FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

鹿ノ谷は今

かつての賑わいは叢となって消えた
雪解けの来春、最後の軌道も役目を終える

80011620.jpg
2017年10月 石勝線 夕張支線 鹿ノ谷

随分とすっきりした駅になったものだ。多くの引き込み線が鬩ぎ合う広い構内。夕張鉄道の機関区もあり、機関庫や転車台もあったはずだ。頻繁にセキを連ねた石炭列車が行き交い、構内にはいつも何条かの煙が上がっていた。そんな賑わいのあった構内は一面の叢になり、今は石勝線支線となった一条の軌道が残るのみだ。駅舎は元々のものだと察せられるが、横幅がこんなに狭くなかったはずだ。かなり減築されているようだ。今のこの駅を初めて訪ねた人は、多分、風情のある木造駅舎が佇むローカル線の一駅にしか見えないだろう。

さて、街はと云うと今は緑の中にカラフルな家々が建ち、パッと見には瀟洒なリゾート風に見えなくもない。何時の間に、こんな町に生まれ変わったのだろうか。炭鉱町時代には、この周辺は見渡す限りの炭鉱住宅だった。大規模分譲住宅地のように整然と下見板張りの炭住長屋が延々と続いていた。色彩に乏しい風景は、まさにモノクロの世界だった。鹿ノ谷辺りは炭鉱幹部の住宅街だったようだが、はた目にはその違いに気付かなかった。最盛期116,000人の人口は、現在8,000人程だ。駅がこうなって当然というような激しい減リ方だ。

現役蒸気の末期、夕張線には多くのファンが押し掛けていた。炭鉱住宅を背景に往く石炭列車が狙い目だった。相次ぐ炭鉱の閉山に、夕張鉄道も三菱大夕張鉄道もなくなり、かつての多くの炭鉱町がそうであるように、現在の夕張にも石炭の面影は殆どない。ただ、この町が他と違うのは、炭鉱業からの脱却に大きな失敗をしたことだ。その影響からか、夕張市は夕張支線の補助金目当ての積極的廃線を選択した。夕張鉄道は早々に鉄道事業からバス事業に転身し、夕張の基幹公共交通を担っている。残された夕張線もあと半年の命となった。


80011624.jpg


80011625.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/22(土) 00:00:00|
  2. 夕張線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

清水沢は今

大夕張鉄道の廃止から30年の年月が流れた
辛うじて生き長らえた1本のレールも風前の灯だ

80011601.jpg
2017年10月 石勝線 夕張支線 清水沢

70015628.jpg


夕張炭田は、夕張山地に点在する多くの炭鉱から成っている。夕張線は夕張川を遡って清水沢まで来るが、ここで夕張川と分かれて、北炭夕張炭鉱へと向う。一方、夕張川沿いには三菱石炭鉱業 大夕張鉄道が上流へと延び、南大夕張を経て、大夕張炭山へと続いていた。石炭産業が斜陽化する中、大夕張炭鉱に替わって、当時の最新鋭の技術をもって新たに開発されたのが南大夕張炭鉱だったが、大爆発事故に見舞われ、低価格の海外炭にも抗しきれず、合理化に伴い大夕張鉄道は1987年に廃止、南大夕張炭鉱自体も1990年に閉山した。最盛期の人口が25,000人近くあった大夕張の炭住街は、2014年に夕張シューパロダムの湖底に沈み、その面影すら偲べなくなってしまった。

かつて夕張線のホームは、駅舎前の大夕張鉄道のホームと跨線橋でつながっていた。跨線橋の下には6線ものレールが敷かれていた。大夕張鉄道は気動車を導入したことはなく、最後まで機関車が客車と貨車を牽いていた。炭鉱鉄道らしくダルマストーブの客車が活躍していた。大夕張と国鉄の機関車が走り回っていたそのヤードは全て無くなり、夕張線の島式ホームがポツンと残され、旧下り線の1線のみとなってしまった。この日、上りの始発の到着を待つのは4人だけだ。炭鉱が栄えていた頃には、一日2,600人もの乗車人員があったとは、到底思えないような寂しさだ。駅前の商店街は廃屋ばかりが目立つ。良きにつけ悪しきにつけ、炭鉱と栄枯盛衰を共にした町の現在の姿だ。


70015632.jpg


D800E_11605.jpg


80011609.jpg


80011610.jpg


夕張線には遅くまで腕木式信号機が残されていたが、現在は新夕張-夕張間が1閉塞であるため、この駅にも信号機は存在しない。何年か前までは有人駅だったようだが、今は無人化され待合室の発券窓口なども塞がれてしまっている。待合には、古き良き時代のこの地の写真が展示されている。この中に、ブログ「風太郎のPな日々」の風太郎さん の作品があるそうだ。さて、どれでしょう。


80011607.jpg


80011608.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/21(木) 00:00:00|
  2. 夕張線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

有終の美

支線となってひっそりと走り続けて来たが、終わりが見えた
夕張山系の紅葉の中を往く姿も、来年で見納めだ

80011632.jpg
2017年10月 石勝線夕張支線 清水沢

石勝線に編入され、その支線扱になったのが幸いしてか、夕張線は廃止を免れて来たが、夕張市からの廃止提案という、予想外の展開で結末を迎えることになった。2019年春を目途に廃線となることとが決まっている。石炭を搬出する目的で敷設された夕張線は、札幌指向の旅客輸送を担うには、かなりの遠回りになる。住民は、かつては夕張鉄道を使って札幌に出向いていたが、その路線が途絶えてからは、もっぱらバス便を使うことになった。札幌とのバス便は夕鉄バスと中央バスが運行しているが、この夕鉄バスこそが夕張鉄道株式会社の現在の姿で、国鉄と張り合っていた鉄道時代から一転して夕張のバス事業に専念している。一方、中央バスは札幌に本社を置き、主に高速バスを道内各地へと走らせている会社で、JR北海道の最大のライバルだ。最大時12万人を誇った人口は8,600人まで減り続け、バス路線についても縮小傾向にはあるが、運賃、所要時間、利便性の何れにおいても、JRとは比較にならない。東京出身のしたたかな市長が、先手を打って積極廃止に傾注したのにも頷ける。

夕張線の往く夕張山地は、道内でも紅葉の見事なことで知られた山塊だ。現在の新夕張が、かつては紅葉山という駅であったことを記憶されている方も多いだろう。この日は、10月下旬ではあったが雪の朝になった。湿った重い雪が降りしきる中、夜明けを迎えた。先ほどまで白いものが残っていたが、残念ながら列車が来る頃までには消えてしまった。朝の2往復が終ると、夕張線の午前は打ち止めになる。年を越すと、夕張線の最後の一年が始まることになるだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/15(金) 00:00:00|
  2. 夕張線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (2)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (5)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR