FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

国鉄色

大村線に往年の急行色気動車が往く
C57の客レが来ればもっといいのだが

70013484.jpg
2017年4月 大村線 千綿

さすがはお堅い国の機関だけあって、かつての国鉄には何事にも厳格な基準が必要だったようだ。車両の塗装にも、当然のことながら「車両塗色及び表記基準規定」という約束事があった。気動車については、一般形が朱色4号とクリーム4号、急行形は赤11号とクリーム4号、特急形は赤2号にクリーム4号のツートンと決められていた。確かに、キハ20、キハ58、キハ82を一瞥しただけで、普通なのか、急行なのか、特急なのかが直感的に分かった。しかし、乗り間違え防止のための顧客目線の措置とは思えず、階級社会の国鉄組織の仕組みが、車両の格付けにも繋がったのではないだろうか。例えば、車掌にしても、普通、急行、特急と乗車列車の格付けが、車掌の職位にも直結し、特急専務車掌が憧れのポストとなった。

さて、写真のキハ66系は、山陽新幹線の博多開業に合わせて1974年に製造が開始され、筑豊線を中心に運用された。キハ58系の血を引く顔面は、さらに運転席を高くした構造になり、後のキハ40などに引き継がれていく。機関は高出力の水平対向12気筒のターボチャージャー付のDML30HSHが採用され、転換クロスシーや冷房装置も装備し、急行形を凌ぐスペックとなっている。しかしながら、位置付けはあくまで「快速」に充当する一般形だったため、塗装色は朱色4号を使わざるを得なかった。苦肉の策で、急行形の塗分けがなされた。何度か、筑豊本線で見掛けたことがあるが、モノクロ画しか見当たらず、その姿をお目にかけられないのが残念だ。その後、1978年に規定が改訂され、晴れて本物の急行色となった。

現在のキハ66系の働き場所は大村線だ。2編成がかつての急行色に戻されている。国鉄色は絶大な人気があり、各地でリバイバルするケースが多いが、国鉄時代にその塗装が実在した車輛形式での復活は数少ない。タラコのヨンマルもその一例だが、急行色となると、大村線のキハ66は貴重な存在だ。こあらまが現役蒸気を追っていたころの大村線はC57が目当てで、急行色といえば「平戸」くらいだった。博多から長崎や佐世保に向かう優等列車は大概大村線は通らない。キハ58の急行「平戸」は、へそ曲がりにも、筑肥線、松浦線、大村線、長崎線経由で博多と長崎を結んでいた。よき鉄道時代には巡回迷走列車が各地に走っていた。近頃、大村線にも新型車の導入が囁かれ、ノスタルジックな急行色もあと僅かかもしれない。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/15(水) 00:00:00|
  2. 大村線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大村湾の国鉄形気動車

国鉄急行色を待つも、なかなか現れない
穏やかな大村湾を青いシーサイドライナーが往く

70013474.jpg
2017年4月 大村線 千綿

九州名物の、如何にも頑丈そうな国鉄生まれのキハ66も、いよいよ更新の時を迎えた。

★只今、予約更新で「春・花の季節」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/09(月) 00:00:00|
  2. 大村線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅舎の灯 千綿 18時06分

どんよりとした空模様の一日が終ろうとしていた
海辺の駅舎にも優しい明りが灯った

80008829.jpg
2017年4月 大村線 千綿

大村線に早岐の美しいシゴナナの牽く客レが走っていた頃の、1928年に建てられた初代駅舎をご存知の方には、ちょっと不思議な風景に映るかもしれない。実は、1993年に旧駅舎をイメージして、再び木造で建て替えられている。その際に、駅舎のダウンサイジングと地盤のかさ上げがなされている。旧駅舎よりこぢんまりとした、今では調度いい大きさかもしれない。「青春18きっぷ」のポスターにも登場し、今や押しも押されもしない人気の海の見える駅の筆頭格だ。

無人駅化してから、この駅舎の所有者は地元自治体の東彼杵町だ。町のHP にもちゃんと駅の紹介が載っている。千綿という駅名は合併前の千綿村からきている。活気をなくしていく駅の再生策の公募で選ばれたのがデザイン事務所「UMIHICO ウミヒコ」だったわけだ。デザイン事務所に再建やその運営を任せるのも善し悪しだが、千綿はまずは成功といったところだろう。一昨年カフェも併設され、翌日の仕込みをされていたのか、カレーの良い香りが漂っていた。

訪れたのは、調度そのマシマ・レイルウェイ・ピクチャーズのポスターが撮られた時間帯だ。綺麗な夕日に染まる海と空をお見せしたいところだが、そうは問屋が卸さない。狙い目の快速長崎行きの国鉄急行色のキハ66が定刻に通過していくが、相変わらず生憎の空模様だ。晴れの日もあれば、雨降りの日だってあるさ。与えられた条件下で、その風情を何とか引き出したいのが、写真屋の願いだ。どんよりとした空の下、ゆっくりと静かに光を失ってゆく或る日の千綿駅をお楽しみいただければ幸いだ。


80008817.jpg


80008822.jpg


80008827.jpg


80008816.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/13(土) 00:30:00|
  2. 大村線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (162)
飯山線 (39)
宗谷本線 (36)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (12)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (10)
根室本線 (21)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (7)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (14)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (1)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR