。スッキリでもなく、クッキリでもなく、鮮やかでもない。レタッチでわざとそうしたわけではなく、そういう情景に出会ったということだ。今風にレタッチするとこの画は台無しになる。ついつい時流に流されそうになることに反省を求めるかのようだ。潤いのある質感を原版の解像度でご覧いただけないのが残念だ。

さて、講釈を垂れるのはこのくらいにして、沼ノ沢の話に移ろう。賑やかだった沼ノ沢をご存じない方には、風景写真的なローカル線をお楽しみ頂けたら幸いだ。もし、在りし日の真谷地炭鉱のことをご記憶の方なら、沼ノ沢の変貌ぶりには驚かれることだろう。写真の夕張線の線路の左側には北海道炭礦汽船真谷地炭鉱専用鉄道の積み込み線が並んでいた。つまり、この立ち位置は何本ものレールが敷かれた駅構内そのものだった。本線は左手に見える建屋の前辺りを通って真谷地へと伸びていた。鉄道施設に隣接して北炭夕張炭鉱の選炭施設もあり、そこから伸びるコンベアホッパーが、後ろ手の積み込み線へと繋がっていた。デゴイチやキューロクの汽笛が絶えない駅だったが、そんな往時の賑わいが嘘のようだ。唯一残った夕張線の鉄路もなくなり、この風景すらも失われていった。淡いトーンのあの日が余計に郷愁を誘う。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/29(火) 00:00:00|
  2. 夕張線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

落葉松が色付く頃

落葉松が紅葉の季節の最後を飾る
八の山稜には早くも冬の気配が漂う

80017597.jpg
2019年11月 小海線

一雨毎に秋が深まっていく時期になったが、今年の紅葉はどうだろうか。秋霖が長引けば当然冴えないものになってしまうかもしれない。色々と気象がおかしくなって、木々も戸惑っていることだろう。戦後の植林で、どうしても落葉松が目立つ小海線の高原地帯だが、落葉松が葉を落とすのは広葉樹よりも遅く、紅葉の最後を飾る樹種となる。最初は黄色く色付き始めるが、次第に赤味が強くなっていく。写真はそろそろ散り始める頃で、散り終われば辺りは冬枯れとなり、林は半年近い休眠に入る。その頃、八ヶ岳には白いものが目立ち始め、次第に雪山の装いに変わって行く。写真の山稜右手の横岳にも白いものが見える。

夏が暑かった年の冬は寒くなるというのが、以前云われた経験則だが、近頃は猛暑と暖冬の連続で、夏も冬も温暖化するばかりだ。高原の当地では夏の高温化の方が著しく、避暑地で在りながら夏の野外活動は辛くなる一方だ。8~9月の高温で、今年の紅葉は例年よりやや遅くなりそうだと、一足早く紅葉の時期を迎える北海度や高地からは聞こえてくる。10月の気温は平年並みで、平地の見頃は平年並みらしい。ウェザーニュースによれば、今年は適度な気象条件で、鮮やかな紅葉が期待できるそうだ。あとはコロナの具合が気になるところだが、再燃の兆しもあり、暫くは効果の程が知れない感染予防策が強いられそうだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/27(日) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始発列車

朝露を払い始発列車が稚内に向かう
とはいえ後続の普通列車は2本きりだ

70019798.jpg
2018年8月 宗谷本線 歌内

秋の夜の冷え込みで、辺り一面にしっかりと朝露が降りた。日が昇る少し前の6時過ぎ、音威子府発稚内行の4321Dが定刻に姿を現した。雨上がりのようにヘッドライトにレールが輝く。この列車は下りの始発列車でありながら、午前中に稚内に着く唯一の列車でもある。稚内到着は8時9分になる。上りも同様で、稚内始発の4324Dが、午前中に音威子府に着く唯一の普通列車となる。音威子府着は7時41分になる。

つまり、音威子府-稚内間の高校生諸君は、通学には否応なくこの上下始発列車を使うことになる。ところで、この沿線の高校はというと、道立豊富、道立稚内、私立稚内大谷の3校と、全国募集でほぼ全寮制となっている、音威子府でユニークな美術教育を行っている村立の北海道おといねっぷ美術工芸の4校になる。音威子府以南の次は道立美深になるが、先の稚内発の始発は名寄行で、美深着は8時19分となる。

なるほど。中間の道立豊富は到着が早過ぎるが、一応、どの駅からも道立高校に通えるダイヤになっている。この区間で一日平均乗車人員が10人以上の駅は、特急停車駅の天塩中川、幌延、豊富、南稚内の4駅のみだ。半数の9駅は1人以下とういのが実情だ。そのうち、普通列車の代わりに特急が通学生徒に解放されることになるだろうが、それも路線があっての物種だ。本当に追い詰められてしまった北辺の鉄路だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/25(金) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只今入換中

駅での貨車入換が無くなって久しい
汽笛の鳴り響く街角は遠い古となった

05408RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 宮崎

大型旅客機の根城の宮崎機関区を横目に、日南線を担当する志布志区のC11200が甲斐甲斐しく貨車の入換を行っている。ローカル線故、それ程長い編成にはならないので、時間は大して掛からない。暫し行ったり来たりした後に、短い貨物編成を従えて、休息がてら本線上のホームで出発の時間を待つことになる。この先、南国情緒の大淀川の長い鉄橋を渡ると南宮崎で、そこから枝分かれして日南海岸を巡るの旅となる。先を急ぐわけでもなく、休み休み、塒の志布志を目指すことになる。

この頃までには南宮崎まで架線柱が立てられ、日豊本線の宮崎電化が迫っていた。前年の妻線の無煙化ではC56が去り、半年後には延岡機関区のD51の姿も消えることになる。全廃までの道程は確実に進んでいた。そして、現在の宮崎駅は留置線の無い高架式になり、車両基地は南宮崎にある車両センターに移っている。志布志はというと、志布志線も大隅線もなくなり、日南線のこぢんまりとした終着駅となった。かつての志布志機関区は鉄道記念公園となり、C58112などが保存されている。

モノクロでも、言われればそんな雰囲気があると思うが、この罐のナンバープレートは赤いことで知られていた。この年の春の全国植樹祭では、宮崎から串間までお召列車を牽いている。前面の菊の紋章を取り付けた金具とランボードの白線はその名残だ。その際、次位にC5692が付き重連になったが、タンク機の水切れを心配しての措置だったらしい。そんなことを心配するくらいなら、DD16にでも牽かせておけばいいことだが、蒸気ファンも観衆増員に一役買わされたということだろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/23(水) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の気配Ⅱ

暑かった夏も終わろうとしている
気が付けば田圃の稲には秋の気配が

80019438.jpg
2020年9月 小海線

梅雨の長雨で心配され水稲の作柄だが、梅雨明け後の日照りで、例年並くらいまでには持ち直したようだ。あとは秋霖と台風がどうなるかだ。C56の時代からずっと、ここ大カーブの内側は田圃と決まっているが、ここ数年畑になる田圃が現れだした。近隣でも、後継者が少ないのか、田圃は減るばかりだ。今の稲作は要所要所が機械化されているので、昔のような肉体労働は強いられなくなったが、その分の投資が欠かせなくなった。年金暮らしとなった高齢者が、健康のために一族郎党のコメを作っていることも珍しくなく、機械が壊れたので終わりにするというケースも耳にする。ここの田圃は所有者が細かく分かれているので、一遍に田圃が無くなことはないだろうが、5年先、10年先のことは分からない。いっその事、一面の麦畑とか蕎麦畑というのも悪くはないが、そう上手く行くはずもない。単作のすっきりした大カーブの風景にも、近い将来終わりが来るかもしれない。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/21(月) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回想 秋色豊ヶ岡

どうしてこんな処に駅があるのやら
不思議の国の待合所がまた一つ消えた

70011272.jpg
2017年10月 札沼線 豊ヶ岡

不思議の国の豊ヶ岡も、とうとう列車の来ない空間になってしまった。似たような雰囲気を持つ駅は、探せば幾つか在るものだが、この豊ヶ岡に関しては、同じイメージを抱かせる駅を知らない。こあらま的には、唯一無二の駅ということになる。そんな妖精の棲む駅の秋を回想してみよう。


70011275.jpg


この駅は前にご紹介したように、国鉄時代の1960年に、地元住民の要望により設置された請願駅になる。そのため、待合所は地元の作になり、晩年は月形町が管理していた。そんな待合所には誰が作ったのかも分からない木彫りの駅名標が勝手に掛けられ、何時しか待合所の一部となっていた。そんな大らかさがこの駅の独特の雰囲気を醸し出していたのかもしれない。


70011278.jpg


跨線橋の金網が穴だらけになったり、列車を1時間半も止める強者が現れたり、待合所に寝泊まりする輩が居たりもしたが、待合には写真が飾られ、据付のノートには多くの思いが寄せられたりもした。様々な鉄道ファンや旅人が訪れることになり、そうして駅の知名度が全国区になったのは、地元にとっては少しこそばゆいことだっだに違いない。色々とあったこの駅も路線の区間廃止に伴い、2020年5月に惜しまれつつ通らずとなった。待合所に勝手に自作の駅名標をぶら下げた犯人、いや篤志家も名乗り出て、その木彫りの駅名標は月形町に大切に保存されることになった。なかなか粋な話となって目出度しだ。


70011282.jpg


ちょっと無粋な話になるが、この駅の所在地は開業前から「豊ヶ丘」で、命名以来ずっと変わっていない。国鉄が開業の際に間違ってしまったとしか考えられない。これまで旭川の読みの「がわ」や日ノ影の「ノ」は、国鉄が間違えたのではという疑問を投げかけてきた。旭川はJR北海道が「かわ」に修正し、日ノ影は高千穂鉄道が「之」に直した。この豊ヶ岡はとうとう本来の地名が綴られないまま終わってしまった。間違いに気付いても、おいそれとは直せないのが、国鉄が国鉄である所以で、それは内部の駅名改称の手続きの厳格さと対応の煩雑さから来るものだ。簡単には間違いましたとは切り出せなかったのだろう。


70011289.jpg


訪れたことのある駅が無くなるのは、やはり寂しいことだ。札沼線は二度目の路線短縮となったが、最早こあらまが知っている札沼線ではなくなってしまった。学園都市線とか北海道医療大学前とか言われても、何のこっちゃだか。函館本線の桑園と留萌本線の石狩沼田を結び、苗穂のC11の貨物が浦臼まで日に1往復するローカル線の記憶は完全に過去のものとなってしまった。これから先、近郊電車の走る札沼線を訪れることはもうないだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/19(土) 00:00:00|
  2. 札沼線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昭和の東京都電車物語 庚申塚

旧中山道を挟んでその停留場は在る
江戸の香りの漂う由緒ある土地柄だ

12421F.jpg
1976年6月 都電荒川線 庚申塚

「おばあちゃんの原宿」として有名な東京都豊島区の「巣鴨地蔵通り商店街」は、六地蔵尊眞性寺から庚申塚までの商店街のことだ。その地蔵通りは、旧中山道にあたり、起点の日本橋から最初の休憩所(立場)として、江戸中期に街並が作られた。それから現在に至るまで、商業・信仰の場として栄え続けてきた、由緒ある商店街ということだ。

さて、写真は都電荒川線の庚申塚停留場になるが、踏切を挟んで対面式のホームが造られている。その踏切で交差しているのが地蔵通りで、かの旧中山道になる。向かって右方向に約80mも歩けば庚申塚の交差点があり、そこから先が地蔵通り商店街になる。つまり、庚申塚停留場は「おばあちゃんの原宿」の北の玄関口ということになる。

停留場の時計は丁度5時を指している。夕方の忙しい時間帯が始まる頃だ。とは言え、今回は立ち並ぶ広告看板と街並をご覧いただこうと引き画を選んでみた。現在の都広告条例が嘘のような都電停留場の眺めだ。それでも、やはり人々が気になる。左手の着物に前掛け、草履をつっかけた姿のおかあさんが、思いっきり昭和を感じさせる。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/17(木) 00:00:00|
  2. 東京都電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の帳

北の大地が闇に閉ざされていく
残された光に白波が浮かび上がる

80015518.jpg
2018年10月 根室本線 音別

なかなか荒涼とした眺めだ。生活の灯りのない暗い海岸線が続いている。音別の街は、ちょうど列車の向こう辺りにあるはずだが、山入端に隠されて全く見えない。3つ写った赤色灯のうち、少なくとも左の2つは根室本線の上り列車用の信号機になる。右の1つは、正体がよく判らない。国道の信号でないことは確かだが、鉄道信号とも限らない。山の上に何やら建造物があるので、標識灯の類かもしれない。写真の下り釧路行の列車はこれから一旦海岸線を離れ、内陸部を通って白糠へと向かう。

列車はこの先、馬主来沼の湿地を横断することになるが、鉄道省時代には、浸水の危険があることから、安全対策として波若信号場が設けられていた。国鉄時代には、馬主来峠の西側に古瀬信号場が設置され、仮乗降場にもなっていた。例によって、JR北海道が古瀬駅に昇格させているが、2020年3月に廃止となっている。ちなみに、音別-厚内間にあった尺別と直別の2つの駅は、2019年3月に信号場になっている。ということで、現在の駅順は厚内、音別、白糠となる。何とも寂しい次第だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/15(火) 00:00:00|
  2. 根室本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過ぎし日の赤平を思う

秋色の街に炭鉱の面影は少ない
薄野となったヤードに過ぎし日を思う

80016628.jpg
2018年10月 根室本線 赤平

街路樹の鮮やかな紅葉が美しい。パッと見には欧米の郊外にでもあるようなガーデニングタウンの趣だ。かつて、ここが日本を代表する炭鉱都市であったことは、なかなか想像できない。しかし、草木に飲み込まれつつある駅の構内からは、過ぎ去りし日々の物語が聞こえてきそうだ。

この町に炭鉱が生まれたのは、1895年に歌志内の空知炭礦の疏水抗が開設されたのが始まりとされる。1913年には国有鉄道の下富良野線が開通し、後に赤平駅に改称される上赤平駅が営業を始めると、東隣の芦別などと共に沿線の炭鉱開発が急速に進んだ。赤平には大小10余りの炭鉱が開かれたとされるが、埋蔵量の多さから、後に三菱系となる茂尻炭礦、後に昭和電工となる豊里炭鉱、住友の赤平炭鉱、北炭の赤間炭鉱と大手4炭鉱の揃踏みとなった。赤平の街は、所謂「赤平三山」と呼ばれる、豊里炭鉱、住友炭鉱、赤間炭鉱の3エリアから成る一大炭鉱都市となった。


70020246.jpg


その中でも出炭量が群を抜いていたのが住友赤平炭鉱になる。住友地区の炭住は、近代的な多層階の鉄筋コンクリート造りの集合住宅で、生活全般に渡り住友の福利厚生があり、地区には住友が経営する高校まであった。危険な作業を強いる職場だけに、北海道の炭鉱では、家族の生活環境は決して悪いものではなかった。一足早くヤマが開かれた筑豊の、土門拳の描いたものとは異なる世界がそこには在った。


70020249.jpg


ここの炭鉱の特徴は立坑で、地中深くまで掘り進むことにある。そのため、採炭現場は鉱員以外の目に触れることはない。人知れず、巨大な地下世界が築かれていった。深度が増すことによる作業効率の低下を補うために、1963年に東洋一と謳われたこの「第1立坑櫓」が建造された。この巨大なヘッドシープで、地下650mへと人を送り込み、石炭を引き上げた。秒速12mというから、地下世界まで1分と掛からない。この設備投資により、赤平最後の炭鉱として1994年まで採炭が続けられた。


70020263.jpg


これは北炭赤間炭鉱原炭ポケットになる。選炭工場の一部で、採掘された原炭を一時的にストックしておく設備だ。背景にあるのはズリ山で、九州ではボタ山と呼ばれる。山の頂上まで階段が整備されており、赤平市街や十勝岳、暑寒別岳が展望できる観光スポットになっている。駅の直ぐ裏にある。


70020256.jpg


赤平駅の構内には、往時の活況を偲ばせる「赤平駅信号扱所」が残されている。その向こうには、昼夜問わずの24時間入換のための構内灯も見える。以前ご紹介した隣町の芦別駅とよく似ている。1950年代後半の最盛期には、日に200両近い石炭を満載したセキが専用線からこの赤平駅に集められた。1960年度には、1回限りだが貨物取扱量が日本一にもなっている。赤平最後の炭鉱となった住友赤平炭鉱の専用線が廃止されたのが1989年で、現役蒸気機関車末期まで、根室本線を滝川へと向かう石炭列車をデゴイチやキューロクが牽いていた。そして、1994年にはその住友鉱山も閉山し、炭鉱町赤平の歴史に幕が下りた。

閉山後の町の行く末は、やはり夕張市に象徴される。2006年の夕張の財政破綻は、空知地方の旧産炭地6市町にも大きな衝撃を与えた。その破綻を契機に制定された「地方自治体の財政の健全化に関する法律」に基づき、総務省が地方自治体の財政状況を公表した。赤平市の2007年度決算は、財政再生基準を越えていた。つまり、その時点で既に実質的には破綻状態で、「第二の夕張」とも揶揄された。そして、遅ればせながら、国の管理下の「財政再建団体」入りを逃れるための緊縮財政が始まった。それから、十数年、何とか危機を乗り越えられたようだ。炭鉱産業遺産を観光資源に、新たな歩みも始まっている。

しかし、炭鉱が唯一の産業だった地域の衰退と人口減少は止まらない。1960年の最盛期には59,430人だった人口も、2020年8月31日現在9,741人と6分の1になった。65歳以上の高齢化率は、2015年時点で44.7%と全国でも有数の超高齢化社会となった。簡単に地方創生などといっても、産業の無くなった地域の存続は一筋縄ではいかない。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/13(日) 00:00:00|
  2. 根室本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後追い

去り行く列車には独特の哀愁がある
晩秋の日暮れ時ともなれば尚更だ

80016406.jpg
2018年10月 宗谷本線 蘭留

現役蒸気を撮っていた頃、後追いが好きで、後ろ姿が美しく捉えられる場所を何時も探していた。後追いしか狙えないような場所で、ひとりであれこれやっていると、親切にも、次の列車はそっちからは来ませんよと声を掛けてくれる方もおられた。蒸気機関車は、前と後ろがはっきりしている機関車だ。何より、煙を吐くので進行方向は一目瞭然だ。「汽車は出て行く、煙は残る」は、蒸気機関車の美学の一つだろうが、そんな時代は終わり、無煙の前後対称の車輌の時代になった。それでも、客車列車は列車全体には前後があってまだいいが、電車や気動車は進行方向が判然としない。現役蒸気の時代からの友人が、どっちに進んでいるのか分からない列車は嫌いだと言っていたが、そうはっきり言われてしまうと、残念ながら頷くしかない。

さて、写真の列車はどちらに進んでいるのか。極寒の気動車の排気や降雪時の雪煙などは、格好の方向性を表現できる材料だが、それらは特別な条件下での話だ。写真では、排気の揺らぎが全くないから峠を降りてきたのだろうとか、テールライトだし信号機を見れば蘭留進入に決まってるとか、そういう状況分析を要するなら話にならない。後追いと云うのは、情緒的なイメージであり、感覚的に伝わらなければ意味がない。列車が去っていくという直感的な「雰囲気」が醸し出せなければ敗北となる。そう、「晩秋の北の大地に夕暮れが迫り、遠く稚内から走り抜けてきた特急サロベツが、塩狩を駆け下り、行く手に広がる旭川に向けてラストスパートに入る」。これが伝えたい独りよがりのイメージだ。これからも煙の無い後追いへの葛藤が続く。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/11(金) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR