駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

山北二題 第二話 エアD52

その機関車は、かつての鉄道の町の担い手たちによって守られてきた
作業を見守るOBの目は、子供を見守る親の目だ

20004868.jpg
2016年2月 御殿場線 山北鉄道公園のD5270

山北駅の機関区跡地の一角に、D5270が展示された鉄道公園がある。国鉄OBによって守られてきた車体の状態は頗る良好だ。火を入れればすぐにでも動きそうだ。このD52は丹那トンネルの開通から10年程後の製造であり、東海道線時代の機関車ではない。御殿場線になってから、山陽線などで御用済みとなった罐が集められたものだ。軸重の関係で行き場のなくなった重量機の受け入れ先のひとつとなったようだ。

先日、全国紙の神奈川版を読んでいて、この機関車が走るという記事を見付けた。よく読むと、線路を12m継ぎ足して、圧搾空気でそこを走るという。「走る」というのは大げさで「動く」といった程度のことだ。通りかかった際に、ちょっと作業を覗いてみた。数人で走り装置の分解、清掃、組立が行われていた。動きそうかと聞いてみると、「わかんねえよ」と返ってきた。さすがに一抹の不安があるようだ。動輪を車台枠から外せれば「大丈夫」と言えるのだろうが、それはできないようだ。最初の一押しで動くことを祈るほかない。

一方、御殿場駅富士山口のポッポ広場に展示されているD5272についても復活運動が始まったことが報道されている。こちらも予算の関係で圧搾空気を予定しているとのことだ。本当は山北のD5270も本線を走らせたかったようだが、OBの話では、JRから勘弁してくれとやんわり断られたようだ。表向きはボイラーの劣化ということになっている。時を同じくして御殿場線に2両のエアD52が出現し、山峡に汽笛が響くかもしれない。

残念ながら、小生は現役時代の御殿場線のD52の画はもっていない。こういう時の頼みはやはり大木茂さんだ。「モノクロームの残照」の冩眞帳に御殿場線がある。大木さんの高校生時代の作品ということだが、この70号機が随所で登場している。当時の山北駅の姿も必見だ。この町は、鉄道の盛衰で何度かの激動を経験している。


20004867.jpg
1944年の川崎車輌製だ 後に浜松工場でボイラーが新造品に載せ替えられている

20004870R.jpg
機関車前方に12mの線路を建設中

20004869.jpg
クロスヘッド周りはきれいになった

20004871.jpg
テンダーにはデンヨー製モータコンプレッサが2機搭載された 定価は1台¥3,100,000なり

20004876.jpg
逆転機を分解中 加熱して取り外す作戦 溶接しているわけではない

20004878.jpg
斜めの汽笛がいかにもD52だ さて、巨体が動くか乞うご期待 ただ動いても、ピストン2往復、動輪2回転分だ


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/03(木) 00:15:20|
  2. 御殿場線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山北二題 第一話 鉄道の町

かつて東海道線の中継拠点として賑わったこの駅は、今は静かな佇まいの町の小駅となった
やって来るのは数両の短編成の電車だが、長いホームと引込線が往時を偲ばせる

20004853.jpg
2016年2月 御殿場線 山北

山北という町は、不思議と静かな町だ。人の営みは息づいているが、騒音が少ないからそう感じるのだろう。丹沢の山並みが迫る山間に、街道沿いに寄り添うように続く家並はあくまで静かだ。かつて、「山北のスズメは黒い」とまで言われた鉄道の町は、その役割を終え、ひっそりと余生を過ごしているかのようだ。

山北町は神奈川県の最西端に位置し、静岡県、山梨県と接している。この町を東西に走るのが、JR東海の御殿場線で、国府津と沼津を結んでいる。1934年12月の丹那トンネルの開通までは、東海道本線の一部であったことは、鉄道好きであれば周知の通りである。「函嶺越え」の25‰が続く難所に挑むために、この山北に機関区が設けられ、時の最強の機関車が配備された。

少なくなられたこの町に暮らす国鉄OBの方々の伝承では、機関区が栄えていた当時は、住人の殆どは鉄道関係者だったという。東海道本線の長大列車を停車させるためには、長いホームが何面も必要だった。駅の東西に転車台があり、ひっきりなしに機関車を方向転換させていたという。そんな路線も幹線ルートから外れた時から、一ローカル線となった。一枚目の写真の築堤は複線用に盛られているが、儚くも上り線は「不要不急線」扱いとなった際に、横須賀線などの他線の建設用に供出されている。この辺りは桜が綺麗な場所だ。今年は花見がてら出かけてみようと思う。


20004861.jpg


20004863.jpg



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/01(火) 01:56:43|
  2. 御殿場線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (99)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (2)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (35)
室蘭本線 (6)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (3)
津軽鉄道 (1)
五能線 (2)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (1)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (2)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (41)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (8)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (22)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (3)
長崎本線 (2)
唐津線 (2)
松浦線 (2)
久大本線 (2)
豊肥本線 (2)
高森線 (1)
肥薩線 (7)
日南線 (1)
写真集・書籍 (3)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR