FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

確かにそこに駅は在った 広尾線 愛国

「愛の国から幸福へ」。1973年放送の「新日本紀行」で「幸福への旅」として紹介され、一躍大ブームとなった。

1922年に制定された改正鉄道施設法には、苫小牧から鵡川、浦河、広尾を経由して帯広に至る鉄道路線が記載されている。苫小牧と帯広の両端から工事が始められ、西側の日高本線は1935年に様似に達し、東側の広尾線も1932年には広尾まで開通していた。しかし、様似-広尾間は開通することはなく、国鉄バス襟裳線によって連絡されていた。愛国駅は1929年の帯広-中札内間の開通時に設置されている。一方、幸福駅は1956年に仮乗降場として生まれ、直後に駅に昇格している。

こあらまが最初に広尾線を訪れた際には幸福駅に降り立った。ブームが始まる前で、駅には1ドア分のホームしかなく、正確には降り立ったのではなく、デッキから雪の中へ飛び降りる羽目になった。愛国周辺も事前調査していたが、防風林の只中にある幸福をターゲットとして選んでいる。その後、何回か広尾線を撮っているが、現役蒸気時代に愛国を訪れることはなかった。無煙化後の旅で初めて愛国に降りたが、駅周りに被写体がなかったのか、次の列車で直ぐに幸福に向かっている。

一大ブームによって、爆発的に愛国から幸福行きの乗車券が売れ、ブーム最盛期の1974年には、広尾線全体の営業係数が大幅に改善したが、熱しやすく冷めやすい日本のことだ、瞬く間に熱は冷め数年で元の状態に戻ってしまい、1984年には第2次特定地方交通線に指定された。十勝港からの海産物等の貨物輸送のためキューロクの牽く定期貨物列車も設定されてはいたが、北海道有数の大規模畑作地帯のため人口密度も低く、残念ながら地域内人員輸送はついぞ上向くことはなかった。

写真はブームもひと段落した1977年の愛国駅だ。例によって帯広から始発列車で向かったが、下車したのはこあらま唯一人だった。1974年には無人化されていたが、1979年の駅舎改築前で初代木造駅舎が残っていた。周囲に遮るものはなく、十勝晴れの寒風が吹き渡っていた。駅のずっと向こうに防風林が見えるが、やはり防風林狙いなら幸福が手っ取り早かった。ちなみに、愛国という名は、当地の開拓者集団が「愛国開拓団」を名乗っていたことによるとされるが、その先は分からない。

愛国駅は幸福駅と共に、1987年2月2日の広尾線84.0kmの廃線に伴い廃駅となった。


16728F.jpg
1977年3月 広尾線 愛国

この「愛の国から幸福へ」ブームの際には、芹洋子の歌もヒットし、彼女の出世作にもなっている。写真は何気なくとってあったものだが、詳細は失念してしまった。国鉄のキャンペーンか何かで、芹洋子のレコードが当るといった類のものだったような気がする。愛国のホームに立つ女性のいで立ちが、如何にも時代掛かっている。若かりし芹洋子の顔もある。こあらまと同じ1950年代の生まれだが、こあらまよりはかなりお姉さんになる。当時のこあらまはもっと若かったことになる。


70021024.jpg


さて、現在の愛国駅もご紹介しておこう。広尾線の廃線後も、愛国、幸福、虫類、大樹の4駅の駅舎が残されている。愛国と幸福は、帯広市の交通公園になっている。以前の記事で幸福はお伝えしている。愛国には線路上に19671が保存されている。広尾線のさよなら列車も牽いているが、小樽築港のゼブラの入換機だった罐で、現役蒸気末期の盥回しで、広尾線で最後の数年を過ごしている。保存状態は露天の割には良さそうだ。こうして眺めていると蒸気はやっぱり特別だ。北の大地を駆け抜けたキューロクの力強いフォルムは開拓者の面構えだ。


70009396.jpg
2016年7月 旧広尾線 愛国駅交通公園

70009393.jpg


70009394.jpg


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/11/19(火) 00:00:00|
  2. 広尾線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幸福な時間

幸福駅はあの日と同じように、ジャガイモ畑の落葉松防風林の脇にあった
静かに眠り続けるキハ22の車内には、僕らの幸せの時間も眠り続けている

80005612.jpg


早いもので広尾線の無煙化から41年、廃線からも29年が経った。あの幸福駅は一体どうなったのだろうか。幸福駅が脚光を浴びる切っ掛けになったのは、1973年3月に放送された「新日本紀行」の『幸福への旅~帯広~』とされている。愛国から幸福行きの切符は、随分な売れ行きだったようだが広尾線を救うまでにはいかなかった。廃線後も観光駅として整備されていることは知っていたが、わざわざ行くにはさすがに遠過ぎる。2016年7月、たまたま別用でこの辺りを通り掛かったので立ち寄ってみることにした。ミーハーな観光地と言ってしまえばそれまでだが、行けば行ったで懐かしさが込み上げてくる。ちょっとだけあの日が蘇るのではという思いからご紹介したい。


80005633.jpg


80005630.jpg


この鉄道公園には、線路、ホーム、駅舎、そして車番221と238の2両のキハ22と除雪用のモーターカーが保存されている。現役蒸気世代としては首都圏色が少々残念だが、嬉しいことに車内は見学自由で、あの寒冷地仕様の板張りの床とご対面することができる。駅舎は老朽化のため再建されており、少々風情の無いものになってしまっている。駅が現役だった頃は、名刺や学生証などもたくさん貼ってあったが、さすがに今は時代が時代だけに個人情報のある貼り物は見当たらない。


80005619.jpg


80005620.jpg


80005622.jpg


以前、幸福駅を往くキューロクの「落葉松並木の道」という記事をアップしたが、その記事に頂いたくろくまさんのコメントを是非読んでもらいたい。現役蒸気を追った世代が共有する、朝の広尾線へのアプローチが生き生きと綴られている。そして、続く世代の多くの方もキハ22のお世話になっていることだろう。旧客列車は撮ることが多く、移動はもっぱらキハに頼っていたので、車内の懐かしさという点では、こちらの方が上だろう。この車内で、わくわく感一杯で目的の駅を目指し、疲れ切った体を癒し、暖を取った。今考えれば、この車内で過ごした年月は、本当に幸福な時間だった。


80005627.jpg


80005632.jpg


先日、英国の保存鉄道のことを書いたが、この広尾線の帯広-中札内間などは保存には恰好の路線だろう。十勝帯広空港までの枝線を増設し、愛国のキューロクでも復活させれば、一躍人気路線になっていたはずだ。レールが剥がされてしまった現状からの復帰は難しいだろうが、何時かまた幸福駅が本物の鉄道駅に戻れる日が来ることを期待したい。


80005636.jpg


70009389.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/20(土) 00:30:00|
  2. 広尾線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

落葉松並木の道

その朝、落葉松の防風林は霧氷に被われた
その並木の中を、まるで幻のようにキューロクが現れた

10122F08.jpg
1975年3月 広尾線 幸福

この帯広の広大な畑は、北海道の各地にみられるような官製の屯田兵によるものではない。この地の本格的な開拓は、1883年に依田勉三によって現静岡県松崎町に結成された「晩成社」27人の入植に始まる。入植当時から春先の強風から作物を守るために耕地防風林として落葉松が植えられた。

小生が、帯広の落葉松の防風林の映像を見たのは、某放送協会の「新日本紀行」というテレビ番組でのことだ。樹木好きの小生は、それ以来、何時かこの防風林の中を走るキューロクを見たいと思った。国土地理院の地図を眺めては、訪れることのできない撮影場所を、暫くは想像するだけだった。帯広は畑も防風林も規模が大きく、容易に地図から落葉松並木の場所を察することが出来た。帯広から北に伸びる士幌線、太平洋岸へと続く広尾線。しかし、防風林に限れば広尾線だ。それも、愛国、大正、幸福という開拓地らしい駅名の辺りだ。

当時の幸福駅は、まだブームになる前で、ドア一つ分のほんの数mのホームと極小さな木造駅舎があるだけで、周りに民家も無かった。もちろん無人駅だ。駅舎の中には、北海道を旅する若者のメッセージや定期券が所狭しに張ってあったが、この駅で旅行者やキューロクの撮影者に会うことは最後までなかった。
何回か訪れた後のこの朝、やっと思い描いていた光景に巡り会えた。放射冷却によって作り出された霧氷に被われた落葉松並木。小雪が舞い、薄らと霧に包まれた乳白色の世界。まるで幻を見るかのように、キューロクはその姿を現した。何年も待ち望んできた情景に、一瞬寒さを忘れた。


この落葉松防風林は、士幌線の名士でもある くろくまさん も紹介されています。くろくまさんの、きめの細かい美しい帯広の雪景色と併せてご覧いただければ幸いです。

  1. 2015/01/26(月) 01:43:38|
  2. 広尾線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (181)
飯山線 (50)
宗谷本線 (37)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (15)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (4)
釧網本線 (14)
根室本線 (23)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (7)
留萌本線 (11)
札沼線 (5)
函館本線 (55)
室蘭本線 (16)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (3)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (5)
江差線 (11)
函館市電 (2)
大湊線 (9)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (3)
五能線 (16)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (4)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (5)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (4)
仙石線 (1)
陸羽東線 (2)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (8)
羽越本線 (6)
磐越東線 (1)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (40)
只見線・小出口 (31)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (11)
東海道本線 (3)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (17)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (6)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (22)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (1)
関西本線 (3)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (39)
山陽本線 (2)
播但線 (3)
姫新線 (6)
若桜鉄道 (5)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (8)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
予土線 (2)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (21)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (4)
佐世保線 (1)
大村線 (3)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
肥薩線 (27)
くま川鉄道 (2)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
牟岐線 (1)
予讃線 (1)
土讃線 (1)
とさでん交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR