FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

「えきから時刻表」終了

列車は中国山地を下り間もなく日本海に達する
桜の花が綻び出した出雲平野は神話の国でもある

70017450.jpg
2018年4月 木次線 南宍道

何時ものように「えきから時刻表」で列車時刻表を見ようとすると、何と【サービス終了のお知らせ】の画面がが現れた。2019年3月29日をもってサービスを終了したとのこと。これまで長らく株式会社ぐるなびの運営する「えきから時刻表」を利用してきた身としては衝撃的な結末だった。撮り鉄にとって必要なのは、駅時刻表ではなく列車時刻表だ。そのデータを元にダイヤグラムを起こして撮影のお供としてきた。

これまで類似のサービスがないか検索もしてきた。「HyperDia」や「トレたび」などもあるが、利便性は「えきから時刻表」には遠く及ばない。さて、これからはどうしよう。アナログ時代の冊子の時刻表に戻るしかないのだろうか。撮影直前に、あるいは撮影中に、欲しい路線の最新の時刻表を、瞬時にそれも無料で手に入れられたのも、もはやこれまでか。あまりに当たり前になってしまったことなので戸惑いも大きい。

貨物列車については、今もウェブ上で時刻表を見ることはほぼできない。一部の篤志家が公開している特定路線のダイヤグラムがあるくらいだ。最終的には、少々お高くなるが、年に一度JR貨物の冊子を購入して、詳しい運行情報を得るしかない。旅客列車についても、先祖返りしてしまうのか。何時ぞやの様に、分厚い時刻表をボロボロになるまで持ち歩かなくてはならないのか。何かいい手があったら教えて欲しい。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/30(土) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜咲く

桜も咲いて山岳区間も冬眠から覚めた
積雪期にはここ出雲横田が終点になる

80013607.jpg
2018年4月 木次線 出雲横田

20日の長崎に続いて、21日には東京、福岡、横浜で桜の開花が発表された。気象庁の開花宣言は、各気象台が定める標本木で行われる。東京は靖国神社、福岡は気象台敷地内、横浜は元町公園にソメイヨシノの標本木がある。「生物季節観測」は、何も花見の予定を立てるためのものではないが、この季節、桜の開花は世間の関心が高い生活情報であることは確かだ。連日、靖国神社の桜が何輪咲いたか話題になるとは、何とも日本は平和な国だ。とはいえ、本邦は国民の「幸福度」が低い国のようだ。東京の桜の開花があった21日、国連は2019年の「世界幸福度ランキング」を発表した。日本は昨年の54位からさらに順位を落として58位となった。まさか、溜まりに溜まったストレスの発散のための花見じゃないだろうね。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/22(金) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の淡雪

春の淡雪に山が雪化粧した
列車は桜の里へと駆け下る

80013494.jpg
2018年4月 木次線 備後落合

雪景色の小海線を見ることなく、3月と共に暖かさがやって来た。もう3週間もすれば里では桜が咲き始める。北日本では歴史的寒波の襲来などもあったが、どうやらこの冬は暖冬で終わりそうだ。当ブログも冬画を並べてきたが、そろそろ終盤戦といったところだ。このところの諸事情で、雪景色のロケハンに出かける余裕がなく、ずるずると春を迎えてしまいそうだ。そんなこんなで、過去画が続いてしまい申し訳ないが、更新だけは続けているのでご容赦あれ。

今回の雪画も、昨年は4月に撮ったものだ。中国山地の只中の高原地帯にある備後落合には、遅い桜の季節が訪れていた。前日には桜を絡めて撮っていたが、一夜にしてご覧の雪化粧となった。さすがに積雪は想定外だったが、被写体的には願ってもない好機だ。時期が時期だけに水っぽい雪だが、いい塩梅に木々に着雪してくれた。運休も危惧されたが、既に始発の下りは、吹雪の中、定刻に備後落合に向かっている。幸い、この折り返しも遅れることなく現れた。

木次線は限界ローカル線とでもいう存在で、積雪の多い時期には、特に乗客の少ない出雲横田-備後落合間が運休になり、並行する国道にバスを走らせて代替輸送する。このパターンは、士幌線や留萌線の末端区間で行われていたことを記憶しているが、結局のところ廃線に追い込まれた。雪が積もると列車は来ないという危惧は、そんな事情にも因る。春の淡雪は解けるのは早い。天気が回復するや否や、春の陽光が降り注ぎ、あっという間に雪景色は消え去った。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/02(土) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三段式スイッチバックを往く

雪解けとともに出雲坂根にジョイント音が響く
中国山地の山懐を静々と単行列車が折り返す

80013563.jpg
2018年4月 木次線 出雲坂根

スイッチバックには、幾つかの分類がある。石北本線の遠軽のように、単に進行方向が変わるだけのもの。篠ノ井線の姨捨などで見られる、勾配区間において駅だけを本線から分離させたもの。この2種が多くを占めるが、鉄道ファン的に人気が高いのは、やはり高度を稼ぐために、本線がZ字型に方向転換しながら急勾配を登っていくタイプだろう。この3段式スイッチバックのタイプは、全国に5箇所が現存する。

木次線 出雲坂根
豊肥本線 立野  「立野の危機」
肥薩線 大畑  「山線の記憶 大畑の軌跡」
肥薩線 真幸  「山線の記憶 真幸の追憶」
箱根登山鉄道 大平台  「雨のスイッチバック」

面白いことに、全てが逆Z字の線路配置になっている。大平台だけは折り返し点に、上大平台信号場を有しているため、別タイプに分類されることもあるが、信号場が在るか無いかの違いで、線形と敷設目的は同じだ。JRの4箇所は、何れも国鉄現役蒸気時代には名撮影地として、蒸気ファンで賑わった場所となる。このブログでは、これまで立野、大畑、真幸、大平台の4箇所を、付記題名(リンク付き)でレポートしてきたが、今回は残った木次線の出雲坂根をご紹介したい。

この出雲坂根が開業したのは1937年で、他の4箇所に比べてかなり歴史が浅い。本線筋でも、都市近郊の名立たる保養地でもない、出雲街道沿いの中国山地の陰陽連絡線の歴史が短いのは当然だろう。しかし、スイッチバックの規模となると、出雲坂根と立野が抜きんでている。ところが、立野は2016年の熊本地震から休止状態が続き、ここ出雲坂根も積雪期の運転休止が恒常化しつつある。ここも自然災害にでも遭えば、結果は推して知るべしだ。旅客輸送の需要が尽きた今、一日3往復と云う限界ダイヤの中、観光列車「奥出雲おろち号」だけが頼みの綱だ。

1枚目の写真は、出雲坂根を出発して、30‰のスイッチバック2段目を登る下り列車だ。2~4枚目はスイッチバックを降りてくる上り列車になる。2段目と3段目の折り返し場所には、積雪からポイントを守るための屋根が設けられている。2段目は林に隠れて全く見えないため、ジョイント音だけを楽しむことになる。出雲坂根の駅は向かって右側にあり、折り返した列車は桜並木の1段目をスピードを上げて八川へと向かう。急勾配と軟弱路盤のため、スイッチバック内は徐行運転され、折り返しには運転士の移動もあるので、通過には結構な時間が掛かる。その分、高みの見物が長く楽しめる。スケールの大きい出雲坂根のスイッチバックの醍醐味を、少しでもお伝えできれば幸いだ。


80013575.jpg


70017346.jpg


70017350.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/25(金) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

桜の細道

か細い線路が集落を横切っている
桜の築堤をキハがゆっくりと登って往く

80013678.jpg
2018年4月 木次線

木次線といえば、今春散った三江線と同じような閑散としたローカル線を思い浮かべがちだが、どっこいこちらはそうとは言えない。現在、宍道-木次間には1日10往復程の列車が行き来している。この区間は1918年に簸上鉄道として開業しているが、国有化されるまで営業収支は良好だった。一方、観光客にも人気の出雲坂根のスイッチバックは、超閑散区間の出雲横田-備後落合間にあるが、こちらも、週末は奥出雲おろち号で賑わっている。この列車、木次線の利用促進のために1998年に運転が始まったが、今や島根県の有数の観光資源に育っている。そこそこの地域内輸送と人気観光列車があり、幸いにも廃止の噂も聞こえてこない。

写真は旧簸上鉄道区間だ。当初は道床が脆弱で、C12すら入線できなかった。1937年に木次線が備後落合まで延伸され、芸備線との連絡が始まって、やっとC56が走れるようになった。現役蒸気末期は、この区間はC11の担当で、木次-備後落合間の山間部をC56が勤めていた。今も、細々とした線路が集落を横切り、桜の築堤を、短尺のキハ120が急勾配をゆっくりと登って往く。如何にも中国山地のローカル線といった風情だ。超閑散区間の山岳部は、代替えバスやタクシーの方が安上がりのため、大雨や大雪で直ぐに運休になってしまうが、何だかんだと鉄路が守られてきた。だましだましの運行でも、消えてほしくないローカル線の一つだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/17(木) 00:00:00|
  2. 木次線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (165)
飯山線 (40)
宗谷本線 (37)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (13)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (13)
根室本線 (23)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (7)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (14)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (3)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (2)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (14)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR