FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

開聞暮情

夕日に浮かぶ開聞に向かって一条の鉄路が伸びる
去りゆくキハのテールライトが何時までも目に残る

80009188.jpg
2017年4月 指宿枕崎線 西大山

今年も予定通りの183本目の記事で、大晦日を迎えることが出来た。
何とかペースを保ちつつ、3年程の時間をかけて通算560本となった。
思えば、二日に一本の記事を書き続けるのも大変なことだ。
どうしてもネタが浮かんで来ない時には、どうしようかと思ったりもする。
新聞や雑誌の連載を抱える作家や漫画家の苦しみが分かるような気がする。

文章を書くのが苦手なので、ブログはやらないとおっしゃる方がいる。
写真だけ貼って終わりという手もあるが、それでは記事でないという強迫観念もある。
画像特化のインスタグラムが人気なのは、その辺りのニーズの表れだろう。
しかし、旧人類的な活字好きにとっては、やはり写真だけじゃあと思う次第である。
写真集にしても、前書きも後書きもなかったら、物足りないものになってしまうだろう。

好きで始めたものの、続けるにはやはり執念染みた気力と体力が必要だ。
このままの形で続けられるかは些か自信はないが、何とか頑張ろうと言い聞かせている。
ブログをやっていていいことも沢山あった。多分、これから先もそうだろう。
何故か舞台裏を吐露することになてしまったが、これも年忘れということで。
そろそろ戯言は終わりにして、2017年の「駅舎の灯」に幕を下ろしたい。

今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。
良い年をお迎えください。


70013788.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/31(日) 00:00:00|
  2. 指宿枕崎線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

開聞の青い空

日本最南端の富士は、晴天の青空に聳えていた
裾野では、日々の人の営みが忙しく繰り返されている

80009228.jpg
2017年4月 指宿枕崎線

山岳写真では、雲一つない晴天は決して良いものとはされない。風雲渦巻くなかに見せるほんの一瞬の光芒を捉えるのが山岳写真の妙味であり、迫力ある山岳風景の醍醐味だ。鉄道写真にも、そんな山の神々しさを写し込めればいいのだが、それは欲張り過ぎというものだろう。すっきりと晴れ渡ってくれたことに、素直に感謝しなければなるまい。

さすがは南国の薩摩地方だ。ソラマメなどの収穫のピークを迎え、農家は早朝からの作業で忙しい。あちこちから刈払機のエンジン音も聞こえてくる。開聞岳の裾野は広大な畑作地帯のため、どこからでも聳え立つ開聞を眺めることが出来る。名山というのは、しっかりとその土地に根付いてこそのものだ。白い軽トラに九州のヨンマルが良く似合う。


70013845.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/20(火) 00:30:00|
  2. 指宿枕崎線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜の日に 「かいもん」と言う名の駅

かいもんと言う名からは、遠い南国薩摩鹿児島に思いが馳せる
南国の陽光の下、桜の花が舞い、開聞駅はそっと春を迎えていた

80009235.jpg
2017年4月 指宿枕崎線 開聞

その昔、「かいもん」という急行列車が鹿児島本線の門司港-西鹿児島間を走っていた。客車の夜行列車もあり、宿代わりにしたこともあるが、あまり勝手が良くなかったので、夏場はステーションホテルということに落ち着いた。もちろん、その列車名は日本百名山の鹿児島の開聞岳から来ている。かいもんと聞けば、この百名山と列車名の二つを条件反射的に想起してしまうが、今は指宿市と合併してしまっているが、かつては開聞町が存在した。その町の玄関口が開聞駅というわけだ。あのJR最南端の西大山駅から枕崎方面に3つ目だ。

有名な「かいもん」の名を頂く駅だ。そこそこの大きさの駅が構えているのかと思いきや、ご覧の通りの質素な佇まいだ。開業は意外と遅く1960年で、当初は有人駅だったようだ。線路の形状から以前は島式ホームだったことが窺える。駅横の更地には駅舎が建っていたのだろう。開聞岳に一番近い駅ではあるが、残念ながら駅付近から山を望むことは出来ない。8時54分発の上り指宿行きが出発していったが、次の上りまでは5時間、下りでも3時間程ある。早起きして始発から撮ったが、9時だというのに、午前中の撮影はこれでお仕舞だ。


70013860.jpg


70013859.jpg


70013857.jpg


70013855.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/29(月) 00:30:00|
  2. 指宿枕崎線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (5)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR