FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

白樺林を往く

その名の通り、沿線には白樺の林が広がっていた
林業で栄えた時代は過ぎ去り、その林が残された

07734F16.jpg
1974年8月 深名線 白樺

白樺の駅名に惹かれて下車したものの、朱鞠内湖に面した住民空白地帯で、無人の駅からは確かな道もなく、獣道のような踏み後はどれも林の中で消えていた。不思議な静けさに包まれた場所で、熊との遭遇が恐ろしかったことは、以前の記事でお伝えした通りだ。それでも、2本のキューロク貨物がフィルムに残されている。さすがに熊笹が生い茂るブッシュに分け入る勇気はなく、1本は線路端で列車を待つことになった。鉄道以外に一切人工物はなく、列車が現れるのか不安になるような眺めだが、ちゃんと時間通りにキューロクの牽く貨物列車が現れた。その駅に降りた時、車掌氏はこの駅でいいのかといわんばかりに不思議な顔をしていた。そして、このキューロクは人影を見つけて何故かスピードを落とした。

その名の通り、崩れかかった駅ホームの周辺には、白樺林が広がっていた。シラカバは日光を好む落葉広葉樹で、成長は早いが寿命は70年程で、ソメイヨシノと同様に比較的短命な樹種だ。その林は大抵、日光が少なくても生きられるブナや針葉樹にとって代わられて、一代限りで終わってしまう。つまり、この白樺林は針葉樹の伐採によってよって生まれた、過渡期的な植生なのだろう。この地には、かつては広大な針葉樹の原生林が広がっていたはずだ。一時の林業の繁栄の時代、この地にも伐採の手が入った。鉄道が敷かれ、木材は白樺の駅からも盛んに運び出された。この白樺林は、そんな時代の置き土産のようなものだ。あと数十年もすれば、人跡も消え果て、この森も元の原生林の姿に帰ることだろう。


07735F16.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/08/21(火) 00:00:00|
  2. 深名線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

確かにそこに駅は在った 深名線 白樺

現役蒸気を追っていた頃、撮影場所の多くは自分で探す必要があった。列車ダイヤと地図を睨みながら現地を想像するのだが、駅名が重要な切っ掛けになることがある。広尾線沿線の落葉松防風林を探っていて見つけた幸福駅もそうだった。朱鞠内湖を望める場所がないかと目に入ったのが白樺駅だ。朱鞠内湖と白樺とくれば行かない手はない。しかしながら、調査不足でそこが無人地帯とは知らなかった。キハ22を降りると、駅は残骸のようで人の気配は全くない。駅から始まるはずの道すらない。散々辺りを歩き回ったが、小さな踏み跡は何れも原生林の中に消えていた。線路と平行して国道が走っているはずなのだが、そこへ出る道すらなかった。それを知っていても、藪漕ぎする勇気はなかった。それでも、ヒグマと出会う恐怖に怯えながら、何とか白樺林と朱鞠内湖岸を往く2本のキューロク貨物を撮影することができた。迎えのキハが目に入った時の安堵感ときたらない。間違って通過してしまわないように、タクシーでもないのに思わず手を振ってしまった。

北海道雨竜郡幌加内町字白樺。画を撮影した頃のこの駅の所在地だ。北海道大学農学部演習林内にあった深名線の駅だが、隣駅の蕗の台と同様に、木材の積み出しのために設置されたのが始まりだ。1941年10月10日の開業当初には、開拓も試みられたこともあったが、厳しい気候と貧弱な土壌のために根付くことはなかった。最盛期の1956年には、12,009トンの木材が白樺駅から搬出され、100人程の林業関係者が白樺に住んでいた。以後急速に寂れ、駅は1960年に貨物取り扱いを止め、翌1961年に無人化、1962年には自治区も消滅、1965年時点の国勢調査では住人は皆無となっている。最盛期からたった5、6年の出来事だった。無人地帯となった白樺だが、駅は在り続けた。1977年からは冬季休止、1986年には臨時駅に降格、そして1990年3月10日に白樺駅はついに廃止となった。

1974年8月、無人地帯になった白樺に取り残された駅は、本当に哀れな姿になっていた。島式ホームに貨物線と貨物ホームを有し、立派な駅舎があったというが、棒線化したホームのコンクリートは、傾いた端から壊されているのか、無残な様相を曝している。ホームの向こうの駅舎代わりの小屋は、崩れんばかりに痛んでいる。ボロボロの駅名標にぶら下げられた時刻表は、不安になるほど現実味がない。最盛期には、このホームから10人を越す子供たちが通学していたことなど、到底想像ができないが、この駅は、こんな北海道の山中にも人の暮らしがあったことの生き証人だったのかもしれない。どうして無人化した集落の駅が残されたのかは不思議なところだ。沿線住民が山菜採りに利用していたという話も聞くが、理由にならない理由だ。どんな訳かは定かでないが、確かにそこに駅は在った。

白樺駅の廃止から5年半後の1995年9月4日に、超赤字ローカル線の深名線は廃線となった。


07722F16.jpg


07723F16.jpg


07724F16.jpg


07730F16.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/10(水) 00:30:00|
  2. 深名線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (24)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (7)
根室本線 (8)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (9)
札沼線 (3)
函館本線 (44)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (5)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (5)
磐越西線 (4)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
石巻線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR