FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

坂本雨情

112年の歴史で最大のピンチだ
相当な難問だが再起を祈りたい

80008920.jpg
2017年4月 肥薩線 坂本

この時も、球磨地方は、写真にはっきり写る程の激しい雨が、未明から降り続いていた。それでも、球磨川はかなり増水していたものの濁りはなく、氾濫などは全く念頭にはなかった。どれだけの雨が降ると、今回のような大惨事になってしまうのだろうか。これまで経験したことのない降りだったというから、想像を絶する事態だったのだろう。状況が急激に悪化したのが夜間だったのも災いした。今回も、集落全員で避難して難を逃れたケースがある。毎度のことながら、速やかな避難が命を守ることは明らかだ。

この坂本駅にも濁流が流れ込み、待合室が泥に埋まってしまった。この駅が開設されたのは1908年だが、112年間の駅の歴史にこんなことは記録されていない。駅は山側にあり、球磨川との間には小さな集落がある。集落がどうなったかは容易に想像できる。坂本は球磨川本支流に点在する多くの小さな集落からなっている。駅の傍の球磨川には坂本橋が架かっており、対岸の坂本中学校が避難場所になっているが、肝心のその坂本橋が流されてしまっては、逃げ遅れたら自らの判断で避難する場所を探すしかない。

悲しいことに、コロナ禍で県外のボランティアが被災地に入れない。災害救援のNPOの活動も制限されてしまっている。一方で、寄付金は予想以上の額になっているようだ。東京の熊本県のアンテナショップは大盛況らしい。世の中なかなか捨てたもんじゃないが、こんなご時世の中、「GO TO キャンペーン」が始まるそうだ。コロナさえ何とか出来れば、「GO TO ボランティア キャンペーン」に看板の掛け変えを迫りたいところだ。ちなみに、あるアンケート結果では、この機会に「旅行します」は18%だったそうだ。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/13(月) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

球磨川第一橋梁流失

瞬く間にあの名橋が球磨川に消えた
またしても大雨が鉄路に襲い掛かった

80008934.jpg
2017年4月 肥薩線 鎌瀬 球磨川第一橋梁

昨日未明に、熊本県を中心に激しい線状降水帯が出現し、球磨川流域で記録的な大雨となった。球磨川が全域で氾濫し、各地で土砂崩れも発生した。新型コロナ渦の最中の自然災害で、まさに弱り目に祟り目の出来事となった。ニュースが伝える被災地には、馴染みの肥薩線川線沿線の地名が連呼されることになった。被災地映像に肥薩線の線路も写るが、どの程度の被災状況なのかは想像がつかない。少なくとも、あの名橋の球磨川第一橋梁が流失し、人吉駅が駅前の商店街とともに水浸しになったということだ。くま川鉄道の方も、球磨川氾濫で相当な被害のようだが、現況についてはまだ見えてこない。

まずは人命救助が先だが、それがひと段落すれば、物的な被災状況も徐々に明らかになっていくだろう。3年前の九州北部豪雨では、日田彦山線が被災し、先日鉄道での復旧は断念された。2年前の西日本豪雨では、中国地方の多くの路線が長期の運休を余儀なくされた。今回の豪雨では、肥薩線の山線や肥薩オレンジ鉄道の状態も大変気掛かりだ。特に、肥薩線はJR九州の中でも指折りの閑散路線だ。それでも、八代-人吉間は肥薩線内では乗客の多い区間だ。人吉の復興には肥薩線の観光列車が欠かせないが、JR九州への国の支援は見込めない。まさかの廃止は考えたくないが、その去就が注目される。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/05(日) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらの日に 瀬戸石の一本桜

春先の桜雨に川霧が絶えない
球磨の流れに沿って川線が往く

80008969.jpg
2017年4月 肥薩線 瀬戸石

川線とはよく言ったものだ。水面との距離を保ちつつ、線路は上流へと続く。

★只今、自動更新で「さくらの日に」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/26(日) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらの日に 盛者必衰の理あり

幹線機関区も今は跡形を偲ぶのみ
広がる空き地には桜の花がちらほら

80009082.jpg
2017年4月 肥薩線 吉松

罐の煙に霞んだ鉄道の町吉松も遠い昔話。次第に小さくなっていく構内に、桜が増えていく。

★只今、自動更新で「さくらの日に」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/16(木) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらの日に 嘉例川の桜並木

使われなくなったホームが花壇のようだ
若い桜並木が嘉例川の新しい春の顔だ

80009143.jpg
2017年4月 肥薩線 嘉例川

開業以来の文化財駅舎は立派に保存されているが、使われなくなった島式ホームがちょっと残念だ。

★只今、自動更新で「さくらの日に」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/04/06(月) 00:00:00|
  2. 肥薩線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (191)
飯山線 (54)
宗谷本線 (43)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (16)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (26)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (1)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (5)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (33)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (12)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (17)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (25)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (3)
山陰本線 (41)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (5)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (8)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
山口線 (7)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
氷見線 (1)
錦川鉄道 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR