FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

夕空の千曲川

千曲川が夕空の黄金色を映す
屈指の豪雪地帯にドカ雪再来か

80017443.jpg
2019年3月 飯山線

今年も師走に入り、北国からの雪の便りが届くようになった。飯山線も間もなく雪の季節に入ることだろう。その昔、飯山線沿線の豪雪はそれはそれは凄いものだった。ラッセルしてもラッセルしても、雪は降り積もった。温暖化の影響なのか、積雪は徐々に少なくなり、今は往年の半分くらいまで減っただろうか。このところの大雨、豪雨は目に余るものがあるが、雨が増えれば雪も増えるというのが自然の摂理のような気もする。少なくとも冬の降水量は増えると云うものだろう。

最近の研究は、さらに温暖化が進めば、積雪は全体的には少なくなるが、北海道や本州内陸部では記録的な「ドカ雪」が頻繁に降る可能性があると指摘している。全国各地で頻発する悲惨な水害がニュースを騒がせているが、さらにゲリラ的に発生する雪害のニュースが加わることになりそうだ。除雪技術や融雪技術は進歩しているが、地域に住民がそれなりにいての話で、過疎地の過疎化が加速することは避けられないだろう。飯山線も積雪期運休なんてことになりはしないだろうか。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/05(木) 00:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C11325 再び

千曲川渓谷に白煙が棚引く
この罐の飯山再来は如何に

70011674.jpg
2016年11月 飯山線

秋の恒例になるかと期待していた飯山線のロマン号だが、C11325の諸問題で一時のお祭りに終わってしまった。そのC11325は今春東武鉄道にいいお値段で売却された。東武鉄道がC11王国になるとは思ってみなかったことだが、大手私鉄が金の掛かる蒸気機関車の運行に名乗りを上げたことは嬉しいことだ。東武鉄道は、自前の鬼怒川線と、三セクの株主となっている野岩鉄道、会津鉄道を経由すれば、福島の会津若松までを結んでいる。3.11の福島の復興支援を蒸気運行のひとつの理由に挙げている。会津鉄道といえば旧国鉄会津滝ノ原線で、かつてのC11の撮影名所だ。こちらにもC11が出張するという噂も聞こえてくる。飯山線もいいが、幾つかの名所が失われてしまってはいるが、やはり会津線も興味深い。何れにしても、C11325が走り続けられることになったのは、蒸気ファンにとっては朗報だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/09/10(火) 01:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盛夏深緑

飯山線の単行が盛夏の深緑を往く
涼し気な様にも見えるが大間違えだ

80014761.jpg
2018年7月 飯山線

5月だというのに全国的に真夏の暑さに見舞われている。北海道でも猛暑日が観測され、例によって観測史上云々の記録的な状況になっている。思えば、昨年のこの時も死ぬほど暑かった。新潟県内の飯山線、只見線沿線は、フェーン現象も加わり厳しい猛暑に襲われていた。4リットルの焼酎ペットボトルの水が1日もたなかった。撮影場所を決めると、近くの風通しのいい木陰で、ひたすら汗を流しながら静かにしていた。長期予報では今夏は何やら冷夏傾向とも伝えられていたが、果たしでどうなるのか。日中屋外で活動することの少ない人には実感はないだろうが、このまま温暖化が進めば、日中の野外活動は困難になるだろう。昼は寝て、夜に活動するような世の中がやってくるかも知れない。そうなれば全部夜行列車だなどと馬鹿なことを考えている場合ではない。来年の東京オリンピックは真夏の開催というから恐ろしい。エアコンの効いた密室で水揚げの皮算用に余念のない面々には、気温や湿度のことなど知ったことではないようだ。精々選手や観客がお亡くなりにならないことを祈るばかりだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/27(月) 00:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪解け

豪雪地帯が柔らかい日差しに包まれる
滴り落ちる雪解け水は雪国の春の息吹だ

70020869R.jpg
2019年3月 飯山線

気温が上がったこの日、雪解けがどんどん進む。さすがに、核心部の積雪は直ぐには解け切らないが、長野寄りの替佐辺りは朝方と夕方とでは違う眺めになっていた。3月初めだというのに、雪の飯山線はもう最終日といった感じだった。終わってみれば、この冬はやっぱり暖冬で、豪雪地帯の飯山線の春は早そうだ。温暖化で積雪が減れば、冬の生活は楽になるだろうが、雪解け水が少なくなれば、色々な問題が起こりそうだ。魚沼米の稲作に支障が出るかもしれない。JR東日本が電力不足に陥り、首都圏の夏の冷房がおぼつかなくなるかもしれない。営々と繰り返されてきた人の生活は、結構脆いものなのかもしれない。気温がほんの数度上がるだけで、壊滅してしまうかもしれない。滴り落ちる雪解け水が、何時までも雪国の春の息吹であって欲しい。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/20(水) 00:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

去りゆく冬を惜しむ

春先の天候はまだまだ不安定だ
期せずして小雪の舞う朝になった

80008233.jpg
2017年3月 飯山線

気象庁の桜の開花状況を覗いてみると、まだソメイヨシノの観測木の開花は記録されていないが、日本気象協会やウェザーニュースの桜の開花予想によれば、今春の開花のトップは福岡、宇和島などで3月18日、東京は3月21日だ。早くも桜の季節がやってくる。満開は開花から1週間くらいと言うから、3月末には見頃を迎えそうだ。花見好きの日本人にとって桜の話題が欠かせない時期の到来だ。そろそろ、こちらのブログも衣替えの頃合いになった。十分に活動できなかったこの冬も終わり、何とも後ろ髪をひかれる思いだが、新しい四季の始まりに賭けよう。移ろいゆく季節への出会いは、何時だって一期一会だ。


80008242.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/18(月) 00:00:00|
  2. 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (165)
飯山線 (40)
宗谷本線 (37)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (13)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (13)
根室本線 (23)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (7)
留萌本線 (10)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (14)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (3)
三陸鉄道 (4)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (3)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (67)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (2)
八高線 (16)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (14)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (5)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (24)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
海外 (1)
山田線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR