FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

日向路夕景

夏の夕日を浴びてC57が静々と下りてきた
日向路の暑かった一日が終わろうとしていた

05730RF216.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

昔も今も、蒸気機関車の名撮影地と言えば、煙を天高く勢いよく吐く、登りの急勾配か出発シーンと相場が決まっている。確かに、爆煙を上げてブラスト高らかに、懸命に急坂を上ってくるSLには心時めくものだ。ただ、そんな場所に陣取れば、坂を惰性で駆け降りる罐を見送ることにもなる。それとて貴重な被写体で、どう料理するかで悩んだものだ。希に、峠にトンネルもなく、サミットを行ったり来たりして、どちらも力走が狙えるという好都合な場所もあった。そんな峠道で補機運用がなされていれば、あの懐かしい絶気合図を聞くことも出来た。

絶気合図というのは、先導する罐が後続の罐に、峠のサミットなどで加減弁を絞る合図で、長音1回短音2回の組み合わせで、文字で表せば「ボーボッボッ」といった感じだろうか。後続の罐は、同じ音で了解の返事を返す。ところが、蒸気の汽笛というのは、同じ形式であっても、それぞれの車輛、状態によって音程や音質が微妙に異なる。そのため、本務機と補機が、如何にも会話をしているかのように聞こえるのだ。総括制御の無かった時代の協調運転は、こんな機関士間の合図によって成り立っていた。ファンにとっては思い出深い汽笛の饗宴だった。

少々話が横道に逸れてしまった。さて、写真は青井岳越えを終えて、宮崎に下る日豊線の貨物列車だ。見事なまでの絶気で静々と坂を降りてきた。この年は酷く暑い夏で、じりじり照り付ける晴天が続いていた。この日も灼熱の線路を歩き続けてバテバテだったが、この後は夜撮りに向っている。この頃は、残された時間の短さに急かされるように、寝る間を惜しんで撮っていた。そんな遠い日々を呼び起こすのは、爆煙よりも、日が傾いた日向路を、夕日を浴びてゆったりと進む1次型C57の美しい姿だろう。あの堪らなく暑い夏の日が沈もうとしていた。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/31(木) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新緑の残雪八ヶ岳

今年も八ヶ岳山麓が緑に包まれた
川沿いの鉄路にも緑が迫り来る

80014380.jpg
2018年5月 小海線

早春の残雪の八ヶ岳連邦と新緑の取り合わせはいい被写体だ。撮影の機会を狙っていたが、春先の畑仕事と草刈が忙しく、なかなか高見に登れないでいた。やっと一息つけ、久しぶりに八ヶ岳バックの小海線と千曲川を拝むことが出来た。ただ、時期が遅れてしまい、残雪が僅かになり、緑は濃くなり過ぎてしまった。本当は、山全体がもっともっと若々しい黄緑の風景を撮りたかったが、残念ながら今期は時期を逃してしまった。

この場所の素晴らしさは、千曲川に沿って走る列車を、およそ600mに渡って観察できることにもあった。しかし、その川沿いの線路は、いよいよ木々に覆われ、視界不良に陥ってしまった。列車全体を捉えられるのは、コンクリートに固められたトンネルの出入口辺りだけで、あとは列車の屋根がチラホラと見えるだけだ。鉄道と列車の存在感が大分失われてしまった。この調子だと、木の葉が落ちる冬場の視界も風前の灯だろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/29(火) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚沼へ 水温む季節

村の鎮守に花の季節が訪れた
バス窓のキハ10系が懐かしい

17921F.jpg
1977年4月 只見線 入広瀬

日本が瑞穂の国となったのは、国が行った食糧管理制度のせいかもしれない。この法が制定されたのは1942年の東条内閣の時代のことだ。当初は、食糧の需給と価格の安定が目的であったが、1960年代には、高度成長期の都市部と農村部の所得格差を是正するための、農家への所得補償制度へと変貌していった。かくして、コメ作りは経済的リスクの最も少ない農業収入源として、日本の津々浦々に広まっていった。そして、1967年には、米の自給率が100%を超え、米余りの時代へと進んでいくことになる。

ここ魚沼は、言わずと知れた魚沼コシヒカリの産地だ。「農林100号」が「コシヒカリ」の命名で登録されたのは1956年のことで、「越の国に光り輝く米」という願いが込められている。魚沼産がコシヒカリの一つの産地ブランドとして確立されたのは1980年代のことで、1989年から28年間連続で食味「特A」を誇ってきた。偽米も横行する名ブランドとなったが、何と2017年産で「A」ランクに転落し、産地に激震が走った。さらに、他地域の大躍進に、美味いコメの代名詞の魚沼コシヒカリも安穏とはしていられなくなった。

さて、北魚沼の入広瀬にも、ようやく水温む季節が巡ってきた。田植えの準備が始まり、屋外に農作業に勤しむ人々の姿が見られるようになった。まだ、大型耕作機械が見られない、伝統的な素朴な稲作が残されていた時代で、菅笠が郷愁を誘う。写真は本流沿いの比較的平坦な田だが、沢筋には小さな棚田が幾重にも連なっていた。そのブランド米の田も、今や減る一方だという。高齢化が進み、トラクターやコンバインの故障を切っ掛けに廃業になるという。機械化が望めない中山間部の棚田は推して知るべしだ。


18405F.jpg


18406F.jpg


18417F.jpg


18428F.jpg


18407F.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/27(日) 00:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三段式スイッチバックを往く

雪解けとともに出雲坂根にジョイント音が響く
中国山地の山懐を静々と単行列車が折り返す

80013563.jpg
2018年4月 木次線 出雲坂根

スイッチバックには、幾つかの分類がある。石北本線の遠軽のように、単に進行方向が変わるだけのもの。篠ノ井線の姨捨などで見られる、勾配区間において駅だけを本線から分離させたもの。この2種が多くを占めるが、鉄道ファン的に人気が高いのは、やはり高度を稼ぐために、本線がZ字型に方向転換しながら急勾配を登っていくタイプだろう。この3段式スイッチバックのタイプは、全国に5箇所が現存する。

木次線 出雲坂根
豊肥本線 立野  「立野の危機」
肥薩線 大畑  「山線の記憶 大畑の軌跡」
肥薩線 真幸  「山線の記憶 真幸の追憶」
箱根登山鉄道 大平台  「雨のスイッチバック」

面白いことに、全てが逆Z字の線路配置になっている。大平台だけは折り返し点に、上大平台信号場を有しているため、別タイプに分類されることもあるが、信号場が在るか無いかの違いで、線形と敷設目的は同じだ。JRの4箇所は、何れも国鉄現役蒸気時代には名撮影地として、蒸気ファンで賑わった場所となる。このブログでは、これまで立野、大畑、真幸、大平台の4箇所を、付記題名(リンク付き)でレポートしてきたが、今回は残った木次線の出雲坂根をご紹介したい。

この出雲坂根が開業したのは1937年で、他の4箇所に比べてかなり歴史が浅い。本線筋でも、都市近郊の名立たる保養地でもない、出雲街道沿いの中国山地の陰陽連絡線の歴史が短いのは当然だろう。しかし、スイッチバックの規模となると、出雲坂根と立野が抜きんでている。ところが、立野は2016年の熊本地震から休止状態が続き、ここ出雲坂根も積雪期の運転休止が恒常化しつつある。ここも自然災害にでも遭えば、結果は推して知るべしだ。旅客輸送の需要が尽きた今、一日3往復と云う限界ダイヤの中、観光列車「奥出雲おろち号」だけが頼みの綱だ。

1枚目の写真は、出雲坂根を出発して、30‰のスイッチバック2段目を登る下り列車だ。2~4枚目はスイッチバックを降りてくる上り列車になる。2段目と3段目の折り返し場所には、積雪からポイントを守るための屋根が設けられている。2段目は林に隠れて全く見えないため、ジョイント音だけを楽しむことになる。出雲坂根の駅は向かって右側にあり、折り返した列車は桜並木の1段目をスピードを上げて八川へと向かう。急勾配と軟弱路盤のため、スイッチバック内は徐行運転され、折り返しには運転士の移動もあるので、通過には結構な時間が掛かる。その分、高みの見物が長く楽しめる。スケールの大きい出雲坂根のスイッチバックの醍醐味を、少しでもお伝えできれば幸いだ。


80013575.jpg


70017346.jpg


70017350.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/25(金) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

駅の花

山の緑が一気に濃くなった
高原の小駅も小さな花で華やぐ

70018014.jpg
2018年5月 小海線

冬には人の気配の少ない無人の小駅だが、このところの夏のような陽気に誘われたのか、多くの観光客が降り立つようになった。週末には臨時の「八ヶ岳高原列車」が走りだし、いよいよ小海線の観光シーズンが開幕した。去って行く青い列車は「HIGH RAIL 1375」の回送で、小淵沢に観光客を迎えに行くところだ。この駅の列車交換はオフシーズンには殆どないが、オンシーズンになると忙しくなる。観光路線化するにしても、増発の余地がなければ話にならない。持つべきものは交換設備だ。この日はチビッ子たちが降りてきた。カルガモ親子のように、一列になって構内踏切を渡って行った。駅の花は、やはりカラフルな子供たちだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/23(水) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漂泊の道標 混合列車の人々

19417F.jpg
1977年8月 肥薩線 矢岳


トラが続く客車内に穏やかな時間が流れる
それぞれのボックスに、それぞれの人生


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/21(月) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

駅舎の灯 美作滝尾 18時46分

美作の出雲街道沿いの小駅に明かりが点いた
90年の時の流れが凝縮したような駅舎の灯だ

70008239.jpg
2016年4月 因美線 美作滝尾

この駅舎は国の登録有形文化財になっている。文化庁のデータベースを覗くと、登録基準は「造形の規範になっているもの」とある。つまり、1928年(昭和3年)に建設された、90歳のこの駅舎は、当時の駅舎の標準型で在ったということだ。運輸省鉄道総局が昭和5年に制定した「小停車場本屋標準付図」の中の、1日の乗降人数が100人未満の一號型に近い作りだそうだ。有人駅の駅舎としては最も小型のものとなる。無人化されて久しく、国鉄末期にはかなり荒れていたようだが、地元津山市の所有となり、2008年には有形文化財に登録され、現役の駅舎として保存がなされている。

「男はつらいよ」にも登場し、露出度の高い、あまりにも有名な駅舎なので、敢えて「駅舎の灯」での上梓とした。駅舎以外にも、貨物ホームやその上屋、引込線跡なども現存するが、灯りのない場所なので、今回は割愛することに。この時は18時台の下り列車に照準を合わせて、津山から車で向かったが、渋滞であえなく遅刻。写真の列車は、上りの快速で、お隣の三浦と当駅は残念ながら通過となる。その通過後、待ちかねた明かりが駅舎に灯った。ところが、駅舎正面の裸電球が何時まで経っても点灯しない。壊れていたのか、初めからダミーなのか。後ろ髪を引かれる思いで駅を後にした。


80004488.jpg


70008235.jpg


70008234.jpg


70008237.jpg


70008236.jpg


70008240.jpg


70008245.jpg


70008227.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/19(土) 00:00:00|
  2. 因美線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桜の細道

か細い線路が集落を横切っている
桜の築堤をキハがゆっくりと登って往く

80013678.jpg
2018年4月 木次線

木次線といえば、今春散った三江線と同じような閑散としたローカル線を思い浮かべがちだが、どっこいこちらはそうとは言えない。現在、宍道-木次間には1日10往復程の列車が行き来している。この区間は1918年に簸上鉄道として開業しているが、国有化されるまで営業収支は良好だった。一方、観光客にも人気の出雲坂根のスイッチバックは、超閑散区間の出雲横田-備後落合間にあるが、こちらも、週末は奥出雲おろち号で賑わっている。この列車、木次線の利用促進のために1998年に運転が始まったが、今や島根県の有数の観光資源に育っている。そこそこの地域内輸送と人気観光列車があり、幸いにも廃止の噂も聞こえてこない。

写真は旧簸上鉄道区間だ。当初は道床が脆弱で、C12すら入線できなかった。1937年に木次線が備後落合まで延伸され、芸備線との連絡が始まって、やっとC56が走れるようになった。現役蒸気末期は、この区間はC11の担当で、木次-備後落合間の山間部をC56が勤めていた。今も、細々とした線路が集落を横切り、桜の築堤を、短尺のキハ120が急勾配をゆっくりと登って往く。如何にも中国山地のローカル線といった風情だ。超閑散区間の山岳部は、代替えバスやタクシーの方が安上がりのため、大雨や大雪で直ぐに運休になってしまうが、何だかんだと鉄路が守られてきた。だましだましの運行でも、消えてほしくないローカル線の一つだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/17(木) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目には青葉

若葉が眩しい清々しい朝の一時だった
穏やかだったこの地にジョイント音が響く

80009539.jpg
2017年4月 日田彦山線 今田

「目には青葉 山ホトトギス 初鰹」とは、江戸時代の俳人 山口素堂の句だ。字余りになってしまうが、「目に青葉」ではなく、「目には青葉」が正しいそうだ。俳人自身が、「目には青葉といひて、耳には郭公、口には初鰹と、おのづから聞ゆるにや」と解説している。この青葉、ほととぎす、初鰹は何れも夏の季語だが、この句がヒットしたお陰で、一躍、初鰹が江戸の粋になったとか。「初物七十五日」という言葉があり、初物を食すれば、75日寿命が延びると持て囃されていた。ただし、江戸の初鰹は目が飛び出るほど高かったそうな。

写真は青葉というにはちょっと早い初夏の若葉だ。この柔らかい黄緑色が濃くなると、三夏の青葉ということになる。この季節にしては珍しく、空気の透き通った気持ちのいい朝になった。列車は、福岡県北九州市の小倉から、香春、田川、川崎、添田、東峰の各市町村を経由して、大分県日田市に入った。久大線の夜明まではあと一駅だ。釈迦岳トンネルで抜けてきた福岡の奥座敷の山稜がくっきりと見える。さて、この写真をご覧になって、カツオが食べたくなったかは別にして、魚屋には美味そうな初がつおが並ぶ季節になった。


70014168.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/15(火) 00:00:00|
  2. 日田彦山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の東京都電車物語 王子駅前

夕方になり、国電からの乗換客が増えてきた
家路に向かう乗客で、小さなホームが賑わう

12434FT.jpg
1976年6月 都電荒川線 王子駅前

1960年代に、エノケンの「うちーのテレビにゃ色がない 隣のテレビにゃ色がある♪」というCMソングが流行った。三洋カラーテレビの宣伝だ。世間は高度成長期。東京オリンピックをカラーテレビで観戦しようと、お茶の間のテレビがカラー化されていった。ゴールデンタイムには、クレイジーキャッツやドリフターズのドタバタ喜劇や、スポ根アニメの「巨人の星」が流れていた。写真の頃には、そんなお茶の間テレビ時代も終わろうとしていたが、まだナショナルのカラーテレビの広告塔が立っていた。それから半世紀、テレビは受難の時代を迎えた。インターネットの登場で、情報はパーソナル化し、流れてくるものから、取りに行くもの、発信するものとなった。テレビ界では、受像機の分解能だけが独り歩きし、肝心のソフトは置いてきぼりだ。

夕方になり、京浜東北線との乗換駅である都電王子駅前停留所は、ご覧の通りの混雑ぶりだ。この人では乗り切れないかもしれない。まだ高層の建物は見られないが、これから先、地方の人口を日々吸い寄せて、膨張していくことになる。これだけの利用客があったにも関わらず、国や都が廃止しようとしていたとは、とんでもない話だ。廃止されていった他の系統にしても、そこそこの乗客があったはずだ。今の時代、これだけの乗客がいるローカル線を廃止することは難しいだろう。都電は、先見性の無い国が進めるモータリゼーションの犠牲になってしまったということだ。面白いことに、テレビは相変わらずの凋落ぶりだが、路面電車は様々な理由から見直され始めた。こちらには、人にやさしい交通機関としての普遍性があるのだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/13(日) 00:00:00|
  2. 東京都電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR