FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

微妙な大御所木造駅舎

見るからに微妙な傷み具合だ
雪国の木造駅舎を守るのも大変だ

70024930.jpg
2020年11月 富山地方鉄道 本線 舌山

風情ある木造駅舎と、ただボロいだけの駅舎とは紙一重のようにも思えてくる。この駅舎は、1922年に黒部鉄道の駅として開業した当時からのもので、御年98歳ということで木造駅舎としては大御所の部類に入る。2010年に現在の塗装となったが、それ以前は下見板張りの木肌が見て取れる素朴な外観だった。この色の被膜塗装の方が、木材を保護するのには良いのだろうが、塗膜が劣化した際の荒廃感は半端でない。同様の状態の駅舎を近在に見ることが出来る。施設維持の資金に窮する地方鉄道の台所事情が透けて見えるような駅舎の外観だ。この舌山以外にも、富山地方鉄道には統合前の各社各様の色々なタイプの古い木造駅舎が目白押しで、駅舎を見て回るだけでも面白い鉄道だ。

さて、この舌山駅から徒歩10分足らずの400m程西に、新黒部という駅が2015年に新設されている。北陸新幹線の金沢開業の際に、黒部市内に新黒部宇奈月温泉駅が新設されたが、交差する富山地方鉄道本線には接続駅としてコンクリートの新黒部駅が整備された。その経費は国、富山県、黒部市が全額を負担している。富山地方鉄道は私鉄扱いだが、実態は富山県と電力会社が主体の第三セクターのため、こうして公金を注ぎ込みやすい環境にある。新黒部の開業で舌山は廃止かと囁かれたが、どっこいしぶとく生き残っている。周囲に民家もない新駅に100年来の由緒ある駅を移動できる筈もなく、新黒部に交換設備を造らなかったことからも初めから移設という前提は無かったようだ。


70024936.jpg


70024925.jpg


この鉄道の車両は、1980年前後に自社発注で新造された14760形がメインだが、その後の老朽車両の置き換えでは大手私鉄のお下がりで凌いでいる。もっとも幅を利かせているのは、このカボチャ色の元京阪の10030形になり、京阪時代を彷彿させるダブルデッカー編成もあるようだ。列車は宇奈月温泉から戻ってきた上りの電鉄富山行きで、駅舎の向かいのホームには小さな待合所がある。


70024931.jpg


70024933.jpg


ホームにある待合所の中を覗いてみよう。例によって、地元の世話好きなおばさんの手によると思われる座布団が並んでいる。その上には少々理解に苦しむ張り紙がある。富山県は文化水準の高い地域だと勝手に思い込んでいたが、必ずしもそうではなさそうだ。悪ふざけの通学生徒か、酔っぱらった仕事帰りのおっさんの仕業だかは知らないが、同様の張り紙が何枚かある。思わずアンモニア臭がしてきそうだ。


70024941.jpg


そうこうしていると、今度は宇奈月行きの下りの列車が到着した。こちらは、どう見ても元東急だろう。また同じホームに入線した。どうやら駅舎側のホームは交換時のみの使用で待避線扱いのようだ。京阪、東急と来て残るは西武だ。元西武池袋線沿線民としては、あまり好きな顔付ではなかったが、日頃馴染みにしていた「レッドアロー号」を見てみたかったが、それは次回のお楽しみということになった。


70024935.jpg


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/12/12(土) 00:00:00|
  2. 富山地方鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR