FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

雨の朝

降り続く雨の中朝が明けた
列車は足早に津山へと急ぐ

70023567.jpg
2020年10月 姫新線 坪井

この三連休は好天に恵まれ、各地で結構な人出となった。自宅の傍に観光客の巣窟のようなところがあるので、ちょっと覗いてみると、累々と人波が続いていた。コロナ緊急宣言の頃の閑散とした小路が嘘のようだ。日本人は人目を気にする風習なので、自ずと集団的な行動に走りがちだ。外出自粛が規範だった頃は、自粛警察なるものまで現れたが、今では Go To で解放されたのか、経済を回すという大義名分ができたせいか、特に若者ではそう簡単には重症化しないことが知れ渡ったためか、感染急拡大もなんのそので、大した意識と行動の変化だ。

集団免疫しか収束に繋がらないのであれば、ゴールが近づくことになるが、その前に医療が崩壊しないことを願うばかりだ。重症化してもベッドがなければ不安の連鎖が起こるだろう。しかし、自粛ムードにはそう簡単には戻らないはずだ。そこがウィルスの戦略だが、人との繫がりが生き甲斐の方も大勢いるだろう。犠牲者は見ないことにして、そこそこ楽しくやっていこうというのが今の世情だろう。金をばら撒くのが全ての政治家は、生命線の税金に響くようなことはもうしないだろう。体力に自信のない人は、自分の命は自分で守れということだ。

さて、連休明けで憂鬱な方も多いと思うので、駄目押しに雨の画を選んだ。近頃は降れば大降りで、例によって雨粒が写る降りだ。思わず、「しとしとぴっちゃん」のメロディーが頭に流れる。こんなところを自炊車中泊で巡る旅は、コロナとは縁遠いが、申し訳ないが観光業には恩恵をもたらさない。そんな中、「鬼滅の刃」の肖り商法が勢いづくかと思えば、「ヒロシのぼっちキャンプ」が人気だ。余りの過熱状態に、通り道にある無料でキャンプが楽しめる神奈川県中津川の河川敷は、週末ともなれば三蜜状態だ。過ぎたるは猶及ばざるが如しということか。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/11/24(火) 00:00:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の国鉄型

国鉄型が朝の通勤通学の先頭に立つ
昔ながらの鄙びた木造駅舎が列車を見送る

80018546.jpg
2020年4月 姫新線 美作千代

JR西日本が、ローカル線用にキハ120の投入を始めたのは1992年のことだ。早いもので28年が過ぎたが、いまだに幾つかの路線で国鉄型のヨンマルが走ってる。キハ120は、レールバスに毛が生えたような16m級の短尺モデルだ。混雑時の車内の狭さが不評を買っている。それなりに朝夕の通勤通学客がいる路線では、やはり20m級の旧国鉄車両の方が勝手がいいようだ。ここ姫新線の津山-新見間でも、朝の津山行きにはヨンマルの2連が使われている。幸いなことに、キハ40とキハ120は協調運転ができないので、不細工な凸凹編成がないのもいい。このところ、毎年のように中国地方に足を運んでいるが、知らず知らずにタラコのヨンマルに引き寄せられているようだ。この写真は、今年のタラコヨンマルの一発目だ。不思議と心が弾むのは、やはり国鉄世代だからだろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/18(月) 00:00:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨に煙る

雨に煙る山水も日本の四季だ
風情ある降りに留まっていればだが

70017212.jpg
2018年4月 姫新線 久世

天気予報で傘マークが並ぶようになった。間もなく7月だが、いよいよ東西日本は梅雨モードに入るようだ。いきなり台風へと発達した低気圧に荒れ模様の太平洋岸となっているが、湿った暖かい空気が流れ込み、この季節特有の蒸し暑さだ。写真は雨の季節といっても、ちょっと花冷えもする桜雨だが、この2か月後には平成30年7月の西日本豪雨によって大きな被害が出でいる。JR西日本の路線も至る所で不通となり、今も芸備線では一部区間で代替輸送が続いている。廃止に追い込まれた路線がなかったのは不幸中の幸いだ。最近のローカル線の大敵は天災だ。地震や大雨、台風で傷ついたローカル鉄道が立ち直るには、多くの幸運が重なる必要がある。今年もまた危険な季節がやってきた。どうか、日本列島にご加護あれ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/28(金) 00:00:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の季節 桜雨

花散らしの桜雨が降り続く
濡れたレールにヘッドライトが滲む

80013311.jpg
2018年4月 姫新線

日本には四季折々の雨の季節が在る。この写真の頃の春の雨は、花の名が付いたものだけで、桜雨、花時雨、菜種梅雨などがある。日本人の自然に対する繊細な感覚が、様々な雨の名を紡ぎ出してきた。多彩な表現によって、雨の微妙な表情の違いを言い表そうとしてきた。晴を表現する言葉より、雨を思う言葉の方が明らかに多彩だ。雨の日は、より自然への感情移入が高まるのだろう。

ということで、雨の日こそ頑張らなくてはならない。あ~雨だなどと凹んでいてはいられない。晴れの日も、雨の日も、一喜一憂することなく、淡々と撮り続けることだ。結果的に、好みの写真が撮れる確率は、どう見ても雨の日の方が高い。やはり、日本人だからだろうか。

季節は移ろい、次の雨の季節である梅雨に入った。近頃は、女梅雨と呼ばれる、しとしとと降り続く陰性の梅雨が鳴りを潜め、男梅雨と呼ばれる、降れば大雨、止めば晴天という陽性の梅雨が増えている。どちらが好みかは、人夫々だろうが、降り過ぎはやはり勘弁してほしい。


80013356.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/06/20(水) 00:00:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃源の郷

小さな渓谷沿いの集落に春が訪れた
桜が咲けば、端午の節句ももうすぐだ

80004437.jpg
2016年4月 姫新線

中国山地に連なる盆地を繋ぐように姫新線は東西に走っている。穏やかな桃源の郷の小さな峠を越えれば、次の盆地の街へと鉄路は続く。

★只今、予約更新で写真を主とした短文記事でお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/09(日) 00:30:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR