駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

日向路夕景

夏の夕日を浴びてC57が静々と下りてきた
日向路の暑かった一日が終わろうとしていた

05730RF216.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

昔も今も、蒸気機関車の名撮影地と言えば、煙を天高く勢いよく吐く、登りの急勾配か出発シーンと相場が決まっている。確かに、爆煙を上げてブラスト高らかに、懸命に急坂を上ってくるSLには心時めくものだ。ただ、そんな場所に陣取れば、坂を惰性で駆け降りる罐を見送ることにもなる。それとて貴重な被写体で、どう料理するかで悩んだものだ。希に、峠にトンネルもなく、サミットを行ったり来たりして、どちらも力走が狙えるという好都合な場所もあった。そんな峠道で補機運用がなされていれば、あの懐かしい絶気合図を聞くことも出来た。

絶気合図というのは、先導する罐が後続の罐に、峠のサミットなどで加減弁を絞る合図で、長音1回短音2回の組み合わせで、文字で表せば「ボーボッボッ」といった感じだろうか。後続の罐は、同じ音で了解の返事を返す。ところが、蒸気の汽笛というのは、同じ形式であっても、それぞれの車輛、状態によって音程や音質が微妙に異なる。そのため、本務機と補機が、如何にも会話をしているかのように聞こえるのだ。総括制御の無かった時代の協調運転は、こんな機関士間の合図によって成り立っていた。ファンにとっては思い出深い汽笛の饗宴だった。

少々話が横道に逸れてしまった。さて、写真は青井岳越えを終えて、宮崎に下る日豊線の貨物列車だ。見事なまでの絶気で静々と坂を降りてきた。この年は酷く暑い夏で、じりじり照り付ける晴天が続いていた。この日も灼熱の線路を歩き続けてバテバテだったが、この後は夜撮りに向っている。この頃は、残された時間の短さに急かされるように、寝る間を惜しんで撮っていた。そんな遠い日々を呼び起こすのは、爆煙よりも、日が傾いた日向路を、夕日を浴びてゆったりと進む1次型C57の美しい姿だろう。あの堪らなく暑い夏の日が沈もうとしていた。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/31(木) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

有終のパシフィック街道

飫肥杉の山里を往くパシフィック街道
美しいK-7デフの112号機が発進する

05635RFT16.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

日豊本線の宮崎以南は、現役蒸気末期にライトパシフィックの聖地となったところだ。宮崎-都城間の青井岳越え、都城-国分間の霧島越え、国分以南の錦江湾沿岸と、それぞれに秀逸な見所があったが、終焉期に特に賑わったのが、青井岳越えの田野-青井岳間だ。途中に門石信号場を挟んだ11.3kmを歩き抜くというのが健脚向けコースだったが、門石-青井岳間の続けさまの4本の隧道が思案のしどころだった。

昨春、久しぶりに九州に出掛けたが、日豊本線を訪ねることはなかった。架線が張り巡らされ、今風の電車が走る日豊線には、どうしても食指が動かなかった。はっきり言えば、そんな日豊線を見たくなかった。しかし、記憶に残る日向沓掛や田野の駅を、再訪してみたいという衝動は払拭できそうもない。もし次回があれば、数々の名作を生んだ、田野の清武川橋梁の夕暮れを、もう一度眺めたいと思っている。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/27(金) 00:00:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

或る夏の日の田野

南国宮崎の強い日差しが照り付ける
夏の黒煙があの日の田野へと誘う

05912RFR16.jpg
1973年8月 日豊本線 田野

何ということのない駅撮り写真だが、結構お気に入りの一枚だ。当時は、機材を担いで眺めの良い所、煙の出そうな場所へと、線路伝いに苦労して散々歩き回ったものだが、今、何をアップしようかとインデックスを捲っていくと、つい気になるのが、駅でのこんなお手軽ショットだ。あの頃の人の営みを感じられるものに、どうしても目が留まってしまうが、その絶好の場所が駅だということだ。こんなことなら、駅撮り重視で行けば良かったのだが、そこは凡人の先見の明のなさだ。連写の走行写真の合間にある駅のナップが、今となっては当時の生活を窺い知れる貴重なコマだ。

さて、写真の罐は、以前ご紹介したことのあるK-5門デフと高めに付けられたナンバープレートが特徴の宮崎の65号機だ。当時の日豊線には、かつての九州の名機が集結しており、シゴナナ好きには天国のような場所だった。田野の駅はそこそこの大きさで立派なホームだが、どうやら豆炭も使っていたようで、ホームにはその片割が転がっている。貨物牽引の傍ら暫しの休息をとっていたが、こちらに気が付いたのか、リンゲルマンチャートを無視するかのようにな黒煙を上げてくれた。如何にも、南国宮崎の夏を思わせる、眩しいような日差しと、立ち上る黒い煙だった。


★長らく予約更新でお送りしましたが、今回から平常運行に戻ります。九州・山口地方を旅してまいりましたので、写真の整理がつき次第、昔懐かしい現役蒸気の名所群なども含めてお送りする予定です。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木) 00:30:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

最後のC55

C57との共通運用のため、C55が現れるかは運次第だった
旧客の先頭に立つC55に出会った時の喜びは一入だった

05728RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 清武―日向沓掛

C55の最後の活躍の場は日豊本線・吉都線で、52号機と57号機の2両が無煙化まで残った。廃車日は52号機が1975年2月17日、57号機が同3月31日と、僅かに57号機の方が後で、最後のC55となった。この57号機は、C55の中で最も原形を留めた美しい罐と言われている。模型化されているC55の殆どがこの機番ということでも、その人気ぶりが窺える。日豊本線無煙化SLさよなら列車を、C57175と重連で牽引したのを最後に廃車となり、出水駅側線に九州の名機として静態保存候補のC57117、C6118とともに保管されていたが、紆余曲折の末に結局3両とも解体されている。復活蒸気が華やかなりし今考えると、全くもったいない話だ。52号機が吉松駅前の鉄道公園に屋根付きで保存され、今も良好な状態が保たれているのとは対照的に、悲運の末路を辿った美しい罐だった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/03(木) 00:30:00|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れを取り戻せ

定刻遅れで通過の「富士」のタブレットが交換された
少しでも遅れを取り戻そうと、駅員が懸命に走る

05924RF16.jpg
1973年8月 日豊本線 日向沓掛

九州熊本・大分の震災から二週間が経った。余震が続き、眠れぬ夜が続いている。ゴールデンウィークに入り、多くのボランティアが被災地に向かっているという。高度に分業化、IT化された社会は、人との関わりは希薄だ。その隙間を埋めるためなのか、被災者相手のボランティア活動が盛んだ。ただ、豊かさと便利さの上に築かれた被災社会を復興させるのは、やはり資金と物量だ。篤志家ボランティアの労務提供だけでは到底成し得ない。そこにまた新たな軋轢が生じる。豊かさというのは何処までも酷なもので、人の心を冷たくさせるものなのかもしれない。

すでに日が傾きだした日豊本線日向沓掛駅を、DF50牽引の下りの特急富士が都城方面に通過した。EF65に牽かれて東京を出発したのは前日の夕刻だ。日本最長運転の定期旅客列車は、何百という駅をやり過ごし、やっとここまでたどり着いた。20系客車の編成の一部は切り離され、こんな後ろ姿になっている。「FUJI」というアルファベットは、この地の純日本風の風景には到底似合わない。この先、西鹿児島で、1574.2kmの長旅が終るまで、もう少し南国九州の旅が続く。

この日の富士は生憎遅れを生じていた。交換のキハ10系の上り普通列車は少々待ちくたびれた感だ。富士から受け取ったタブレットを、左肩にしっかりと抱えた駅員が、閉塞解除のため駅舎へと急ぐ。遅れを1秒でも取り戻そうと、思いっきり本気走りだ。この時代、働く人の多くは、社会貢献なんて気の利いたことは考えていなかった。細やかな生活を維持するために、誰もが懸命だった。与えられた任務を愚直なまでに遂行することだけを考えていた。決して豊かとは言えないが、逆に人の支え合いが実感できる温かみのある世の中だった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/30(土) 03:08:24|
  2. 日豊本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (132)
飯山線 (28)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (4)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (2)
函館本線 (42)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
夕張線 (2)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (2)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
男鹿線 (1)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (3)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (52)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (7)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (2)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
上越本線 (0)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR