駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

最後のハドソン3兄弟 C6119

南国宮崎に移籍した東北育ちのハドソンたち。
だが、ここでも刻々と電化の日が近づいてきた。

05416R16.jpg
1973年8月 C6119号機 日豊本線 高鍋

今回は19号機です。本来ならアップしにくい画ですが、現在のC61人気に押されていってしまいます。電化工事中のこんなところで撮影したくはありませんが、C61の最後の姿を見届けようと、半日だけ高鍋で撮影しました。

C61、カッコいいですね。ただ、「ハドソン」の証の2軸の従輪については、賛否両論です。日本のハドソンは重量級パシフィックの軸重軽減対策ですから、本来の設計ではありません。C60、C61、C62、D60、D61の2軸従輪台車は共通仕様に近い格好で、それも無理やりキャブ下に押し込んだ感じです。C59とC60のどちらがお好き?と聞かれたら、小生の場合は迷わず前者です。シルエットにすると本来の1軸の方が優美です。

やはりこの罐には客ㇾがお似合いです。シールドビームの補助灯の台座が残っていますが、どうせなら台座ごと外してもらうとすっきりだったのですが。ちょっとぶれていますが、ご勘弁を。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/31(日) 00:05:29|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最後のハドソン3兄弟 C6118

南国宮崎に移籍した東北育ちのハドソンたち。
運転席の旋回窓が厳しい雪国での仕業を偲ばせる。

054_07R_16.jpg


0541016.jpg
1973年8月 C6118号機 日豊本線 宮崎機関区

季節がどんどん移っていきますので、釜石線に続けて、大湊線、北海道と足早にいきたいところですが、キハばかりでは煙分不足になりそうですので、ここらで蒸気といきましょう。

今一番ホットなC61です。磐越西線は凄いことになっているそうです。鉄ブログには、あちこちに「ハドソン」という文字が躍っています。人出に怖気づいて参戦できなかったので、現役画で応援させていただきます。

奥羽本線電化の際に、最後のC61となった青森の6両全てが、宮崎に移籍しました。機番は2、18、19、20、24、28です。2号機は早々に動態保存のため梅小路に旅立ちました。続いて検査切れとなった24、28が廃車となり、最後に18、19、20の連番3兄弟が残されました。今回は最後のハドソンとなった3兄弟を順番にアップします。まずは18号機です。

朝の宮崎機関区です。この機関区は駅ホームから眺められたので、当時を知る方にとっては大変馴染みの深い機関区です。何方の画を何時拝見しても、同じように懐かしいのは、この機関区を知る方々の共通の思いでしょう。

C57が朝の始業点検を終えて出区していきます。都城方面に向かうようです。C6118も出番を待っています。転車台はこんな所にあったんですね。18号機には旋回窓が残されています。故郷は遠きにありて思ふもの。って感じです。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/29(金) 00:35:52|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠野の春

列車は、小さな集落の菜の花畑を抜けて、遠野盆地に入った。
傾きかけた日に照らされて、一路民話の里へと向かう。

80001534.jpg
2015年4月 釜石線 晴山‐岩根橋


80001584.jpg
2015年4月 釜石線 鱒沢‐荒谷前

ローカル線を旅する楽しみは、美しき日本の四季の風景と、その土地の人々の暮らしのなかに身を置くことにあります。観光とは縁のない集落を巡るのは、素顔の日本に触れることです。このような旅を、ただ漠然と続けることは難しいでしょう。鉄道という一つのテーマがあってこそです。

釜石線の訪問では、蒸気好きとしては、「SL銀河」に少々がっかりしましたが、そんなことは問題ではありません。釜石線は南部地方特有の風景の中を走る美しいローカル線でした。三陸の復興を支えるためにも、いつまでも走り続けてほしいものです。そのための「SL銀河」です。


これで、釜石線を終わります。
今回は、花巻-遠野間を巡りましたが、遠野-釜石間も下調べをしてきました。紅葉の時期がよさそうです。新仙人トンネルの開通で、あの秘境駅の上有住にも簡単に行けます。機会があれば、是非トライしたい山線です。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/27(水) 00:39:16|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登り25‰のスカ

「SL銀河」が25‰の登り勾配に差し掛かった。
力走を始めたのは、シゴハチではなく、4両のDC客車のエンジンだった。

70005055.jpg


80001577.jpg
2015年4月 釜石線 宮守‐岩根橋

直線の途中にある屈曲部分からこちらは25‰の登りだ。その先にはトンネルも控えている。常識的にはここで一気に力走し、惰性でトンネルを突破する。そんな現役時代からのセオリーはここでは通用しなかった。登ってきた「SL銀河」は、DC客車がエンジン音を響かせて、シゴハチを押し上げてきた。まるで、現役蒸気の末期、無煙化が近づき、補機がDL化された八高線や常紋で聞いた音だ。あの日の嫌な記憶が蘇ってきた。

釜石線は、25‰が点在し、難所の仙人峠を有する厳しい路線だ。D51498の際は、2両のDE10で増強して仙人峠を越えていた。今回の「SL銀河」の秘策は客車にDCを用いることだが、このDCは意外と強力で、C58は付随車のようだった。復活に現役時代を期待してはいけないことは重々承知しているが、あまりの無気力25‰に、こちらも無気力気味になってしまった。

多くの地元ファンの方々の見解では、勾配と煙とには関係がないとのこと。DC客車の異常に煤けた屋根は、蒸気の煙ではなく、自らの排気のせいだと気が付くのに、時間は掛からなかった。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/25(月) 01:33:31|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マニュアルレンズで撮る Nikkor-H Auto 50mm F2

今回は少しライカ判の撮影機材についてお話したい。小生は最初に買ったニコンでずっと通している。たまにキャノンの白い望遠を使ってみたい誘惑はあるものの、別にニコンで困るでもなし、特段のマウント乗換の必要性も感じず、今に至ってしまった。
とは言いつつ、レンズ資産の縛りは大きい。特に昔ながらのFマウントのマニュアルフォーカス単焦点レンズを、デジタル化してからも多用している身としては、そう簡単にマウント乗換など出来る筈がない。

今や多くの方が大砲ズームレンズを振り回している時代に、何故に旧型のマニュアルレンズかと言えば、個性派が多く、軽くて小さいことだ。おまけに壊れ難い。

それでは、今回のお題の「50mm F2」だが、言わずと知れたニコンの礎を築いたNikkorの名玉の一つだ。無理のないガウス型のレンズ構成は、収差の小さい、精緻な画を生み出す。作例の比較は、大三元の一つ「24-70」だ。ズームレンズとしては最高レベルの画質と称されている。

同じ列車を角度を変えて撮っている。ともに何の補正もしていない原画だ。比較は皆様にお任せしたい。方や半世紀前のチビレンズ、方や現在の大口径の大三元。何故、こういうレンズを使い続けているか、お解り頂けたでしょうか。このチビレンズ、時代を超えた、なかなかの優れものだと思いませんか。

上段: Nikon D800E / Nikkor-H Auto 50mm F2
下段: Nikon D700 / AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED

80001527.jpg


70005023.jpg
2015年4月 釜石線 晴山‐土沢


20004617.jpg
Nikkor-H Auto 50mm F2 レンズ
後からAi改造をしているので、絞りリングだけが妙にきれい

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/23(土) 02:25:56|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釜石線 新緑二景

東北岩手にも遅い新緑の季節がやってきた。
このレールは北上山地を越えて、震災の地へと繋がっている。

80001538.jpg
2015年4月 釜石線 岩根橋-晴山

花巻を出発した釜石線の列車は、猿ヶ石川と釜石街道に沿って遠野を目指す。渓谷に点在する小さな集落を巡りながら、短いトンネルとアップダウンを繰り返し、徐々に標高を上げて行く。それ程山深くないこの辺りの新緑は里山の風情だ。

70005044.jpg
2015年4月 釜石線 宮守‐岩根橋

日当たりが悪く、他より芽吹きが遅れている。ちょうど桜が満開だ。芽吹いたばかりの薄い新緑と合わせて、まるで点描の絵のようだ。快速「はまゆり」がトンネルに吸い込まれてゆく。
震災前「はまゆり」の1往復は山田線経由で宮古まで通っていた。毎年新緑の季節が巡ってくるが、山田線の宮古-釜石間の沿岸部は今だ時を止めたままだ。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/21(木) 00:50:42|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリーラ リヴェーロ

「ブリーラ リヴェーロ」は、この釜石線土沢駅のエスペラント語名ということだ。三陸鉄道北リアス線には、「カンパネルラ田野畑」や「カルボナーラ島越」といったエスペラント語の愛称の付いた駅名があるが、同じ趣向のようだ。

この土沢駅の歴史は古く、1913年に岩手軽便鉄道の終着駅として開業している。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の始発駅のモデルとされている。そんな駅だが、現在は業務委託駅で、JR職員の配置はない。

構内には、「SL銀河」に関するアイテムを幾つか見ることができたので、前記事の補足としてご紹介します。

70004999.jpg


70005008.jpg


70005001.jpg


70005000R.jpg




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/20(水) 01:17:41|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土沢の朝 

気持ちのいい朝がやってきた。春先の柔らかい朝日が心地いい。
花巻行きの普通列車は、通勤客を乗せて坂を上がって行く。

80001502R.jpg


80001512.jpg
2015年4月 釜石線 土沢

ゴールデンウィークは山籠もりして、小海線でも撮っているのが小生の恒例だが、今年は諸事情により、かみさんの故郷の北海道に帰省した。何時もなら格安航空券での往復だが、GWともなるとやはり高いので車にした。勿論下心があっての話だ。おかげで釜石線、大湊線と寄道し、道内でもそこそこ楽しむことができた。暫し無煙が続きますが、お付き合いの程を。

まずは釜石線。SL銀河を見ようと寄ったが、どうしてもキハの撮影がメインになる。キハを待っていると、不審がった地元の方が親切にも汽車の時間を教えてくれる。どうもキハの撮り鉄は希のようだ。
初っ端に東和町の土沢駅に寄ってみると、駅の向こうに続く上り坂と、坂の上の洒落た住宅群が面白い。花巻方面への通勤客がキハに揺られてこの坂を上って行く。
この駅はSL銀河の停車駅だ。構内にはSLの匂いがする。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/19(火) 01:46:04|
  2. 釜石線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

或る機関士の記憶 高鍋

かつての特急牽引機が、貨物の入換に勤しんでいる。
まさか、38年後に車籍を取り戻すとは、この時は知る由もなかった。

05422RF16R.jpg
1973年8月 日豊本線 高鍋

今回は、今大活躍中のC6120の現役時代最後の姿をお送りしたい。

このC6120はずっと東北で運用されてきた罐だ。甲組の「はつかり」、「ゆうづる」などの優等列車仕業で活躍した仙台時代は、東北本線の完全電化で幕を閉じた。奥羽本線に移ってからは普通客レの牽引となったが、こちらも1971年10月の完全電化で後を追われた。そして青森の仲間たちとやって来た最後の地の宮崎も、日豊本線の電化工事中だった。

この画は高鍋で貨物列車の入換作業中の姿だ。宮崎では、旅客は長年の信頼のあるC57が、新入りのC61は貨物を担当することが多かった。東北のスターも、ここではただの新米でしかなかった。

この画を撮影した数日後に、この罐は宮崎で現役時代の火を落とした。機番とスリーダイヤと宮崎の3つの砲金製のプレートが、現役機の煤けた艶のないボディーに一際輝いていた。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/16(土) 22:03:48|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ボディーカラーを考える

木々の芽吹きが始まった。山桜もまもなく満開になる。
小海線80周年記念車両が、80年前最後に開通した山間部を行く。

80001412.jpg
2015年4月 小海線

千曲川橋梁を行く国鉄急行色のキハ110系です。この橋梁のキハE200系を先日アップしました。2枚の画を比較すると、どちらも甲乙つけがたい車体色です。この国鉄急行色も遠目には、違和感はありません。よく再現されています。

この天候のこの場所では、キハE200は周りの景色によく溶け込んでおり、風景画に近いものがあります。一方、国鉄色は車両の主張が強く、いかにも鉄画といった感じです。これはもう趣味とTPOの問題でしょうか。

列車のボディーカラーの違いで、これだけ趣の違う画になってしまいます。よく考えて撮る必要がありそうです。そこが難しいところであり、楽しいところでしょう。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/14(木) 19:08:36|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR