FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

もう一つの「つばめ」マーク

夏の加太にブラストが響き渡った
奈良のつばめが猛然とダッシュする

Z01502F.jpg
1973年7月 関西本線 加太

「つばめ」マークと云えば、すなわち「スワローエンジェル」の愛称を持つC622という公式になる。1951年に鷹取工場と宮原機関区の要望で、ステンレス板で作られたツバメのシルエットが左右のデフレクターに取り付けられた。その姿は小樽築港に移っても変わることなく、急行「ニセコ」の象徴的な存在でもあった。

その一方で、現役蒸気末期には、もう一両の「つばめ」マークが存在した。奈良機関区のD51831になる。かつての奈良機関区には、「つばめ」以外にも「月と鹿」、「はと」、「かもめ」のデフマークが存在した。何れも、加太越えの鷹取式集煙装置と重油併燃装置の重装備のD51に取り付けられていた。「つばめ」は元々944号機に付いていたが、廃車に伴い831号機に移植されている。この装飾は1971年から1972年にかけて施されたもので、当時のSLブームの中での「スワローエンジェル」の圧倒的な人気に肖ったものだろう。そんな出自の違いからしても、これらは元祖と比較するようなものではない。

それと、忘れてはならないのが国鉄バスの「つばめ」マークで、現在でも一部のジェイアールバスに継承されている。さらには「国鉄スワローズ」というのもあった。特急「燕」は、「富士」、「櫻」に次ぐ3番目の特急列車として登場したが、東海道・山陽新幹線の延伸により西に追いやられた。博多開業時に一旦その名は消えたが、現在は九州新幹線の列車名として復活している。つまり、国鉄にとっても、JRにとっても、「つばめ」という名は特別な存在であることが伺える。

写真は加太を出発する荷41レだ。由緒ある「つばめ」が荷物列車とは少々情けないが、煙の方はなかなか盛大だ。勿論、人気取りの装飾はご遠慮頂きたいところだが、まあ、このくらいのワンポイントマークであれば、目くじらを立てるほどではあるまい。今年の夏は、コロナと猛暑でうだうだ過ごしているが、蒸気を追いかけていた頃の行動力が懐かしい。炎天下の線路を歩き回るのも決して楽ではなかったはずだ。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/08/14(金) 00:00:00|
  2. 関西本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

不遇の形式 C50

どこから見ても太っちょのハチロクだ
それが災いしたのか殿堂入りも逃した

02331F16.jpg
1972年4月 関西本線 亀山

現役蒸気末期までこの形式は生き残っていたが、何とも人気かなくパッとしない印象だった。本線上の営業運転は1968年の両毛線が最後で、その後はこうした入換に専念していた。写真はC50のラストナンバーの154号機になる。その両毛線の小山からここ亀山に流れてきた。この形式は、ハチロクを近代化することが目的だったが、重量化したのが仇となって、結局ハチロクよりも先に営業現場を離れることになった。梅小路蒸気機関車館への殿堂入りにも落選したが、それでも6両が在野で静態保存されている。

写真は、荷物車の入換作業になる。これから何処往きだかの客車列車に連結するのだろう。こんな地味な作業がこの罐の余生だ。後ろに見えるのは、亀山機関区の巨大な給炭設備だ。加太越えの重装備のデゴイチの姿も見える。この時代、亀山には関西線、紀勢線のD51やC57が犇めいていたが、当時としては珍しく機関区へ入ることが難しく、本線越しに機関区を眺める羽目になった。このラストナンバーは、亀山でデフなしトラ塗になったが、前年の国鉄100年の映画出演でトラ塗は消され、その姿で廃車となった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/01(水) 00:00:00|
  2. 関西本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的「45年前の”今日”へ」 関西本線

45年前の今時分も炎天が続いていた
そこには蒸気を追いかけた熱い日々があった

04830F16.jpg
1973年7月 関西本線 柘植

夏休み入って間もない45年前の昨晩、酔っぱらいの定番帰宅列車の東京発23:43の143M大垣行きに乗車した。名古屋で07:22発の関西本線の333Dに乗り換えて、45年前の今日の09:40に加太に降り立った。まずは、加太に1時間程停車する荷41レと対面して、久し振りの石炭の匂いを満喫する。牽引機はツバメマークの831号機だった。その後は、中在家側の有名な「加太の大築堤」には行かず、反対方向の関側に向かっている。小学生の弟を連れて蒸気を撮りに来ていたご兄弟とご一緒し、トンネルの出口にある小さな鉄橋の下を流れる川に降り、川に入って「月と鹿」の882号機が後補機に付く貨物列車を撮っている。先日、あるブログ を拝見していて、そのトンネルと鉄橋が、坊谷隧道、坊谷川橋梁という名であることを知った。その時の3人が写った記念写真が残っているので、アップしてお二人を探したいところだが、そこはグッと堪えよう。

加太は早々に終わりにして、13:35の338Dで亀山に向かう。頻繁に入換作業が続く亀山は、当時、既に立ち入ることが難しい機関区になっていたため、傍目からC50の入換や、D51の発着を眺めた。参宮線のC57を鈴鹿川橋梁で撮って、こちらも早々に引き上げて、15:23の341Dで、今度は柘植に向かう。柘植では、加太越えの後補機の連結、解放が行われるため、給水、給炭、転車などの設備が整っていたが、こちらではほぼ自由に構内を歩き回れた。日が傾いてきたヤードで休むD51885の雄姿を、精緻な形式写真風に残そうと、珍しく三脚にカメラを据えた。ついでに、セルフタイマーで自身の記念写真も撮ってみた。今となっては、蒸気だけよりも当時のことが偲ばれるのではないかと、恥を忍んでこんな写真を上梓してみた。当たり前のことだが、45年前は本当に若かった。それは、現役蒸気の方々は皆一緒だ。若かりし頃の、45年前のあの夏の日に思いを馳せて欲しい。夫々の煙の思い出が蘇るはずだ。

夏の夕刻まだまだ明るいが、柘植を16:49発の713D急行「くまの」で京都へ向かう。そして、京都18:15発の長崎行き203レ「雲仙3号」の人となった。既に何回か訪れていた関西線を軽いメニューにしたのは、翌日から始まる山陰線、山口線、三江北線を訪ねる長旅が待っていたからだ。山陰線の西の玄関の下関に着くのは、45年前の明日の早朝の04:35となる。


04802F16.jpg
加太駅の荷41レ ツバメマークのD51831


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/07/24(火) 00:00:00|
  2. 関西本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

荷物列車の時代

夏の草いきれの中、D51牽引の荷物列車が到着し、何時ものように小荷物の積み降ろしが始まった
こんな人里から離れた山間の小駅でも、鉄道小荷物が送り出され、届けられていた

04804F16.jpg
1973年7月 関西本線 加太

今の世の中、宅配便は無くてはならない存在だ。クロネコ、飛脚、ペリカン、カンガルー、こぐま・・・などなど、選択肢も色々ある。通販が急速に広がるに連れて、宅配便もますます盛んだ。冷凍や冷蔵の取扱も一般的になった。今や、通販サイトでクリックすれば、翌日に品物を手にすることも出来る便利な時代になったが、1976年にクロネコが参入するまでは、荷物を送る手段は、郵便小包と鉄道小荷物の二つしかなかった。

現役蒸気が活躍していた時代、鄙びたローカル線であっても、多くの駅には、発券の窓口と小荷物の窓口が、隣り合って設けられていた。小荷物の窓口の向こうには、昔風呂屋にあったような秤が鎮座していた。駅舎の軒下には、小荷物を運ぶためのリヤカーが必ず置いてあった。鉄道が全盛の時代、荷物や貨物の輸送でも、大きな役割を果たしていた。

そんな鉄道小荷物の取扱が盛んだった頃、本線筋には荷物専用の列車が走っていた。夏の草いきれの中、亀山方面からの荷物列車が待避線に到着し、荷物の積み降ろしが始まった。その傍らで、編上げ靴にヘルメット姿の保線の3人組が点検作業を始めた。草むしりをしているのは、どう見てもナッパ服の上着を脱いだ機関士のようだ。夏にはこういう姿をよく見かけた。何となく懐かしさが込み上げてくるような国鉄時代の駅の眺めだ。その後、クロネコ勢力に屈した鉄道小荷物は、1986年に廃止された。加太も待避線が撤去され、駅も無人化されてしまった。

この関西本線の荷物列車41レの加太越えの姿がこちらでご覧になれます。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/25(金) 00:36:13|
  2. 関西本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

43年前の“今日”へ 関西本線

関西本線加太駅のホーム盛り土には年代物の桜があった。
43年前の今日、調度その桜が咲き始めていた。

0230516.jpg
1972年4月 関西本線 加太-中在家信号所

諸兄の「40年前北海道コラボ」がひと段落したところだが、習慣というのは恐ろしいもので、つい今日の日付の過去を探してしまった。
ありました。43年前の今日が。関西本線の加太越えに行っていた。

昨日の関東地方は愚図ついた空模様で、時折弱い雨も降り、桜が満開の週末だというのに、生憎の天気となってしまった。今日も雨が降る予報だ。43年前の加太越えは、昼過ぎまで本降りの雨で、同じように生憎の一日だった。慌てて撮ったと思われる一枚に、画面上半分にビニールが写っていた。昔よくやったドジだ。

天気が悪い分、気温が低く、湿度が高い。おまけに空転気味だ。暴煙とはいかないまでも、盛大な煙と言えるだろう。悪天候で前照灯が眩しい。こんな天気だが、有名なお立ち台だけあって、この日も10名近くの同業者が屯していた。


20004582.jpg
行きに乗った4月4日発の急行「紀伊」の急行券・寝台券 
この切符の用紙の柄は蒸気の動輪を模ったものだ

東京から関西本線の撮影に便利なのは、やはり夜行の急行「紀伊」だった。ただし、大きな問題があった。それは、「紀伊」には自由席がなく、寝台とグリーンしかなかったことだ。大枚をはたいて手にした切符での出撃だ。どんなに雨が降ろうとも、列車が来る限り最後まで撮影を続けたことは、言うまでもない。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/05(日) 00:30:43|
  2. 関西本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR