駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

多久のアングル

多久の大築堤は、あの日と同じようにそこにあった
木製の電柱が加わったが、雰囲気は変わらぬままだ

80008734.jpg
2017年4月 唐津線 多久

01404F16.jpg
1971年7月 同所

今春の九州の旅では、主に現役蒸気機関車の時代に訪れた撮影名所を巡礼して廻ったが、何も所謂「今昔物」を撮ろうと思ったわけではない。あの場所の半世紀後の姿を見たかったのは確かだが、かつての名所は今でも名所で在り続けているかもしれない。今の姿を、今の機材で、もう一度撮ってみたいというのが、巡礼の一番の目的だ。そこには、もう蒸気機関車は走っていないが、そんなことはどうでもいいことだ。その土地の今の在り様に接し、今の姿を捉えることのみだ。そこに、少しばかりの過日の面影でも残っていれば、それで十分だ。

今回は唐津線の多久の話だ。多久と厳木の間には、唐津湾と有明湾の分水嶺である笹原峠がある。「ささばる」と読む。現役蒸気の頃は、キューロクの客レが走っていたことで人気を博し、石炭列車には後補機が付くものがあり、こちらも見所だった。当時は、多久駅から笹原トンネルまでの「多久の大築堤」周辺をうろつくのが初心者の常道だったように記憶している。今回も半世紀前に倣って、その築堤でポイント探しをしたが、その昔、何所でどう撮ったかなどという記憶は殆ど残っていない。気の向くままに撮影をして多久を後にした。

後日、写真をチェックしていて、何となく昔見たような眺めがあることに気が付いた。そこで過去画を探ってみると、やはりあった。門デフ、化粧煙突のキューロクが多い唐津線にあって、デフなし、パイプ煙突とかなり無粋な罐だが、同じ背景の写真に間違えない。荷が軽いのかスカ状態で登ってきたが、ドレインサービスに救われた一枚だ。期せずして同じ場所の同じアングルに行き着くところをみると、進化がなかったということだろうか。偶然か必然か、今昔物と相成った。そして、列車はあの日と同じように笹原トンネルに消えていった。


70013329.jpg

複線用の笹原トンネル 九州の炭鉱線に特有の構造だが、草木に覆われてしまっている


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/23(火) 00:30:00|
  2. 唐津線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰り路のキューロク


夕日の向こうからキューロクの単機回送が下りてきた
今日の任務を終えて塒の西唐津に帰る穏やかな時間だ

01329RF16.jpg
1971年7月 唐津線 中多久

先日のキューロクの日には、唐津線の石炭列車をアップしたが、その際に唐津線の画をもう一枚用意していた。同じ場所で、反対方向から来る単機回送を狙ったものだ。その時の記事にも書いたが、唐津線の多久越えでは一部列車に後補機が付いていた。そんな路線では単機回送がしばしば見られた。ただ、絶気で坂を下りてくるのが恒例であり、あまり画になる存在ではなかった。この日は、珍しく薄い煙を吐きながら坂を下りてきた。夕日の向こうに浮かんだキューロクの丸い姿は哀愁を帯びていた。多分、補機仕業を終えて西唐津の塒に帰る途中だろう。何とも穏やかな一日の終わりだった。右の方のネガの擦り傷が少々消し切れていないが、その辺はご勘弁を。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/24(土) 00:30:00|
  2. 唐津線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キューロクの日 2016

キューロクと炭鉱は切っても切れない仲だ
唐津炭田にもやはりキューロクの石炭列車の姿があった

01336F16.jpg
1971年7月 唐津線 東多久

何とも絵に描いたような鉄ちゃん写真だが、正直キューロクがカッコいい。車両目的の正面引き付け画は、普段アップすることは殆どないが、探してみると使い物になりそうなのは結構少ないものだ。ピントが来てなかったり、罐が美しくなかったりと、難があるものが多い。そういう意味では、この画は小生的には真面な部類だ。夕日を浴びた門デフ、化粧煙突の九州西唐津のキューロクは実に美しい。牽いているのもセキの石炭列車で如何にも唐津線といったところだ。黒煙も夏らしい眺めになっている。ただし、この立ち位置は国鉄時代だから許されたもので、今では完全にレッドカードであることをお忘れなく。キューロクの日ということで、罐のポートレートにしてみたが、たまにはこんなのもいいもんだ。キューロクの日に感謝しよう。

画の唐津線にも少々触れておこう。唐津線の前身は唐津興業鉄道で、唐津炭田の住友杵島、明治佐賀、三菱古賀山といった多久一帯の石炭を、唐津港に運搬するために1898年に建設が開始された。そのため、この路線は唐津側から多久方面へと伸びていった。九州鉄道と合併後の1907年に官営となり、国鉄、JR九州と引き継がれ現在に至っている。現役蒸気の時代には、西唐津機関区にキューロクが配備され、後補機が付く多久-厳木間の多久越えに多くのファンが詰めかけた。当時珍しかったキューロクの客レの人気も高かった。その後の相次ぐ閉山で多久市の人口は減少したが、工場誘致や農業振興で、現在も21,000人程の人口を維持している。この辺りが北海道とは違うところだ。唐津線も毎時1本程度が運行され、決して廃線が噂されるような閑散ローカル線ではない。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/06(火) 00:30:00|
  2. 唐津線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (109)
飯山線 (21)
宗谷本線 (16)
天北線 (1)
興浜北線 (2)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (40)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (6)
津軽鉄道 (2)
五能線 (5)
八戸線 (5)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽西線 (1)
米坂線 (4)
羽越本線 (2)
磐越西線 (2)
日中線 (3)
只見線 (47)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (31)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR