FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

雨上がり

寒冷前線が通過して青空が戻って来た
残雪と瑞穂の緑が楽しめるのもあと幾許か

80017511.jpg
2019年5月 小海線

この春はずっと少雨が続いてきたが、先日久しぶりのまとまった雨が降った。水不足の地域には朗報だっただろうが、九州などでは豪雨災害の恐れもあった。降れば大雨が近年の悪い癖だ。八ヶ岳南麓は湧水群でも有名なところだ。八ヶ岳の伏流水が、標高1,000m付近のあちこちで湧き出している。湧水が干上がることはまずないので、深刻な水不足になることはない。怖いのはどちらかというと大雨の方だ。谷筋は軒並み土石流危険地帯になっており、何十年かに一度の大雨で大きな被害が出ている。昨年、一昨年の台風の大雨では、集落の中まで川のようになり、田畑が水浸しになり、床下浸水のお宅もあった。気象が激しさを増しているので、雨の降り方には本当に要注意だ。

先日の「落日そして水鏡」で田植え前の大カーブをご紹介したが、今回はその田圃のその後をお見せしたい。田植えも終わり、苗は順調に生育している。この田は酒米のため田植えが早かったが、既に近隣のコシヒカリなどの食用米の田植えも終わっている。この辺りも高齢化で、自家米中心で、出荷する農家もどんどん少なくなっている。それでも田圃を維持できていればいい方で、いよいよ体がきつくなると、手間の少ない畑に転作することになる。大カーブの内側も外側も、C56の時代からずっと田圃と決まっていたが、近頃畑に化けてしまった田圃が何枚かある。一度水稲栽培をやめてしまうと、まず再開されることはない。何時の日か、麦と蕎麦の大カーブが出現するだろう。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/23(木) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落日そして水鏡

穏やかな一日の終わりを告げる落日
そして水鏡のしじまに響くキハの足音

80017468.jpg
2019年5月 小海線

世間で進行中の10連休も残すところあと2日。こあらまは連休中の山籠もりを決め込み、畑仕事に明け暮れている。いい加減草臥れてきたので、夕日でも眺めてみようかと夕方の大カーブに向かった。途中、星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳の前を通ることになるが、いやはや観光客で賑やかだ。駐車場には他県ナンバーの車がぎっしりで、誘導の警備員までいる。経営が星野リゾートになってからというもの、駐車場の増設が続いている。経営者次第ではこんなにも繁盛するものかと驚かされる。

渋滞の中央道を掻き分け、高い料金を払って、人混みの中で連休を過ごすのもご苦労なことだ。こうやって政府主導の観光週間も過ぎてゆくわけだが、何時になったら個人や家族主導で休日を楽しめるようになるのだろうか。そもそも、仕事が趣味のような日本人。休暇とか余暇とか、仕事がない時は「ひま」ということだ。大好きな仕事のはずだが、生産性は極めて低いのが日本。仕事と遊びの区別が不明瞭な方が楽しいのかもしれない。遊ぶために働いてきたこあらまにとっては少々難解な社会だ。

久しぶりの大カーブだが、狙い目は床下通しの夕日と田圃の水鏡だ。田植えを前に田圃には水が張られたばかりだ。この田圃のオーナーとはよく話をするが、いい写真が撮れるようにと、この一枚だけ水を多く張ったとのことだ。お蔭で綺麗な水面だ。何とも嬉しい心配りだ。撮影者も田圃を思いやり、地元の方々に謙虚に行動していれば、オーナーだって応えてくれると云うものだ。ここら一帯では山梨銘醸「七賢」の酒米を育てている。一般米より田植えが早いので、この水鏡もあと数日で終わりだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/05(日) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早春賦

冬枯れの畑にも鍬が入った
残雪の八ヶ岳の郷の早春賦だ

80017282.jpg
2019年3月 小海線

凍り付いていた畑の土が解け、早くも今シーズンの高原野菜の農作業が始まった。まずは、大型トラクターで耕され、元肥となる有機肥料がすき込まれる。苗は専業農家のビニールハウスで育てられ、5月の連休の頃、一斉にマルチングされた畑に定植される。毎年繰り返されるこの高原の営みだ。ちょうど、桜が咲き、木々が芽吹くのも連休の頃だ。八ヶ岳の残雪とカラマツの新緑のコントラストが楽しめるまでには、あと2ヵ月程掛かる。春と云っても、まだまだ、氷も張るし霜も降り雪だって降る。唱歌「早春賦」の歌詞は「春は名のみの 風の寒さや」で始まる。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/10(日) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の朝

一晩中降り続いた雪が小降りになった
白い朝の待ち時間の清々しさはまた格別だ

80012813.jpg
2018年2月 小海線

2月も下旬となって、そろそろ春の兆しが見えてきた。つい先日まで、特に北海道では厳しい寒さに見舞われていたが、その寒波も去って、再び全国的に暖かさが戻ってきた。神奈川県内の河津桜も見頃を迎え、春本番はすぐそこまで来ている。小海線沿線でも、日差しが強まり、凍り付いていた地面が緩み出した。寒冷地では、冬には地面が凍るので、建物の基礎などには、それなりの対策が求められる。凍る深さは凍結深度と呼ばれ、地域ごとに目安がある。凍結深度以上の深さまで基礎を入れないと、建物が傾いてしまう。水が凍る際の膨張力は相当なもので、水道管の破裂や便器の破損なども引き起こす。水回りの凍結防止のために、冬の電気代は夏場の倍にもなってしまう。

この冬の小海線では、残念ながら、それらしい雪景色は一度も見られてない。まだシーズンが終わった訳ではないので、これからということも無きにしも非ずだが、こんなに降らない年も珍しい。朝に薄っすら雪化粧した日もあったが、積もったという程ではなかった。5年前には、山梨が陸の孤島化した大雪があり、急いで雪掻き道具を増やしたが、以来ずっと倉庫の肥やしになっている。積雪があれば、雪掻きは強いられるし、道が凍って車の運転には気を抜けないし、いいことは何もないと言ってしまえばそれまでだが、白銀の世界が見られない冬は、やはり物足りない。雪が積もったと見れば、いそいそと線路端に急ぐ身としては、やはり雪景色は在って然るべき冬の風物詩だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/20(水) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高原の青い空

小海線のキハ200形も早12年目だ
気動車のハイブリッド化の将来は如何に

70002104.jpg
2013年2月 小海線

2007年に、ここ小海線に投入されたキハ200形は、世界初のハイブリッド式の営業用鉄道車両だ。ディーゼルエンジン、リチウムイオンバッテリー、三相誘導電動機から構成されるハイブリッドシステムは、山登りと山下りの連続勾配が続く線区の方が効果が高いとされ、八ヶ岳山麓を登り降りする小海線が試験場所に選ばれた。山下りで蓄えた電力を山登りに活用しようという算段だ。勾配の関係で、駆動台車は小諸寄りに設定されている。

その後、同じ仕様のEB-E210系とEB-E300系が追加されて、リゾート列車に使われている。「四季島」や「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」も同じシリーズハイブリッド方式だが、こちらも特別な豪華列車だ。小海線でのデータ収集では、排ガスのクリーン化、燃費の向上が証明されたが、一般気動車としての量産化は聞こえてこない。やはり、対費用効果が優れないのだろうか。自動車と同様に、リチウムイオン蓄電池の価格と重量がネックのようだ。

数日前に降った雪のせいもあるのか、この日の朝は妙に空が青かった。エアロゾルと呼ばれる水滴やほこりが少ない高原では、空の青が鮮やかだ。さらには、冬の雪晴れとなれば青さは尚更だ。ピリッと冷え込んだ朝の空気の中、キハ110形とは違ったディーゼル発電機の音が響いてきた。この車両のカラーリングは、青を基調に黄色帯をまとった配色になっている。高原のイメージを表現したそうだ。確かに、高原の青い空とは、なかなかの相性だ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/08(金) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (148)
飯山線 (37)
宗谷本線 (29)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (10)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (3)
釧網本線 (9)
根室本線 (12)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (2)
富良野線 (5)
留萌本線 (10)
札沼線 (4)
函館本線 (48)
室蘭本線 (10)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (4)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (8)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (8)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (2)
三陸鉄道 (3)
釜石線 (8)
北上線 (6)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (2)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (7)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線 (62)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (10)
東海道本線 (2)
東海道新幹線 (1)
八高線 (13)
秩父鉄道 (8)
東京都電車 (5)
西武鉄道 (2)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (12)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (2)
明知鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (37)
播但線 (3)
姫新線 (4)
若桜鉄道 (2)
因美線 (3)
津山線 (2)
芸備線 (10)
木次線 (7)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (5)
山口線 (7)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (18)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (5)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (2)
唐津線 (4)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
豊肥本線 (4)
高森線 (3)
肥薩線 (22)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (3)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR