FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

JNRの遺産

春浅きオホーツクに混合列車が往く
牽引機のデフにはJNRの3文字が輝いていた

03910F16.jpg
1973年3月 釧網本線 北浜

国鉄が分割民営化されて間もなく31年になる。鉄道趣味の世界では、その名を冠した雑誌も人気を博し、国鉄を礼讃する風潮が強い。しかし、国鉄分割民営化を答申した第二次臨時行政調査会の意思決定に大きな影響を与えたのが、世論の突き上げだった。連発するストライキ、ヤミ給与や職場での飲酒行為の横行などの悪しき慣行が、マスコミにより大きく報道され、世論は一気に国鉄解体論、分割民営化に傾いて行った。そもそもの民営化議論の発端は、膨張を続ける巨大な累積赤字と、改善されない不毛の労使関係、「我田引鉄」とまで言われた政治家の底なしの介入などだった。

さて、その国鉄債務は現在どうなっているのだろうか。分割民営化された時点での債務の総額は37兆1100億円だった。国鉄清算事業団が25兆5200億円、3島会社を除く新会社が5兆9300億円、新幹線鉄道保有機構が5兆6300億円を引き継いだ。最大の問題となった清算事業団分は、何と、運用の失敗で負債はさらに28兆3000億円までに膨らみ、返済のスキームは完全に破綻し、20年前の1998年にその内の24兆2000億円が最終的に国の一般会計に組み込まれた。その負債はどれだけ減ったのだろうか。国土交通省の報告では、平成27年度末時点では17兆7,690億円になったとしている。

つまり、清算事業団分の7割が今も借金のまま残っている。一方、日本鉄道建設公団、そして独法鉄道建設・運輸施設整備支援機構に引き継がれた年金等負債の4兆円については、旧国鉄用地やJR株式の売却益、JRの負担金などにより、借金の返済と旧国鉄職員の年金支払いの原資を捻出している。つまり、JRに継承されなかった土地などの資産、JR株式の上場売却益は全て旧国鉄職員の年金に消え、なお補填が必要な状況になっている。さらに、新幹線鉄道保有機構は施設のJRへの譲渡をもって解散したが、譲渡益の一部はやはり鉄道・運輸機構に移され、旧国鉄職員の年金支払等に充てられている。

このペースでは国鉄債務の返済が終わるのに、100年以上掛かる計算だ。国が経営をし切れず、債務処理を怠った結果の付けだ。24兆円でもこの様だが、国の借金は1000兆円の大台を越えた。政治家も官僚も返済しようなどとは全く考えていない。それはそうだ、この天文学的数字を前に返済のスキームなどありはしない。負債の限度は、国民の貯蓄残高の1600兆円と囁かれている。国債と財政投融資は、国民の貯蓄が主たる原資だ。無責任な政治家を選出したのは他ならぬ国民自身だ。或る日突然、国民がその責任をとらなければならない時がやって来る。どこまでも借金を積み重ねられるはずもない。


03911F16.jpg


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/06(火) 00:00:00|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

73春斗

オホーツクに一面の流氷の海が広がる
ファインダーの中を、テロップのようにスローガンが流れる

Z01319.jpg
1973年3月 釧網本線 北浜

流氷の接岸を聞きつけ、オホーツクの海辺を訪れた。天気も上々で、あとは釧網線名物のC58の牽く混合列車を待つばかりだ。いい煙を吐きながら、その瞬間がやって来たが、テンダーに何やら白いものが見える。直ぐにやられたと思ったが、わざわざここまで来て、シャッターを切らずに見送る訳にはいかない。この年は、団結号に散々な目に遭っているので、ある程度は諦めの境地に達していたが、さすがにこの眺めを前にしては嘆き節の一つもでよう。気を取り直して、この後の釧路行きに期待を繋いだが、次はテンダーに「73春斗」の大スローガンが。それも完全なスカだ。煙室扉の団結号を避けるためにも、真横から狙ったが、それが完全に裏目に出てしまった。その2両は煙室扉は綺麗なもので、白文字はテンダーのサイドだけだった。何と間の悪いことだろうか。この「春斗」というのは、「春闘」の中国語バージョンだ。画数が少なくて書き易かったのか。動労にはなかなかの知識人が居たということだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/23(土) 00:00:00|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オホーツク早春賦

オホーツクの流氷もそろそろ海明けの時期を迎えた
早春の陽光を浴びて、混合列車が海辺を駅を往く

0401116.jpg
1973年3月 釧網本線 北浜

釧網本線の流氷とくれば、かつてはこの北浜の海岸段丘が最もポピュラーな撮影場所だった。数多くの映画のロケ地にもなり、「オホーツクに一番近い駅」として、今は中国や韓国からの観光客に人気を博しているようだ。流氷というのは、常に風任せで移動しているもので、東風が吹けは接岸し、西風が吹けば沖に遠ざかるということを繰り返す。当時は、道内を巡業する同業者同士で、接岸状況を情報交換しながら撮影のタイミングを図っていた。例年、網走の流氷は1月下旬から2月上旬に掛けて流氷初日を迎えるが、3月も下旬になると何時終日となってもおかしくない時期となる。まもなく春一番の強い西風が吹き、一気に海明けとなる。

この写真も、悪い眺めではないと思うが、月並みであるということは免れない。定番スポットでのピカピカ状態では大した感動も湧かない。今なら、もう少しマシな時間帯やアングルを考えただろうが、当時は残念ながら定番止まりだった。以前「釧網本線の二つの太陽」という記事で、大木茂さんのとびっきりの名作である朝日の浜小清水をご紹介したことがある。当時も浜小清水の原生花園側の段丘は気になっていたが、さすがに朝日を絡めようなどとは、全く考えが及ばなかった。今でも、未練がましく始発列車の時刻なんぞを調べてみたりもしているが、もう棚引く煙が蘇るわけでもなく、街の様子も変わってしまったので、別のアングルを探せという声も聞こえてくる。

独自色に欠けるお立ち台写真とは言え、当時蒸気を追いかけた方々には、やはり懐かしさが込み上げてくるシーンだろう。この時は「団結号」に散々泣かされたが、テンダーのスローガンは、うまい具合にドレインで隠されている。盛大な黒煙はファンに対する、その埋め合わせのつもりだったのだろうか。オホーツクの早春賦の流氷と、知床連山海別岳と、在りし日のC58の混合列車を、それなりにお楽しみいただければ幸いだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/18(土) 00:30:00|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

流氷の季節

流氷が接岸してから随分と経ち、浜の氷の汚れも目立ってきた
流氷原を照らす太陽も眩しくなり、海明けはもうすぐだ

0401416.jpg
1973年3月 釧網本線 北浜

今年も流氷が南下し、1月27日に紋別、29日には網走で「流氷初日」を観測した。昨年は流氷面積が過去最少だったが、今年も平年の約7割に留まっているそうだ。やはり、温暖化の影響は計り知れない。オホーツク沿岸の冬の観光資源だけあって関係者は気をもんでいるようだ。2月11日には網走港で恒例の「あばしりオホーツク流氷まつり」が開かれるが、接岸の見通しは立っていない。3日にウトロで2週間遅れの接岸が記録されたが、果たして網走は何時になることやら。

一方、ここ釧網本線の「流氷ノロッコ号」は、専用機のDE10の老朽化を理由に、JR北は昨年11月に廃止の方針を提示したが、一昨日の道新ウェブ版によれば、一転して別の観光列車を創設する意向が示されたそうだ。ただ、これも、今春の新幹線開業後の様子によっては、ご破算になるやもしれない。今のJR北は全てが新幹線次第だ。

変わってこの画の頃は、流氷はきちんと接岸していたし、釧網線の混合列車も元気だった。蒸気ファンは、道内を流浪しながら、流氷情報を交わし、三々五々流氷のメッカの北浜を訪れていた。当時の北浜には展望台などあるわけもなく、国道を挟んだ海岸段丘の上が流氷撮影の場所だった。知床連山をバックに流氷の白い海が広がっていた。蒸気は消える運命にあったが、流氷までが消えてしまう時代がやって来るとは思わなかった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/06(土) 00:39:31|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釧網本線の二つの太陽

慌しかった一日の終りに、静かな時間が流れている
無風の空に一条の煙が上がり、オホーツクの街並が輝いた

0402016.jpg
1973年3月 釧網本線 斜里

もし、この画をご覧になって、大木茂さんの名作、朝日の浜小清水を連想された方がおられたら、望外の喜びだ。小生の作業小部屋には、この二つの釧網線の画が並べて掛けてある。前回は、鉄道ファンの田沢義郎氏の写真に魅せられて、その現場を訪れたが、結局かなり違った画になってしまったという話だったが、今回は期せずして撮った画が、大木さんの写真とかなり相性がいいのでは、という勝手な思い込みの話だ。

朝日の浜小清水は、今まさに夜が明け、躍動の一日が始まろうとする「動」の作品だ。それに対して、小生の夕日の斜里は、一日が静かに終わろうとしている「静」の画だ。仁王の「阿形」と「吽形」といったところだ。こういう対照的なものは相性がいい。見る人間だって、「躁」が優勢の時もあるし、「鬱」が蔓延っている時だってある。2枚並べると、あの頃のオホーツクの町の一日が蘇るような気がする。そこには、それぞれの作を越えた味わいを感じる。一日の始まりに朝日の浜小清水を見て気合いを入れ、一日の終わりに夕日の斜里を眺めて静かにその日を振り返る。それが、小生の毎日の儀式だ。

ただ、大木さんもご自身の写真展で、一番のお気に入りだとおっしゃっていた名作の、向こうを張ろうなんて気は毛頭ない。写真の質や撮影の難易度は比べ物にならない。大胆不敵にも、不見識極まる記事を書いてしまったが、何とかお許しが頂けるのではないかという、淡い期待もある。この夕日の斜里は、小生にとっても一番のお気に入りの中の一枚だ。メイン料理を引き立てるための、前菜か付け合せくらいにはなって欲しいものだ。


20004652.jpg

写真集「汽罐車」に収載されている朝日の浜小清水です。以前、サイトの表紙を飾っていましたが、今は寫眞帳の釧網本線の中で見ることができます。配本の際の特典や今年のカレンダーとして写真データをお持ちの方も多いと思います。ここに並べて張り付けたい気もしますが、そこはぐっと我慢しましょう。ご本人のサイトで、じっくりご覧になってください。大木さんのサイトはこちらから。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/04(金) 00:18:40|
  2. 釧網本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (138)
飯山線 (29)
宗谷本線 (22)
天北線 (2)
興浜北線 (2)
深名線 (2)
石北本線 (8)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (5)
根室本線 (5)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (4)
留萌本線 (9)
札沼線 (2)
函館本線 (43)
室蘭本線 (9)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (1)
大湊線 (7)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (15)
八戸線 (7)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (2)
男鹿線 (2)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
陸羽東線 (1)
陸羽西線 (2)
米坂線 (5)
羽越本線 (5)
磐越西線 (3)
日中線 (4)
只見線 (59)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
総武本線 (1)
中央東線 (9)
東海道本線 (2)
八高線 (11)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (4)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (11)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
関西本線 (3)
小浜線 (1)
宮津線 (1)
山陰本線 (34)
播但線 (2)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (1)
因美線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (8)
木次線 (4)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (4)
山口線 (5)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (16)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (4)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (2)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (2)
肥薩線 (21)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
長井線 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR