駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

小海線の天空

今夏小海線に観光用の改造車両がお目見えする
そのコンセプトは、どこかで書いたことのあるフレーズだ

80003494.jpg
2016年4月 小海線

今夏のJR東日本の信州ディスティネーションキャンペーンに合わせて、小海線に登場する「のってたのしい列車」の車両愛称が、先月JR東日本 長野支社から発表された。その名は「HIGH RAIL 1375」ということで、1375 はもちろんJR最高地点の標高だ。車両コンセプトには「天空にいちばん近い列車」とある。むむ。これはどこかで書いたことがあるようなフレーズではないか。当ブログにお出でになる方ならピンとくるだろうが、小海線の空をテーマにした「天空の時間 空に一番近い列車」と題するシリーズだ。

「天空に一番近い」をネット検索すると様々な文言がこの後に続く。世間一般に広く使われているフレーズだということだ。そのために、駅舎の灯では頭に「天空の時間」と付けてみた。試に、JRのコンセプトの「天空にいちばん近い列車」で検索すると、天空の時間が一番にヒットする。次に「いちばん」を天空時間の漢字の「一番」にしてみると、JRが先で、駅舎の灯はぐっと後の方に下がる。グーグルでもヤフーでも同じだ。いったい検索エンジンのアルゴリズムはどうなっているのだろうか。

ふと、先日の「北辺の機関車たち」復刊の記事を書いていた時のことを思い出した。出版前に著者の御三方は、廣田尚敬さんのお宅に、あることをお願いに行ったという。当時、廣田さんには「蒸気機関車たち」と題する写真展があり、著書名の一部を「機関車たち」とすることのお許しを乞いに行ったそうだ。もちろん、廣田さんの答えは決まっている。後輩たちを優しく励まされたという。

命名に際してネット検索をするのは今では常識だ。かなり汎用的な表現でもあり、オリジナリティー云々などはさておいて、こちらもそれなりにない知恵を絞っているわけで、同じ道の関係者なら何か一言くらいという思いも湧いてくる。ましてや、当ブログは長野支社の小海線と飯山線をホームグランドにしているので尚更だが、そこは辺境のサイトの悲しいところだろうか。46年前の大学生の律儀さに、清々しさを覚える管理人だった。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/30(木) 00:30:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

岳鉄駅巡り 駅舎の灯

夜の帳が降りて来たが、プラントが眠ることはない
ホームに明りが灯り、製紙工場の夜が更けてゆく

70012420.jpg
2017年2月 岳南電車岳南線 岳南原田

この鉄道を訪れた最大の目的は工場夜景にあった。工場夜景ブームは2008年に神奈川県の川崎から巻き起こったとされている。高度成長期には公害都市と言われ、お隣の横浜に比べて圧倒的に観光資源に乏しい川崎市が、逆転の発想から取り組み始めたのが工場夜景の観光化だった。その後、ブームは全国に広がった。日本五大工場夜景として、室蘭、川崎、四日市、北九州、周南が挙げられるようになり、ここ富士と尼崎は、それに次ぐ場所とされているようだ。工場夜景の愛好者からは「工場萌え」なる言葉も生まれている。

鉄道に日本三大車窓があるように、夜景の分野にも日本三大夜景があり、函館、神戸、長崎の三か所ということになっている。何れもが港町だ。新日本三大夜景や夜景100選なども加わり、根強い夜景人気があることが窺われるが、この「工場夜景」はその延長線上にはないような気がする。巨大コンビナートのもつ非日常的な重厚な機能美は、生活の光である街の夜景とは、異なる性格のものだろう。何れにしても、観光客相手の薄っぺらな商業施設には踊らされない本物志向の人たちが、ここでも増えているということだろう。

民間の日本夜景遺産事務局が、日本夜景遺産の認定を行っているが、「岳南電車(岳南鉄道)」もその遺産の一つで、唯一の鉄道施設ということだ。暗くなってくると、沿線には三々五々カメラマンが現れるが、多くが「工場萌え」に鉄道を絡めようとする工場夜景趣味の方々で、鉄道趣味からは少数派だ。ただ、製紙工場の夜景はあまりぱっとしない。川崎や四日市の石油化学コンビナートの眩い照明を期待していたが、どうも事情が違うようだ。カメラの感度アップで施設を浮き上がらせる作戦にでたが、敢え無くセンサーの限界となった。


これで「岳鉄駅巡り」を終わります。


70012430.jpg
岳南原田

70012439.jpg
比奈

70012444.jpg
比奈

70012450.jpg
岳南富士岡


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/28(火) 00:30:00|
  2. 岳南電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あの「北辺」が蘇る

2X024821.jpg


現役時代の蒸気機関車を追いかけていた世代が、今次々と還暦を迎えている。あちこちの蒸気ブログに「還暦」という文字を見かけるようになった。1960年代の半ば頃に「SLブーム」という現象が巻き起こった。そのブームの絶頂期の団塊の世代は、10代の中高生だった。消えゆく蒸気を求めて、夜行列車で北へ南へと旅立った。中高生が単独で冬の北海道に向かうことなど、今では考えられないことだ。まだまだ社会が、素朴で、親切で、安全で、寛容だった時代で、そんな世相に助けられて、少年たちの我武者羅な旅が、1975年のSL全廃まで繰り広げられた。

そんな、ブームの真最中の1971年8月に、この「北辺の機関車たち」は出版された。そこにある北海道の凍てつく原野は、多くの若者たちのハートを鷲掴みにした。そして、少年たちの北海道詣が加速することになった。折しも山線のC62重連が終焉の時を迎えており、ツバメマークを一目見ようと、我先に青函連絡船で津軽海峡を渡った。このカバーを飾る音威子府のC55に逢おうと、日本最北端を急行利尻で目指した。そうこうしながら、この写真集は何時しか蒸気ファンのバイブルとなり、そのファンと共に46年という年月を重ねてきた。

そして、2017年、遂にファンの願いが届き、「北辺の機関車たち」は復刻されることになった。

この写真集の原本の定価は¥1,500だった。当時、国鉄の北海道周遊券は東京発¥9,300 で、学割、冬季割引を使うと¥6,000 程で、撮影旅費とフィルム代の捻出に苦しむ中高生には、「北辺」は決して安い買い物ではなかった。キネマ旬報社の「蒸気機関車」に広告が出ていたが、泣く泣く見送った同胞も多いと聞く。そんな心残りをずっと抱えて来られた方々には、「北辺」の復刻は、還暦祝いの素晴らしいプレゼントになるはずだ。掛け替えのないあの日に思いを巡らせるのは、とても懐かしく楽しい時間のはずだ。もちろん、オリジナル本をお持ちの方は、「北辺」の進化を確かめるために、迷わず手にされることだろう。

ただ、一番お勧めしたいのは、現役の蒸気機関車を知らない、復活蒸気ファンの方々だ。もし、この「北辺」が記録写真的なものなら、こんなことは決して申し上げない。バイブルになったのには、それなりの理由がある。一枚一枚の芸術的な価値があってこそだ。やはり、先人たちの業績には、きっちり学ぶべきだ。復活蒸気の撮影地には、高価なカメラやレンズがずらりと並んでいるが、一番大切なのは撮る人の感性だ。安物フィルターの一枚分くらいの出費で、この珠玉の写真集を手元で眺められ、感性に磨きを掛けられるのだから、決して高いものではないだろう。

さて、最後になってしまったが、著者はご存知、大木茂さん、武田安敏さん、堀越庸夫さんのお三方で、大学生時代に出版されたものだ。原本の帯には、ご相談にも行かれたという巨匠廣田尚敬さんの書評がある(当時は廣田さんだった)。ここで、「北辺」の幾つかの作例をお示しすべきだろうが、大木さんのサイトでご覧になった方が的確だろう。堀越さんはといえば、ネコ・パブリッシングの「国鉄時代」で活躍されている。最新のVol.49では、その広田さんと堀越さんの記事が掲載されている。大木さん、堀越さんのサイトはリンクさせて頂いているので、そちらをクリック願いたい。

今「北辺の機関車たち」復刻版を予約すると、特典が付いているようだ。復刊ドットコム などから予約できる。価格は¥4,320 とお手頃だ。もし、「北辺」がお気に召されたら、大木茂さんの写真集「汽罐車」も必見だ。今では、この2冊はセットもののようになっている。


20005872R.jpg

大木茂さんの「汽罐車」と、現役蒸気の撮影に使っていた3台のカメラたち。今も全て完動品だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/26(日) 00:30:00|
  2. 写真集・書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

岳鉄駅巡り 電機の住処

岳南富士岡ではかつての電機たちが迎えてくれる
検修庫のなかには井の頭線風が顔を覗かせている

70012324.jpg
2017年2月 岳南電車岳南線 岳南富士岡

この駅の側線には、かつての電気機関車が留置されている。ホーム横という場所からみて、展示といったところだ。先日の比奈編では、狂電関人さんから「突放の駅」でコラボいただいたが、その中で登場するED402とED403の2両もここに並べられている。それほど年月が経っていないので、直ぐにでも動きそうだ。鉄道貨物が斜陽のため、次の働き場所が見つからないのだろう。

須津寄りには、小さい検修施設がある。庫内には、ブルーグリーンの7000形が見えるが、どう見ても井の頭線で走っていた頃の再現だろう。岳鉄の電車は、全て京王線3000形中間車の改造車で、7000形のオレンジが2両、青緑が1両、2両固定の8000形が1編成の計5両と本当に小所帯だ。この井の頭線風が走っているのを見たかったのだが、残念ながらこの日は庫を出ることはなかった。

駅舎の様子から一見無人駅のようだが、高校生が多いため、朝夕のみ駅員が配置される。駅員と言っても、制服・制帽の凛々しい姿を想像してはいけない。最初は駅員さんとは分からなかったのだが、気さくな話好きのおばちゃんだった。ただ、岳鉄への熱い思いは並々ならぬものがある。何と、有難いことに、岳鉄の歴史や車両について、みっちりレクチャーを受けさせていただいた。


70012327.jpg


70012328.jpg


70012318.jpg


70012316.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/24(金) 00:30:00|
  2. 岳南電車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の飯山線2017 乳白色の朝

日の出とともに川霧が湧き立ち一面乳白色になった
霧をかき分けて通勤列車が長野に向かう

70012778.jpg
2017年3月 飯山線

千曲川ではよく川霧に出合うことがある。なかなか晴れずに数時間が過ぎてしまうこともある。この朝は冷え込みが厳しく、千曲川からの川霧と雪面からの放射霧が混じって濃い霧が発生した。こうなったらお手上げだなどと考えて退散するほど諦めはよくない。千載一遇のチャンスとばかりに色々試してみるが、例によって失敗の連続だ。何とかそれらしい一枚をゲットしたが、どんなもんだろうか。微妙な色合いは一応それなりのモニターで調整しているが、手持ちのノートパソコンの何台かで見てみたが、見事にてんでバラバラだ。さて、皆様方のディスプレイにはどんな色で再現されているのだろうか。


70012802.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/22(水) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雪の飯山線2017 朝日が昇る頃

朝日が雲間から現れ、漂う霧と列車を染めた
毎日の列車の通過が、この集落の生活のリズムだ

70012768.jpg
2017年3月 飯山線

旧信越線豊野から上越線越後川口までの、31駅、96.7kmの長大ローカル線である飯山線が生き延びてこられた理由は二つある。一つは、両端の豊野-戸狩野沢温泉間と十日町-越後川口間の朝夕の利用客が多いこと。もう一つは、その中間部の戸狩野沢温泉-十日町間の長野・新潟県境一帯が豪雪地帯のため、代替えの交通機関を容易に準備できないためだ。この地域の路線バスは、上越の湯沢や六日町、秋山郷や松之山と東西に走っており、南北は飯山線に頼っている。豪雪地帯を往くが故に生き延びてきたとも云える。

さて、写真は飯山線で最も乗客の多い、長野口の千曲川の蛇行地帯だが、何故か鉄路も川も中野市の外れを通っているため、街が近く列車本数が多い割には、米作中心の風情のある農村風景が見られる。飯山から豊野までの所要は30分と、この辺りは完全に長野の通勤圏内だ。今年も厳冬期を過ぎ、南斜面は既に雪が消えかけている。雪崩などの雪害事故防止のためなのか、列車は小ピークからゆっくりと下って来た。谷合の農業集落に朝日が昇る頃、何時ものように朝の通勤通学時間を迎える。今年の雪景色ももう僅かだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/20(月) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オホーツク早春賦

オホーツクの流氷もそろそろ海明けの時期を迎えた
早春の陽光を浴びて、混合列車が海辺を駅を往く

0401116.jpg
1973年3月 釧網本線 北浜

釧網本線の流氷とくれば、かつてはこの北浜の海岸段丘が最もポピュラーな撮影場所だった。数多くの映画のロケ地にもなり、「オホーツクに一番近い駅」として、今は中国や韓国からの観光客に人気を博しているようだ。流氷というのは、常に風任せで移動しているもので、東風が吹けは接岸し、西風が吹けば沖に遠ざかるということを繰り返す。当時は、道内を巡業する同業者同士で、接岸状況を情報交換しながら撮影のタイミングを図っていた。例年、網走の流氷は1月下旬から2月上旬に掛けて流氷初日を迎えるが、3月も下旬になると何時終日となってもおかしくない時期となる。まもなく春一番の強い西風が吹き、一気に海明けとなる。

この写真も、悪い眺めではないと思うが、月並みであるということは免れない。定番スポットでのピカピカ状態では大した感動も湧かない。今なら、もう少しマシな時間帯やアングルを考えただろうが、当時は残念ながら定番止まりだった。以前「釧網本線の二つの太陽」という記事で、大木茂さんのとびっきりの名作である朝日の浜小清水をご紹介したことがある。当時も浜小清水の原生花園側の段丘は気になっていたが、さすがに朝日を絡めようなどとは、全く考えが及ばなかった。今でも、未練がましく始発列車の時刻なんぞを調べてみたりもしているが、もう棚引く煙が蘇るわけでもなく、街の様子も変わってしまったので、別のアングルを探せという声も聞こえてくる。

独自色に欠けるお立ち台写真とは言え、当時蒸気を追いかけた方々には、やはり懐かしさが込み上げてくるシーンだろう。この時は「団結号」に散々泣かされたが、テンダーのスローガンは、うまい具合にドレインで隠されている。盛大な黒煙はファンに対する、その埋め合わせのつもりだったのだろうか。オホーツクの早春賦の流氷と、知床連山海別岳と、在りし日のC58の混合列車を、それなりにお楽しみいただければ幸いだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/18(土) 00:30:00|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

夕日のタンカー

南アルプスの山並みが浮き立つころ、タンカーが帰って来た
国道を行き交う車の生命線は、脇の鉄路を往くこの列車にある

70012647.jpg
2017年2月 中央東線 竜王

鉄道衰退の最大の原因は、モータリゼーションの進展にあるというのは動かしがたい事実だ。その主たる燃料であるガソリン、軽油といった化石燃料の、内陸部への陸上輸送を担っているのは、皮肉なことに鉄道だ。国道20号線を行き交う車の群れを横目に、東線のタンカー列車が信州長野から帰って来た。南アルプスの眺めが開けるようになると、列車は信濃から甲斐に入る。使命感を帯びたその姿は堂々たるものだ。国道を往く車の運転手のどれだけが、この地域のガソリンが鉄道輸送によって供給されていることを知っているのだろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/16(木) 00:30:00|
  2. 中央東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の飯山線2017 千曲川水鏡

千曲川の朝霧が晴れて、きれいな青空が広がった
川面にその姿を映しながら、単行列車が河岸段丘を往く

80008405.jpg
2017年3月 飯山線

千曲川の段丘に沿って集落が点在し、街道が走っている。例によって鉄道は最上段に構えている。飯山線や只見線でよく見掛ける風景であり、日本の鉄道の原風景の一つではないだろうか。その集落の家並みを眺めていると、屋根に雪が残っている家屋がぽつぽつとある。数日間まとまった雪が降っていないので、大概の家では屋根の雪は落ち切っている。雪が残っているのは、どうやら空き家のようだ。写真中央の赤い屋根のお宅の一部にも雪が残っており、どうも人気はなさそうだ。

秋田出身の知り合いがいるが、彼は実家で一人暮らしの母親を、雪のシーズンだけ埼玉の自宅に住まわせるということを、もう何年も続けている。そのお袋さんも老いには勝てず、観念しているようだ。ただ、雪下ろしや雪かきが出来なくなった家の傷みは、相当に激しいとのことだ。雪国の家屋は、それなりに頑丈に建てられているが、それでも手入れを怠れば、雪の重さと湿気は容赦なく木造の家を蝕んでいく。一つまた一つと雪の消えない屋根が増えていくというのは、集落の危機を表す赤信号だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/14(火) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の飯山線2017 薄暮の頃

黄昏時、ゆっくりと列車が集落を抜けて往く
寒さが忍び寄り、車窓の灯りが暖かい

70012736.jpg
2017年2月 飯山線

薄明というのは日の出前、日の入り後の薄暗い状態を総称する言葉だが、日本語には情緒豊かな関連語が数多くある。日の出前であれば、曙、暁、黎明、東雲、払暁。日の入り後であれば、薄暮、黄昏、逢魔時などなど。英語では twilight 以外にも evenfall 、gloaming なんていうのもあるが、日本語表現の方が明らかに情緒的だ。繊細な日本人が如何にこの時間帯に多くのことを感じているかが窺える。この中には寝台特急の列車名になったものが幾つもあり、旅情を誘う言葉でもある。

さて、この日もそろそろ夕暮を迎えた。空模様を気にしながら、何時ものように朝から黄昏時は何処で撮ろうかなどとあれこれ考えていた。特に雪景色のこの時間帯は魅力的で、イメージが尽きない。列車本数の少ないローカル線では、なかなか条件が合わずに苦労するが、いくら失敗を重ねても止められないのは、日本人だからだろうか。「逢魔時」というのは、妖怪や幽霊やらに出会いそうな時間ということだが、写真屋にとっては、嵌ったら抜け出られない魔物が棲んでいるようだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/12(日) 00:30:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (103)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (7)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (8)
日田彦山線 (2)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (4)
豊肥本線 (2)
高森線 (2)
肥薩線 (17)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
宮之城線 (1)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR