駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

日南の陽光

南国宮崎日南の日差しは本当に眩い
美しい海岸線を往く観光路線として走り続けて欲しい

70013884.jpg
2017年4月 日南線 南郷

さすがは一流の南国、宮崎日南だ。4月だというのに夏を思わせるような陽光が降り注いでいる。その昔、ここ宮崎が新婚旅行のメッカだったと言われても、今の若者には信じ難いことだろう。ピークの1974年にはその数が37万組に達し、当時の新婚さんの35%をも占めた。その後は沖縄、そしてグアムやハワイなどの海外へと移り、新婚さんは日南から急激に去って行った。それが原因ではないが、日南線の輸送密度も低迷するばかりで、吉都線、肥薩線に次いで九州のワースト3となっている。すでにその数値は志布志線や大隅線の廃止時の半数ほどまでに落ち込んでいる。

昨年10月にJR九州の株式が上場されたが、これらのワースト路線が通る地元自治体がJR株式の取得に走るケースが増えている。日南市も真っ先に取得している。別にJR九州が廃止を示唆したわけではないが、遠い北の大地から聞こえてくるJR北海道の動向が恐怖感を与えているのだろう。もちろん、決議を仕切れるような株数ではないので効果の程は未知数だが、地域の要望くらいはより聞き入れてもらえるだろう。事業者と沿線自治体が連携して、よりよい方向性を見出していってもらいたいものだ。

現在、JR九州は「D&S列車」(デザイン&ストーリー列車)というブランドを展開し、観光客の呼び込みを図っている。先日お送りした肥薩線川線に新登場した「かわせみ やませみ」もそのブランドの一つだ。その先駆けになったのが、日南線に投入した「海幸山幸」だった。導入した車両には一般からも賛否両論があるが、こうして収益性の悪い路線にも積極的に新列車を投入して観光客の開拓を試みるというのが、JR九州の鉄道屋としての意気込みではないだろうか。それを可能にしているのが、好調な不動産業などの鉄道外事業の収益にあることは否めないが、これからも鉄道事業者としての意地を見せ続けて欲しいものだし、その成功を陰ながら応援したい。


70013897.jpg
2017年4月 日南線 大堂津


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/19(金) 00:30:00|
  2. 日南線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日南の門デフ

南国日向灘に沿う日南線に、門デフのC11が走る
背後には、江戸時代からの特産の飫肥杉の造林が広がっている

05806RF16.jpg
1973年8月 日南線 大堂津―油津

現在、大井川鐵道のC11190がイカロス出版とのタイアップで、門デフに付け替えられている。ファンからの要望もあり、現役蒸気終焉並びに大井川鐵道でのC11227の復活運転開始の40周年の企画ということだ。現役時代を九州地方で活躍してきたこの罐が門デフ化されたが、実際には190号機が現役時代に門デフを装備していたことはない。

この門デフは3月末までだが、撮らずに終わってしまいそうだ。門デフというのは好みが分かれるところで、現役時代の九州では、多くの形式で門デフ仕様があったが、細身のパシフィックのC55やC57は人気が高かったようだが、さてC11は。早岐や行橋、宮崎などで見かけた気がするが、印象が薄い。そこで、春めいてきたこともあり、九州の記録を調べていくと、門デフを鑑賞しやすい日南線の画を見つけることが出来た。白線も入って、見栄えはそう悪くない。これなら、復元も在りかと再認識した次第である。

ここ大堂津-油津の橋梁は、山側からのシルエット狙いが定番だが、へそ曲がりにも、朝の2本の貨物を海側から撮っている。もう1本の列車は、橋梁向うの砂浜から岬方向に歩いて、定番の真逆から撮っている。ところが、こちらの画の立ち位置にどうやって辿り着けたかが分からない。この画には後追いがあるので反対側も見られるのだが、どちらの先も波が叩きつける海中に没している。波返しの形状の護岸を降りられるはずがない。この真横にでも降り口でもあったのだろうか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/19(土) 01:09:24|
  2. 日南線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (100)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (36)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (4)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (43)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (7)
日田彦山線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (1)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (14)
くま川鉄道 (1)
日南線 (2)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR