FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

駅舎の灯 豊ヶ岡 16時36分

林の中の小さな駅舎に明りが灯った
夕暮時の不思議な時間が流れだす

80007542.jpg
2016年10月 札沼線 豊ヶ岡

石狩の田園地帯を国道275号線と並走しながら北上する札沼線の非電化区間だが、ここ豊ヶ岡だけは国道から離れて、月形町の豊ヶ丘地区を往く。この地は入植時から「豊ヶ丘」という地名だったようだが、何故か駅名は「豊ヶ岡」となっている。地域住民の申し出によって、58年前に設けられた請願駅だが、今は地域の利用者は殆どいない。乗り降りするのは、多くが全国からやって来る乗り鉄諸氏か駅巡りの愛好家だ。

路線は決して人里離れた場所を走っているわけではないが、ここに限っては鬱蒼とした鉄道林の中にあり秘境駅の風情がある。駅には見付け難い細い砂利道がつながっているだけだ。浦臼側にある車道の跨線橋が無かったら、見通しが効かず、この駅がここまで有名にはならなかったはずだ。小さな下見板張りの木造駅舎があるが、何と言ってもその佇まいが素晴らしく、明かりが灯るのが待ち遠しくなるような建屋だ。

どうしても駅舎の裸電球に明りが灯るのを見たくて、朝方の撮影の後、夕暮時に再びこの駅に戻って来た。薄暗くなった林の中の駅舎の灯は、想像を裏切るものではなかった。手彫りの駅名標がなんともいい雰囲気だ。ここ3年ほど毎年この駅を訪れているが、ホームが徐々に谷側に落ちてきているように感じる。残念なことに、もう修繕する必要もなくなったようだ。この不思議な時間が流れる妖精の駅も風前の灯となった。


70011329.jpg


70011331.jpg


70011332.jpg


70011336.jpg


80007559.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/11/09(金) 00:00:00|
  2. 札沼線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

豊ヶ岡 秋

今年も豊ヶ岡の木々が色付いた
超過疎ダイヤの人気列車が往く

80012110.jpg
2017年10月 札沼線 豊ヶ岡

下りの新十津川行きがやって来た。浦臼から先に足を延ばすのは、日にたった一本のこの列車だけだ。限界ダイヤは3往復だと勝手に決めつけていたが、昨春のダイヤ改正で、ここ札沼線に1往復という珍妙な区間が現れた。車内は大いに込み合っているが、乗客のほぼ全てが限定1往復に魅せられた乗り鉄氏の集団だ。終点の新十津川では、滝川に歩いて移動する方も居られるが、多くは折り返しの上りの石狩当別行で、そのまま引き返してくる。そんな事情からか、この列車には運転士以外にも御目付役の車掌氏が乗務している。札沼線の名物列車と云ったところだ。

札沼線にはもう一つ人気スポットがある。それがここ豊ヶ岡だ。札沼線の非電化区間の多くでは、田園地帯を国道と並走しながら北上していくことになるが、この駅だけは国道から離れた開拓地の林の中にある。月形町の豊ケ岡にあり、地区の請願によって設けられた駅だけあって、大変分かりづらい場所にあり、駅周辺に標識もない。このオーバークロスがなければ、容易には見つけ出せないだろう。人気スポットのお決まりの写真になってしまうが、それでも行ってみたくなる魅力のある場所だ。今年の紅葉は少々精彩を欠いてはいたが、それでも秋らしい眺めだった。


80012141.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/27(月) 00:00:00|
  2. 札沼線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

踏切のある風景 豊ヶ岡

秋色の開拓地を一本の農道が貫いている
この踏切はあと何回秋を迎えられるだろうか

80007509.jpg
2016年10月 札沼線 豊ヶ岡

北の大地に今年も木の葉が色付く季節が廻って来た ひらひらと落ち葉が舞っている
開拓地を貫く一本の農道の坂の中腹に、秋色に溶け込むようにしてその踏切は佇んでいた
踏切はずっと開拓地とともに時を刻んできたが、あと何回秋を迎えられるだろうか
人知れず散りゆく木の葉のように、この踏切も散ってしまうのだろうか
それでは、あまりにも寂し過ぎる


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/29(火) 00:30:00|
  2. 札沼線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR