駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

国縫駅3番線

かつて、この国縫駅から西に路線が伸びていた
その記憶を留めるのは、今やこの3番線だけだ

70009209.jpg
2016年7月 函館本線 国縫

かつてこの3番線には瀬棚線の列車が発着していた。この先で右に大きくカーブして今別を通り、日本海側の瀬棚へと路線が伸びていた。この国縫から2番目だったと思うが、「美利河」という駅と集落があった。「ぴりか」と読む。アイヌ語で「美しい」という意味らしい。例によって、駅名に惹かれて一度だけ行ってみたことがある。その名の通り、美しい川と背梁山脈を越える25‰の峠があったが、時間を掛けることなく直ぐに撤退している。当時、瀬棚線では長万部のC11が貨物を牽いていたが、撮影効率が悪く、何となくパッとしない、人気のない路線だったように記憶している。ここで時間を費やすより、大型機の走る本線の方が魅力的だったのだろう。

彼の急行ニセコが唯一の優等列車の停車だったが、1986年にニセコが廃止され、無人駅となった。国鉄最後の翌87年に瀬棚線が廃止され、JR北海道に引き継がれた。そんな国縫駅3番線は今も残っていた。レールの配置は変えられているが、錆びてはおらず、出発信号も点灯しているので、現在も上下線の待避線として使われているのだろう。この跨線橋は一見綺麗そうに見えるが、鉄骨木造構造の古いものだ。左手の木立に隠れているが、昔ながらの木造駅舎も残されている。駅だというのに一軒も家屋が見えないのは、集落が海辺の国道沿いにあるためだ。何となく寂しさが漂う広漠とした構内を、スーパー北斗が函館に向けて通過して行く。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/29(土) 00:30:00|
  2. 函館本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

或る夏の日の田野

南国宮崎の強い日差しが照り付ける
夏の黒煙があの日の田野へと誘う

05912RFR16.jpg
1973年8月 日豊本線 田野

何ということのない駅撮り写真だが、結構お気に入りの一枚だ。当時は、機材を担いで眺めの良い所、煙の出そうな場所へと、線路伝いに苦労して散々歩き回ったものだが、今、何をアップしようかとインデックスを捲っていくと、つい気になるのが、駅でのこんなお手軽ショットだ。あの頃の人の営みを感じられるものに、どうしても目が留まってしまうが、その絶好の場所が駅だということだ。こんなことなら、駅撮り重視で行けば良かったのだが、そこは凡人の先見の明のなさだ。連写の走行写真の合間にある駅のナップが、今となっては当時の生活を窺い知れる貴重なコマだ。

さて、写真の罐は、以前ご紹介したことのあるK-5門デフと高めに付けられたナンバープレートが特徴の宮崎の65号機だ。当時の日豊線には、かつての九州の名機が集結しており、シゴナナ好きには天国のような場所だった。田野の駅はそこそこの大きさで立派なホームだが、どうやら豆炭も使っていたようで、ホームにはその片割が転がっている。貨物牽引の傍ら暫しの休息をとっていたが、こちらに気が付いたのか、リンゲルマンチャートを無視するかのようにな黒煙を上げてくれた。如何にも、南国宮崎の夏を思わせる、眩しいような日差しと、立ち上る黒い煙だった。


★長らく予約更新でお送りしましたが、今回から平常運行に戻ります。九州・山口地方を旅してまいりましたので、写真の整理がつき次第、昔懐かしい現役蒸気の名所群なども含めてお送りする予定です。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木) 00:30:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

笑って手を振ろう

何時から如何して始まったのかは知らないが
幼児向けの絵は一体誰の趣味なのだろうか

80004876.jpg
2016年5月 只見線 会津坂本

各地でラッピング車が闊歩しているが、出会った時のショックは大きい。このアングルでは、もう笑って手を振ってお見送りするしかない。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/25(火) 00:30:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目には青葉

緑が光輝く季節はもうすぐだ
高原を渡る風が心地よい

70008698.jpg
2016年6月 小海線

次第に春が短くなってきているような気がする。秋も同様だ。春が来たかと思えば、直ぐに目には青葉の季節がやって来る。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/23(日) 00:30:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の頃

春の穏やかな日の列車待ちは夢見心地だ
淡い緑が目に優しく、そよ風がふと眠気を誘う

80004342.jpg
2016年4月 芸備線 吉田口

淡い緑のグラデーションは、直ぐに終わってしまう。移りゆく季節と共に巡るローカル線の旅は、そんな一瞬一瞬を刻んでゆく旅だ。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/21(金) 00:30:00|
  2. 芸備線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥は細道

街並が徐々に薄れ、山並みが近づいてきた
ここから先は、短尺の単行キハが通う細道だ

80004374.jpg
2016年4月 芸備線 備後庄原

芸備線も奥地に入る程に列車本数が減る。備後庄原からは日に6往復、備後落合からは3往復となり、新見に至る。まさに奥は細道だ。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/19(水) 00:30:00|
  2. 芸備線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タラコ燃ゆ

夕日に照らされて朱色のキハが水面に映える
この先には難所の生野越えが待ち受ける

80004536.jpg
2016年4月 播但線 寺前

播但線もここ寺前から非電化となり、ヨンマルが往復する。先に構える生野越えは、かつてのC57の難所で、非力なキハにも厳しい峠だ。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/17(月) 00:30:00|
  2. 播但線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スーパー北斗が往く

やはり、この車両はコーナリングが美しい
高速気動車が噴火湾を往く

70005261.jpg
2015年5月 函館本線 落部

70年代、連絡船が函館に着くと、「おおぞら」、「北斗」、「おおとり」などのキハ82 特急が待っていた。北斗も随分と長生きの列車名だ。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/15(土) 00:30:00|
  2. 函館本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春淡き備後落合

内陸高地の春は遅く、やっと芽吹きが始まった
木次線の単行列車が足早に折り返すく

80004415.jpg
2016年4月 木次線 備後落合

かつての要衝の駅は、今は静かな無人駅となっている。定期列車は僅かな普通列車のみで、全ての列車がこの駅での折返しとなる。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/13(木) 00:30:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丘陵を往く

何処までも続く丘陵に風が流れる
アップダウンする列車を何時までも見送る

70005092.jpg
2015年5月 大湊線 有戸

下北半島の付け根はなだらかな丘陵地帯だ。町が少なく駅間も長い。列車は緩やかに丘をアップダウンしながら軽快に走り去って行く。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/11(火) 00:30:00|
  2. 大湊線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (100)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (7)
日田彦山線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (14)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR