FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

確かにそこに駅は在った 士幌線 十勝三俣

1939年に、この駅が開業した時、駅員12名、保線員7名を擁していた。石狩山系に端を発する音更川、中の川、十四の沢の三川が合流する三俣の地が、鉄道敷設により森林伐採の一大拠点となった時のことだ。士幌線がこの十勝三俣まで通じたとき、三俣には1本の道路も通じていなかった。原木の輸送は、音更川の流送に頼っていた。鉄道の開通により貨車輸送が始まり、三俣からはさらに2本の森林軌道が沢筋に伸び、道内屈指の木材生産拠点へと発展していった。それも束の間のことで、鉄道沿いに国道が通じ、製材拠点は三俣から上士幌へと移り、1964年には木材の輸入が自由化され、国産材の需要低迷により、十勝三俣は急速に衰退していった。

士幌線は帯広から十勝三俣までの73.8kmの路線だが、改正鉄道施設法には上士幌から上川へ至る鐡道と謳われている。その本気度は伺い知れないが、人跡未踏の峻険な大雪山麓の標高1450mの三国峠を越える計画だった。さすがに工事に入ることなく国鉄の終焉を迎えている。その三国峠に国道273号線の道内国道最高標高となる三国トンネルが開通したのは1974年のことで、その後の改良工事で1993年に通年通行化されている。その273号線の三俣から上川の国道39号線の合流点まで、人家の全くない大雪山の原生林を往くことになる。北に向かって上り勾配が続く士幌線では、過去3回の貨車暴走事故があり、気動車との正面衝突で死亡者も出している。

この写真を撮った1977年3月には、最盛期に1500人いた住民は、5世帯14人にまで減っていた。駅周辺には空き家が目立ち、既に廃墟化が進んでいた。糠平-十勝三俣間の乗車人員は平均6名と、信じられないような赤字ローカル線に転落していた。そのため、翌年の1978年12月25日に、全国初の代行バス輸送へと切り替えられた。ただ、延伸時の再起に備えて鉄道施設は残された。しかし、士幌線自体が第2次特定地方交通線に指定され、国鉄民営化直前の1987年3月23日に全線が廃止された。結局、鉄道営業を休止した十勝三俣に、列車が再び通うことはなかった。長らく放置された施設は荒廃が酷く、廃止後も手つかずで、現在の鉄道遺構に至っている。


165D24F.jpg


165D25F.jpg


士幌線のキューロクが無煙化されたのは1975年4月だった。上士幌までは頻繁に通っていたが、十勝三俣まで入線することは稀だった。音更川のアーチ橋を渡るキューロクをカメラに収めようと、誰もが情報収集に余念がなかったが、その姿を拝めたのは、一部の熱心な士幌線ファンだけだった。1977年当時、構内には蒸気時代の給水塔、転車台、機関庫などが残されていた。この頃、列車は1日4往復で、最終の下りがこの十勝三俣で駐泊し、翌朝の5時台の上り始発で帰っていた。機関庫は気動車の駐泊にも使われていた。道内最高の標高662mの極寒の高地駅ですら、国鉄時代にはそのような運用が行われていた。1998年まで、駅舎と構内は残されていたようだが、現在は殆どの施設が撤去され、広大な更地になっている。徐々にまた、石狩山地の原生林へと戻ってゆくのだろう。


165D23F.jpg



スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/04(日) 00:00:00|
  2. 士幌線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (6)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR