駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

立野を想う

あの地震の日から住む人も通う列車も消えてしまった
カルデラに続くスイッチバックが蘇える日を待つ

06006F16.jpg
1973年8月 豊肥本線 立野

一度でも訪れて、世話になったことのある町や村が、災害現場として報道されるのは、本当に悲しいことだ。今春は九州各地を巡り、久大線や日田彦山線の沿線にも何度となく立った。それが、7月の九州北部豪雨で大きな被害を受け、今も被災集落の再建の道程が続く。昨年の夏には北海道の根室線沿いを旅したが、その直後の台風災害で甚大な痛手を被り、根室線、石北線の復旧にはかなりの時間を要した。次々に襲い掛かる自然の猛威は留まるところを知らない。このところの被災路線で、廃線に追い込まれたケースがないのが不幸中の幸いだ。九州北部豪雨では、現在も不通が続く鉄道路線のことも気になるところだが、まずはそこに暮らす住民の方々が、平穏な生活を取り戻せることを切に願いたい。

そんな中、2016年の熊本地震で孤立してしまったのが、豊肥線沿線の344世帯の立野地域だ。その後の豪雨などもあり、避難指示や避難勧告が続き、住民の集落での生活は奪われたままだ。これまでも、度重なる災害を乗り越えてきた路線だが、この地震災害の爪痕はあまりにも大きい。先日、阿蘇長陽大橋の開通が報じられたが、周囲の風景は鉱山か温泉地獄のように荒涼としている。阿蘇へと抜ける豊肥線と並行する国道57号線は、大きくルートを変えて付け替えることになった。今回も、JR九州は豊肥線を復旧させる意気込みだが、全く目途は立っていない。まずは、肥後大津-立野間の復旧を目標にするとのことだ。南阿蘇鉄道も国での再建が決まっているが、立野の復旧無くしては意味が薄い。

立野駅は阿蘇外輪山を越える要衝の駅だ。唯一口を開けたカルデラ内へとスイッチバックが続く。駅自体も斜面にあるので、駅舎からは階段を下りてホームに向かうことになる。構内の中央には豊肥本線の長い島式ホームが陣取っているが、階段脇の狭い場所に、唯一の支線である高森線のホームがあった。ゼロキロポストは高森線の起点を表している。現在は、このホームに第三セクターとなった南阿蘇鉄道の駅本屋が建っているようだ。豊肥線の列車が到着し、立野で降りる人、高森線に乗り換える人、傍らでは手荷物や郵便物を扱う駅員氏の姿もある。時代背景は違へど、何時かまたこの駅に賑わいが戻り、カルデラ内へと向かう列車がスイッチバックするのを眺められる日が、再び来ることを祈りたい。


06008RF16.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/08/31(木) 00:30:00|
  2. 豊肥本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立野の危機

立野にはスイッチバックや大白川橋梁などの鉄道名所が多い
その険しい地形が仇となって、今彼の地が危機に曝されている

01616RF216.jpg
1971年7月 豊肥本線 立野

このところ、ずっとキハが続いているので、ここらで煙分補給のため、オーソドックスな現役蒸気画をお送りしたい。豊肥本線は立野のスイッチバックだ。九州には、この立野の他に肥薩線の大畑と真幸にスイッチバックがあるが、やはり立野のものが群を抜いた規模だ。現役蒸気末期はキューロクの貨物列車がこの坂道を越えていた。その後は、ハチロクの「SLあそBOY」が独力で登っていたが、それが祟ったのか、大病をして、今は肥薩線川線で余生を送っている。最近は、「ななつ星 in 九州」のルートに加えられていた。

今回の熊本地震で、立野地区には大きな被害がでている。交通網の遮断により孤立してしまったために、村外への避難を余儀なくされている。豊肥本線は肥後大津-豊後萩間、南阿蘇鉄道高森線は全線で不通が続き、国道57号線、325号線は至る所で分断されているという。高森線は、あの立野橋梁、第一大白川橋梁も被災し、復旧には最低でも30億円が必要と見積もられている。高森線と結ばれるはずだった高千穂線(オールドファンにはC12の日之影線だろうか)を引き継いだ高千穂鉄道が、2005年の台風被害で廃線となってしまったことが思い出される。被害の大きさから、鉄道ばかりか、立野の集落自体が存亡の危機に立たされている。

さて、一枚目の画は、その国道57号線の陸橋から。立野に登って来るキューロク貨物を撮ったものだ。キューロクの煙の向こうに、微かにスイッチバックの折り返し地点が見える。この日は運よく、高森線のC12が、熊本からぶら下がりで有火回送されてきた。そのC12が、どういうわけか、先頭をゆくキューロクを思ってか、ファンサービスなのか、威勢よくプッシュしている。思わぬ力走プッシュブル運転と相成った。この列車は、立野でC12を切り離し、バック運転の推進でスイッチバックに入り、折り返して赤水に向かう。二枚目の画は、スイッチバック後に赤水に向かうシーンだ。ということで、1本の列車を3回撮れる美味しい場所だった。この数々の鉄道名所のある立野は、今後どうなってしまうのだろうか。被害が大きいだけに先行きが心配だ。


01627R16.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/22(日) 00:32:06|
  2. 豊肥本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

僕らの国鉄時代の旅

車が少なかった時代、町を出るのも、帰ってくるのも駅からだ
町の玄関である駅には、その日もお見送りの人の姿があった

06121F16.jpg
1973年8月 豊肥本線 肥後大津

高森線を撮り終えて、東京行きの急行「桜島」に乗るべく、立野から熊本行きの列車に乗った。立野から2つ目の肥後大津で交換となった。急行の表示がないので、「火の山」ではなさそうだ。
車中から乗り出して撮った一枚だが、とても懐かしい画となった。下見板張りの駅舎とハエタタキ、全盛時代のキハ58系、鉄板の蓋のあるホーム間の踏切、通過列車が無いのかホーム中央の渦巻き型のタブレット受器、どこを眺めても「国鉄時代」だ。
現在、豊肥本線は熊本-肥後大津間が電化されており、この駅で電車とディーゼルがそれぞれ折り返し運転を行っている。一日の乗降客が4000人近い立派な駅で、この頃の面影は殆どない。


06121FT16.jpg


しかし、一番目を引くのはやはりホーム上の人々だ。良く見えるようにトリミングしてみた。懐かしい制服の二人の駅員が下り列車の出発を見守っている。列車の乗降は終わっており、ホーム上の方々は見送りだ。どちらの列車にもお見送りがいる。何とも時代を思わせる服装の懐かしい光景だ。
ただ、今だって、お盆が終わるころ、子供と孫を見送る親の別れのシーンが、新幹線のホームで見られる。新幹線ホームの別れといえば、山下達郎のクリスマスイブ流れるコマーシャルシーンもあった。かなり古いが、転勤先に向かうサラリーマンの同僚のお見送りなんていうのもあった。
今も昔も、駅は変わることのない人との出会いと別れの場所だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/12(月) 02:01:23|
  2. 豊肥本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (8)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (30)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR