駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

夏のデゴイチ街道

雪と氷から解き放された季節を楽しむかのような走りだ
暗闇に丸く浮かんだ旋回窓が短い夏を見つめる

08515F16.jpg
1974年8月 室蘭本線 栗山

栗山、栗丘、栗沢は、室蘭本線の連続する栗の付く3駅だ。何回か訪れたことがあるが、列車本数が多いというだけで、これといった魅力のある場所がある訳でもなく、南の筑豊本線と似たような性格の場所だった。気力のある時は、役目を終えようとしていた夕張山地へと延びる炭鉱路線に足を運んだが、私鉄各線は次々と縮小、廃止されていった。そんな訳で、疲れを癒すために訪れていたような線区だったため、撮影場所の記憶も希薄で、どこがどうなっていたのか殆ど思い出せない。おまけに、下り線の栗山トンネルが崩壊して単線化されてしまい、現在の地図で旧下り線のポイントを特定することも難しくなってしまった。

さて、この場所はどうやら上り線の新栗山トンネルの栗山側の出口ではないかと思う。トンネルの上には国道らしき車道が通っており、道路除雪のためかシェイドがあるのが根拠だが、下り線の栗丘出口は片面がコンクリート法面だったはずなので、消去法といえなくもない。となれば、この左手に下り線の栗山トンネルがあるはずだ。崩落した栗山トンネルは、そのまま放置され、アーチ構造の覆道状で西側が抜けているため、隧道内が明るく徘徊するには好都合で、国道沿いということもあり、廃墟ファンに人気の場所になっているようだ。現役蒸気時代は列車本数が多く、並行する道もあったので、隧道を抜けることはなかった。

その新栗山トンネルを抜けて来たデゴイチは、岩見沢第一の915号機だ。1944年製の木製代用部品を多用した戦時簡易型として出場したが、その後、標準仕様に改装されている。追分の同族とともに国鉄現役蒸気機関車の最晩年まで走り続けた罐のひとつだ。デゴイチは大所帯だったので、人気は今一つ芳しくなかったが、こうして見るとなかなか均整のとれた凛々しい姿をしている。特に北海道形の切り詰めデフの正面は引き締まって見える。ものには美しく見える角度というものがあると思うが、この下から見上げるアングルは、特に格好良く見える。しかしながら、今ではこんなアングルはNGということでご了解のほどを。


スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/26(水) 00:30:00|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

北の米どころを往く

いつしか北の大地は瑞穂の国になった
どこまでも広い北の米どころをコンテナ貨物が往く

70009923.jpg
2016年7月 室蘭本線 長和

美味い米の銘柄で、宮城のささにしきと新潟のコシヒカリが競い合っていたのはもう昔話だ。ゆめぴりか、ななつぼし、ふっくりんこ、きたくりん、きらら397、ほしのゆめ、ほしまる。どれも、人気の北海道米の銘柄だ。今や北海道は新潟と一、二位を競う米どころとなった。以前は食味ではコシヒカリには大きく水を開けられていたが、品種改良の結果、特A米のゆめぴりか、ななつぼしが登場し、一気に美味いコメの代表入りを果たした。

北海道の米は産地は、夏の気温が高い西部内陸の空知・上川だ。函館本線の岩見沢辺りから旭川までが一番の米どころだ。一昔前は宗谷本線の名寄までだった北限は、現在は美深まで北上している。ここ胆振の一部でも、太平洋岸ではあるが、やませが入り難い地形を利用して米が作れられている。向こうに太平洋が広がる長和の水田を往く室蘭線の列車も、米どころ北海道の撮影地となった。すぐ隣には、北の湘南を自称する伊達が控えている。

温暖化の影響でコシヒカリの食味は下降気味という。対する北海道の気候は、米作りには良くなるばかりだ。もし、自由にコメが作れる世の中だったら、大規模化が可能な北海道の優位は揺るぎないものになるだろう。何だかんだと、寂しさばかりが伝えられる鉄道界の北海道だが、本来の強みである広大な土地を生かせないのは何とも不幸なことだ。八郎潟でもあの様だが、コメを満載した北の大地のDF貨物が大都市を目指す光景を見たいものだ。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/16(日) 00:30:00|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海辺の駅

その駅は、集落から砂利道を下った海辺にある
休日のその日は、部活帰りと思われる高校生の姿があった

80006179.jpg
2016年7月 室蘭本線 北舟岡

先日室蘭本線北舟岡駅のDF200の画をご紹介したが、この駅に寄った本当の目的は、DF貨物やスーパー北斗を撮るためではなかった。ただ、その日は、不運にも日曜日で、幸か不幸かカシオペアが運行される日だった。駅には、通過まで3時間以上もあるというのに、カシを狙う多くのファンが車で詰めかけていた。飛行機で着いたばかりという方もおられた。相変わらず凄い人気だ。彼らの被写体ではない普通列車の発着に際しては、何をしているのかホームのあちこちに出没する。駅前には車が並び、出入りも激しい。これでは到底こちらの撮影はやってられない。多勢に無勢では為す術はなく、こういう日に来たことを恨むほかない。色々な意味で人気列車をチェックしておく必要性を痛感させられた一日だった。想定していたよりかなり長いレンズで、破れかぶれで切り抜いてみた。夕日までの予定だったが、早々に海辺の駅を後にした。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/22(月) 00:30:00|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の湘南

内浦湾を望む温暖な地に、環境と福祉の伊達がある
市街地を抜けて海を横目にコンテナ列車が札幌貨物ターミナルを目指す

80006142.jpg
2016年7月 室蘭本線 北舟岡

起源は中国の長沙国湘南県にあるらしいが、日本での「湘南」の定義は極めて曖昧で、何処を指すのかは決まりが無いが、神奈川県の相模湾沿岸一帯と言っておけば文句が出ないだろう。明治期には相模川より西の地域が湘南とされ、藤沢や鎌倉は湘東とされていたが、海と太陽、若者とサザンなどの明るい観光イメージによって「湘南」という名が広く浸透するにつれ、湘南地域も拡大していった。鉄道界にも、「湘南列車」、「湘南電車」、「湘南色」、「湘南新宿ライン」など、湘南を冠する名称が多々あるが、東海道線の東京から小田原・熱海・沼津間の列車が湘南名を頂く対象となってきた。

さて、画の後ろに見えるのは、環境と福祉に取り組む北海道の伊達市の市街だ。同名市の福島県の伊達市が、伊達氏の発祥の地であるが、こちらは、その分家が治めた土地になる。駅名は、旧国鉄が重複を嫌ったため、分家は「伊達紋別」となった。紋別(紋鼈)というのは、この地が伊達になる前の地名ということだ。この北海道の伊達市は、誰が言い出したのかは知らないが「北の湘南」を標榜している。本家筋から来た者としては、どの辺が湘南ですかと言いたくなってしまうが、それは意地悪というもんだ。海辺の温暖な土地のイメージが欲しかったわけで、それだけ湘南が卓越したイメージになったということだろう。

「北の湘南」の目論見は、道内では雪が少なく温暖な土地柄を生かして、札幌などの積雪地帯からリタイア組の移住を受け入れ、その資金力によって地域経済の衰退を防ぐことにある。道産子は北海道への愛着がとても強く、道外には出たがらないので、伊達は老後を過ごすには調度良い場所として脚光を浴びた。当初は人口も増え、地域経済も持ち直すかのように見えたが、移住者が何時までも元気なはずがない。彼らに介護が必要になった時、 色々な問題に突き当たった。やはり、持続可能な社会の理想は、均整のとれた安定した年齢構成だろう。それには、若者にとって魅力のある産業が創出できるかに掛かっている。国は都市部の高齢者の地方移住を促進しているが、伊達の例からもそう上手くいくものではない。現代版楢山節考にならないことを祈りたい。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/18(木) 00:30:00|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淡き春

礼文華にも、水彩画のような新緑の季節がやって来た
優等列車の合間を縫って、単行キハが大カーブを渡って往く

80001973.jpg
2015年5月 室蘭本線 礼文

春の新緑の、それも始めの頃、その緑がとても淡く見える一時期がある。まるで、水彩画を見るような風景に出会うことがある。寒いような、暖かいような、北の大地で戸惑いながら進む春先の空気感がそうさせるのか。ちょっと湿り気を帯びた曇天の気怠さがそうさせるのか。それとも、北海道色のボディーカラーが醸し出した幻なのか。ファインダーの中には春の虚ろな世界があった。

ここ礼文の大カーブを訪れる方のお目当ては、大概は長い特急や貨物の編成美を、見通しよく捉えることだ。札幌と行き来する列車は、急ぎ足で脇目も振らずに通り過ぎて往く。一方、ここを通る普通列車は極めて少ない。礼文華の峠は渡島と胆振の総合振興局の境でもあり、室蘭本線の一番の秘境地帯だ。文化圏も分かれているのか、この峠を越えて行き来する地元住民は多くはない。やって来るのは岩礁海岸で大物を狙う太公望くらいのものだ。

貴重な普通列車の通過を知らせる踏切警報機が鳴りだしたが、一向に列車が現れない。何分経っただろうか。手持ちの長玉の重さがずしりと堪えてきた頃、やっとエンジン音とジョイント音が聞こえてきた。キハ40の単行は、この大カーブには如何にも小さい存在だ。車体を傾けてゆっくりと大カーブを曲がり長万部へと去って行った。まるでレイアウトを走る鉄道模型を見ているかのようだった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/14(木) 01:09:15|
  2. 室蘭本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

小海線 (108)
飯山線 (20)
宗谷本線 (13)
天北線 (1)
興浜北線 (1)
深名線 (1)
石北本線 (7)
渚滑線 (2)
湧網線 (1)
相生線 (3)
釧網本線 (3)
根室本線 (2)
池北線 (1)
広尾線 (2)
留萌本線 (7)
札沼線 (1)
函館本線 (38)
室蘭本線 (8)
千歳線 (1)
日高本線 (3)
江差線 (11)
大湊線 (5)
津軽鉄道 (1)
五能線 (3)
八戸線 (3)
花輪線 (1)
三陸鉄道 (2)
釜石線 (8)
秋田内陸縦貫鉄道 (3)
由利高原鉄道 (1)
米坂線 (2)
磐越西線 (1)
日中線 (3)
只見線 (46)
真岡鐡道 (14)
東北本線 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (3)
東海道本線 (2)
八高線 (10)
秩父鉄道 (7)
西武池袋線 (1)
西武山口線 (1)
江ノ島電鉄 (10)
箱根登山鉄道 (3)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (1)
関西本線 (2)
宮津線 (1)
山陰本線 (29)
播但線 (1)
姫新線 (3)
津山線 (1)
芸備線 (6)
木次線 (1)
三江線 (3)
山口線 (5)
日豊本線 (14)
筑豊本線 (9)
日田彦山線 (2)
伊田線 (1)
後藤寺線 (1)
田川線 (2)
唐津線 (3)
松浦線 (3)
佐世保線 (1)
大村線 (1)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (4)
豊肥本線 (3)
高森線 (2)
肥薩線 (18)
くま川鉄道 (1)
日南線 (3)
宮之城線 (1)
指宿枕崎線 (2)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR