FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

城好き

特急「宇和海」が大洲の城下町に入った
平成の木造天守が行き交う列車を見守る

80018889.jpg
2020年4月 予讃線 西大洲

撮影旅行を続けていて、何時しか必ず寄り道するようになったのがお城だ。理由は上手く説明できないが、何故か足が向いてしまう。城の象徴は天守だが、天守の在る無しはあまり関係ない。当時の石積みや地形などの遺構が残っていれば十分で、逆に史実に基づかないで再建されたコンクリート天守などはもっての外で、古の想像の邪魔になるだけで無い方がましだ。天守や天守台から城下町を眺めるのも格別で、その土地の歴史に思いを馳せることができる。さすがは天守だけあって、城下を往く鉄道が俯瞰できることも多く、そちらも楽しみの一つだ。

写真は大洲城になる。城の造営は、鎌倉時代末期の伊予宇都宮氏に始まる。その後、小早川隆景、戸田勝隆、藤堂景虎、脇坂安治、加藤貞泰と云った名大名らによって、近世城郭の姿が形成されていった。現存の4棟の櫓は明治維新後の破却を免れた国指定の重要文化財だが、同じく残された天守は老朽化のため1888年に解体されてしまう。2004年に大洲市市制施行50周年記念事業として、現在の木造天守がお目見えした。外観写真や天守雛型などの資料に従って、当時の工法で忠実に再現された日本100名城の一つだが、文化財指定は受けていない。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/31(金) 00:00:00|
  2. 予讃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下灘雨情

夕日の絶景ポイントに暗雲が漂う
雨の中 女性車掌の安全確認が続く

70022411.jpg
2020年4月 予讃線 下灘

日頃の行いが悪いのか、ここぞという夕日の綺麗な海辺の絶景ポイントでは、天候に恵まれないのが、こあらまの恒例になっている。大村線の千綿でも、山陰線の宇田郷でも、根室線の落石でも、どこも天気は優れなかった。そして、今回の予讃線の下灘でも、雨模様をお届けすることと相なった。写真は朝の様子だが、前日の日暮れ時にも訪れたが、荒れ模様で無残な結果に終わっている。再起をかけた朝ロケでも、天候は回復せず雨模様となってしまった。決して雨が嫌いなわけではないが、名物の海原に広がる夕焼けなんぞも拝んでみたかった。写真的には、月並みな夕焼けよりも、雨の情景の方が新鮮ではないかと思うが、強がりにならなければいいのだが・・・。


70022445.jpg


70022409.jpg


このところ、鉄道現場での女性の姿が当たり前になりつつある。JR四国でも、昨年2019年採用の123名のうち、女性は25名となっている。女性運転士の第一号は2009年4月に誕生している。ただ、JRグループでは5番目で、やや出遅れの感もある。JRグループ最初の女性運転士は、何とJR貨物の運転士で1997年のことだ。さらに遡ると、西武鉄道には1975年から女性機関士がおられた。西武鉄道最後の貨物列車のハンドルを握ったのも女性機関士だった。ちなみに、蒸気機関車時代の男性的な職種である機関士は、JR化後に無くなり、運転士に統一されているようだ。今や保線区にも女性が配置される時代で、「ぽっぽや」で描かれた世界は、最早過去の歴史的な一幕となった。こあらまは、男だの女だのということは、あまり意に介さない性質だ。出来る女は出来るし、出来ない男は出来ない。頭が痛いが、要は中身の問題だ。


70022464.jpg


70022466.jpg


70022427.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/07/11(土) 00:00:00|
  2. 予讃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「春雨じゃ」と言われても

北の白滝に先起こされた西の白滝
風情のある木造駅舎の駅に春の雨

80018874.jpg
2020年4月 予讃線 伊予白滝

「春雨じゃ、濡れて参ろう」とは、新国劇は『月形半平太』で、土佐藩士の武市半平太こと武市瑞山が、三条の宿を出る時、舞子の雛菊が「月様、雨が・・・」と傘を差しかけたところで返す名セリフだ。ほろ酔い気分の、馴染みの芸子との春の夜の風流を描いたものとされる。こあらまもそうだが、こんな場面は一般大衆には縁のない浮世で、一生に一度くらいは「月様~」などと呼ばれてみたいものだ。一方、金田一晴彦さんの「ことばの歳時記」には、霧雨のような春雨では、傘を差しても役に立たなかったのでは、という実用的な解説もある。

ところで、現代の日本人は、どうしてここまで傘を差すのが好きになったのか。そんなにまでも濡れるのが嫌なのか。例えば、欧州人は殆ど傘を差さない。フードを被って足早に歩き去るというのが彼らの流儀だ。英国紳士の傘は、飾り物で差すためのものではない。雨の降り方の違いもあるだろうが、何か日本人の雨への潔癖感のようなものを感じる。東南アジアの国々は、降れば外に出ないか雨宿りというのが通例だったが、経済成長に連れて、日本製の傘が急速に広まっているとのこと。今や、のんびり雨宿りなど許されないようだ。

さて、写真に行くが、最近は「春雨じゃ」などと暢気なことを言っていられなくなった。写真には雨粒が見て取れる。写真をやっていれば、どの程度の雨だかは察しが付くだろうが、強風の中の大降りだ。しっぽり濡れる春の雨なんてとんでもない。風が後方からだったので、背中を盾にして撮れたが、正面からだったらどうにもならない。天候に一喜一憂しないで撮り続けることを課しているが、さすがに無理っぽい気象状況が増えて来た。これから先、傘が役に立たない場面が増えそうだ。「暴風雨じゃ、濡れて参ろう」じゃ洒落にならない。

巷では、今日11日には、北海道を除き、全国的に梅雨入りとなりそうだ。写真が撮れるだの撮れないだのはどうでもいいが、線路が流されるのはどうにもやるせない。ローカル鉄道の最大の敵となった、危険な雨の季節に入るが、もはや神頼みだけしかないのか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/11(木) 00:00:00|
  2. 予讃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和海のみかん山を往く

宇和海を望む愛媛みかん発祥の地
西日本豪雨の傷跡はまだまだ癒えない

80018949.jpg
2020年4月 予讃線 下宇和

温暖な宇和海を望む山の斜面では、代々柑橘類が栽培されてきた。みかんと云えば愛媛みかんを連想するほどの一大産地だ。その昔、四国にはC58が牽く「みかん列車」が走っていた。機関士は、みかん列車に季節を感じていたそうだ。海沿いの産地では、太陽光の海からの照り返しと云う特典があるが、同時に台風の塩害と云う危険も持ち合わせている。

さて、このみかん畑はどうにも様子が変だ。農家の方から伺ったのだが、2018年7月の西日本豪雨で、一帯のみかん山は、土砂崩れでほぼ壊滅してしまったそうだ。宇和島市では、農業関係だけで150億円にのぼる被害があったとされいている。苗木を植え直し、やっとここまで成長したが、収入が得られるようになるまでには、さらに数年掛かるという。

ここ吉田町は、江戸時代にミカンが移植された「愛媛みかん発祥の地」とされる。西日本豪雨では、みかん山の被害もさることながら、11人の尊い人命が奪われている。今年もまた豪雨の季節がやって来た。昨夜も東京近郊で大雨が降り、鉄道に冠水による不通箇所が生じた。人類が招いた気象の激化だが、便利は何時か不便を生じさせるということなのか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/07(日) 00:00:00|
  2. 予讃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンパンマン列車が往く 予讃線8000系

生誕20周年を迎えたアンパンマン列車
今や押しも押されもしないJR四国の顔だ

70022314.jpg
2020年4月 予讃線 伊予亀岡

JR四国にアンパンマン列車が登場したのは2000年10月のことで、作者縁の地の高知に向かう土讃線にお目見えした。それから今年でちょうど20年になる。と、こちらのサイトに書いてある。なかなか気の利いたサイトで、子供たちが楽しめるような趣向になっている。ちょっとしたラッピング列車からスタートしたのだろうが、20年の研鑽で一大エンターテイメントへと成長した。昨年2月には、京都鉄道博物館で「瀬戸大橋アンパンマントロッコ列車」の特別展示も行われ、JR西日本とJR四国の合同企画として大いに盛り上がったようだ。

一部に幼稚っぽいなどの辛口の評もあるようだが、概してアンパンマン列車は四国民から愛されている。線路端にいると、次はアンパンマンだねと声と掛けてくる沿線住民の方々の多いこと。お子さんやお孫さんに見せるためにも、通過時刻がちゃんと分かってらっしゃる。さらに、この企画がラッピングだけだと思ったら大間違いだ。車内もアンパンマン仕様に造り込まれている。関連グッツも豊富で、「アンパンマン弁当」やパンは、売り切れ御免の人気商品に育っている。高知駅には「アンパンマン列車ひろば」まで用意してしまった。

ラッピング車両が大嫌いなこあらまだが、アンパンマン列車にケチをつける気は毛頭ない。地元の人気アニメキャラクターに恵まれはしたが、エンターテイメントとして定着させるには、それ相応の執念が要っただろう。何はともあれ、お金を掛けずに一生懸命頑張るJR四国を応援したい。昨年だったか、「アンパンチ論争」なるものが勃発した。「アンパンマンの繰り出すアンパンチが暴力的か否か」という滑稽な議論だったが、アンパンマンに一蹴される結果となった。コロナでギスギスしてきた世の中にも、アンパンマンが必要なようだ。


80018857.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/22(金) 00:00:00|
  2. 予讃線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR