FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

真夏のシゴナナ

陽炎のストレートに罐の姿が大きくなる
シゴナナの発する熱が夏を盛り上げる

02023F16.jpg
1971年7月 日豊本線 竜ヶ水

暑い暑いと言っている間に、早くも8月も最終日となってしまった。当分の間、秋風は期待できそうもないが、気持ち的には少々楽になったような気がする。48年前の夏も暑かった。今なら真夏の長期ロケなど願い下げだが、あの頃は若さに任せて酷暑の九州を旅している。当時は冷房など一般的でなかったので、何処にいてもそう変わりはなかったし、待ちに待った長い旅ができる夏休みだった。現役蒸気時代は暑さや寒さなどお構いなしに、北へ南へと時間と懐が許す限り旅を続けていた。この旅もそろそろ終盤を迎えていた。さすがに薩摩の日差しは強烈だった。それでも、ひたすら炎天下で蒸気を待った日々は、若かりし頃の良き思い出だ。

さて、写真は宮崎区の一次型の名機の117号機だ。この罐は、2年後の1973年4月の宮崎県での全国植樹祭のお召列車を牽引し、蒸気機関車最後のお召機として名を残している。そして、ファンサービスの1974年1月に始まる1121レ日南3号の牽引にも活躍し、1974年8月に宮崎区で廃車になっている。静態保存の予定だったが実現せず、結局1976年5月に鹿児島工場で解体となってしまった。名機の最期は呆気ないものだった。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/31(土) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大淀川に日が昇る

宮崎の大河の大淀川に日が昇る
大型機に交じってC11も渡って往く

05617RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 南宮崎

大淀川橋梁と云えば、優美なパシフィックC57や北国育ちのハドソンC61の牽く客レのサイドビューを眺める場所だったが、日南線に入るC11の貨物列車も走っていた。まだ川沿に観光客が現れる前の、日向灘に日が昇るころ、小さな機関車に牽かれた短い貨物列車が、大橋梁をコトコトと渡ってくる。大型機とは違った、可愛らしさを感じるローカル列車だ。橋梁には既に架線が張られ、あと半年もすればC61は用済みとなる。宮崎以南の無煙化はもう少し先になるが、いよいよC57の聖地にも国鉄近代化の波が迫り、ファンとしては気の休まらない頃だった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/24(月) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

田野の築堤

南九州の盛夏の日差しはしんどかった
それでもひたすら線路を辿る日々だった

05915RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 田野 

電線をどうにかしろよ!何て言わないでほしい。今日の一枚は只々懐かしさ故に選んだもので、写真の善し悪しを問うようなものではない。田澤義郎さんの「南国の薔薇」のごとく、田野の築堤は片井野川橋梁を入れてサイドから狙うのが好きだったが、それではこの築堤の全容が分からない。そうなるとこの定番ポイントだ。ちょうど線路を横切る道があったので、多くのファンが立ち寄ったお手軽ポイントだった。

田野の駅は写真の右端あたりにある。田野から線路を辿ってこの場所まで約1.5km、20分程の距離だ。片井野川の谷戸を渡るためにこの築堤と橋梁がある。開けた河川敷と川沿いに連なる田圃によって、絶好の見通しが確保されている。この日の591レは65号機だった。田野での1時間の停車を利用して、田野到着と停車風景を撮ってから、急いでここまでやって来た。こう天気が良いと、さすがに体力を消耗する。

着いて間もなくして、65号機の牽く貨物が築堤を渡ってきた。これから門石信号場へ続く登攀が始まる。南九州の炎天下だけあって夏の黒煙だ。今なら朝夕のサイド狙いに集中するところだろうが、この頃は今以上に未熟だった。つまらない写真ばかり撮っていたが、それでも現役蒸気時代が懐かしい。蒸気を追いかけ全国を放浪した素晴らしい日々だった。そんな時代を思い出させてくれるのがこの「田野の築堤」だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/14(金) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

腕木式信号機

妙にアナログな機関車に信号機
単純だからこそ安全ってこともある

05523RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 田野

何てことないC57の発車シーンだが、今回のお題はこの赤ナンバーの4次型の192号機ことではない。その横に鎮座する腕木式信号機についてだ。まずは、その種類を復習しておこう。基本、次の4種がある。用途はご存知だろうから割愛する。

        灯火色  腕木長   腕木色  腕木形状
 出発信号機: 赤・青 0900mm 赤に白線 棒形
 場内信号機: 赤・青 1200mm 赤に白線 棒形
 遠方信号機: 黄・青 1200mm 黄に黒線 矢羽形
 通過信号機: 黄・青 0900mm 黄に黒線 バチ形

さて、写真の腕木式信号機を見ていこう。2本の支柱に4つの腕木がある。左下は通過信号機で、残りの3つは場内信号機となる。ということは、写真奥に3線の駅があるということになる。左の支柱は場内信号機と通過信号機のセットで、右の二つの場内の下には「35km/h」という速度制限が示されている。これらのことから、駅舎は向かって左にあり、駅舎前に片面ホーム1面1線があり、場内踏切か跨線橋で連絡する島式ホーム1面2線があることが予想される。駅舎前の左端の線が比較的直線的配置になっていて、通過列車に使われているようだ。右側の島式ホームの2線は、左端線よりポイント数も多くなり、侵入に際しての速度制限が付いているのだろう。

写真では、手前の閉塞区間にC57牽引の貨物列車が進入したので、場内信号機は何れも「停止」の赤、通過信号機は「注意」の黄となる。通常、通過信号機は場内信号機とセットで運用される。何れもが「進行」の青であれば、列車は速度を落とさず場内に進入し、タブレット交換を済ませて去ってゆく。もし、場内信号機が「進行」の青、通過信号機が「注意」の黄の場合には、その先の出発信号機が「停止」の赤になっているので、列車は減速、徐行し、場内での出発待ちの運転停止となる。勿論、場内信号機が「停止」の赤であれば、信号前での停止となり、場内には進入できない。つまり、場内信号機と通過信号機のセットで、3灯或いは4灯式信号機の役割を果たしている。カーブ等で場内信号機の視認性が悪い場合には、その手前に遠方信号機を設置することになる。遠方信号機は、場内信号機が赤の場合は「注意」の黄、場内信号機が青の場合は青となり、通過信号機と同様に「停止」の赤はない。

たった4つの腕木信号機と速度制限標識で、面白いように駅の大方の様子が分かってしまう。合っているか否かは田野駅構内の線路配置を調べてみれば検証できるはずだ。こあらまは現役蒸気時代の田野には何度も足を運んでいるので、駅構内がどうなっているかは知っているが、知っていての推察ではないことを念押ししておく。ちなみに、田野には昔ながらの木造駅舎が残っていて、線路配置も写真の時代から大きく変わっていない。当時は、ブルートレインの「富士」や「彗星」、キハ80系の「にちりん」などの特急が田野を通過していた。何時の日か、田野に再び立ってみたいのだが、C57の時代があまりにもいい印象で記憶されているので、訪れるのが怖いくらいだ。田野の築堤はどうなっただろうか。あの素晴しい「南国の薔薇」の地は健在だろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/19(日) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日向の風

シゴナナが飫肥杉の木立を駆け抜ける
もう一度見てみたい日向路の美しい風だ

05723RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

C57というのは本当に美しい罐だ。こあらまとしては、C57で真っ先に頭に浮かぶのは日豊本線だ。旅客はC57、貨物はD51という路線が多かったが、日豊線の宮崎以南はD51が入線できず、旅客も貨物もC57、運が良ければC55が拝めた。それも、現役蒸気末期には門デフの名機たちが集った宮崎機関区は役者揃いだった。機関士のシゴナナへの信頼も厚く、青森から転属してきた新参者のC61一族は、もっぱら貨物の運用に回されていた。

そんな南国宮崎のシゴナナたちが走る日向路は、飫肥杉の木立が美しい。夕日の杉木立から112号機が勢いよく飛び出して来た。一次形の優美なボディに装着された小倉工式K-7型デフがこの罐の持ち味だ。LP403の一灯式の前照灯は、九州の伸びやかなスタイルを醸し出す。低く構えた前傾姿勢は、Models IMONで製品化されたように、C57の名機の1台となっている。日豊線のC57を見ると当時に戻りたくなるのは、こあらまだけだろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/13(土) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (165)
飯山線 (40)
宗谷本線 (37)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (13)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (13)
根室本線 (23)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (7)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (14)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (3)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (2)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (14)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR