FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

ボンネット型特急の頃

新幹線の九州上陸が目前に迫った
ひかりは西へ そして「はと」は消えた

09420F.jpg
1974年11月 山陽本線 宮島口

特急「はと」は、「つばめ」とともに、戦後の東海道メインストリームの花形列車として一世を風靡したことは周知の通りだ。運行乗務は「つばめ」が大阪管理局、「はと」が東京管理局で、「つばめガール」と「はとガール」が乗務して、東西でサービスを競い合ったという。乗車券の購入は困難を極め、ダフ屋が逮捕されたりしている。それも束の間のことで、電車特急「こだま」の登場で151形の時代を迎え、東海道新幹線の開業と山陽路への延伸で、活躍の場は西へと移っていった。写真は山陽新幹線博多開業を目前に控え、岡山-下関間の運行となっていた末期の姿になる。翌1975年3月、「はと」の歴史に幕が降りた。

この宮島口駅は、1897年に山陽鉄道の宮島駅として開業している。さすがは山陽本線だけのことはあって既に123年もの歴史を刻んでいる。現在の宮島口はバリアフリー化されているので、さすがにレール鉄骨の跨線橋は、スマートなエレベーター付きのものに建て替えられているが、ホームの屋根などは写真の頃の骨組みのままのようだ。写真右端のホームが単式で1番線、こちらが島式で3、4番線となっている。2番はというと、両ホームの間にある中線のことをいうようだ。現在はこの中線が撤去され、2番線は幽霊化してしまっている。列車は3番線を広島に向けて通過中で、バックシャンというこになる。

実は、この写真をピックアップしたのは、ホームを往くサラリーマン風の二人の男性が興味深かったからだ。「はと」という平和的なイメージの列車の脇で、高度成長期の企業戦士をイメージさせるお二人だ。中島みゆきの「地上の星」が流れてきそうな颯爽とした足取りで、この時代のサラリーマンの気骨のようなものが伝わってくる。46年という時間が流れた今も、変わらぬ通勤風景が続いているのだが、スマートフォン操作の影響でもあるまいし、少々気持ちが俯き加減になってしまったような気もする。勤め人に限らず、人々が真っ直ぐ胸を張って歩けるような世の中を取り戻さなければという思いがふと過った。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/11/26(木) 00:00:00|
  2. 山陽本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾道 坂の街

山の手の坂道は踏切から始まる
車の入れない家並は迷路のようだ

70022151.jpg
2020年4月 山陽本線 尾道

貨物列車の通過を、こんなに間近に見たのは、現役蒸気時代以来のことだ。海と山に挟まれた僅かな平地には、商店が牽きめき合っている。その山側を、国道2号線と山陽本線がぴったりと並走している。一段高くなった山陽本線には、歩行者用の踏切が続くが、スペースに余裕などなるはずもなく、踏切に上がる階段の途中で、遮断機の下から見上げるように撮ったらこんなふうになった。この道は、真っ直ぐ尾道観光の中心地である千光寺へと繋がる「千光寺道」の入口だ。

ここ尾道市の「山の手」地区では、車が入れない狭い坂道が唯一の生活道路だ。その独特の家並と多くの寺社仏閣が、「坂の街」として人を呼ぶことになった。しかし、空き家の数は500戸とも云われている。若者を中心に、空き家再生のプロジェクトが組まれ、今風の商売も増えてきて、新旧混交の街の様子が観光客の動員にも繋がっている。さて、果たしてこの街の人気がいつまで続くのか。「古き良き尾道」をどのようなかたちで継承していくかが、キーポイントになるだろう。


20008368.jpg


20008373.jpg


20008374.jpg


20008416.jpg


あなただったら、こんな階段道しかない街に住みますか。車では家まで帰れませんよ。どれだけの人がそれでもいいと答えるかは知らないが、確かにそうした人たちはいる。近頃の若者は車離れのため、逆に車の入れない街は魅力的かもしれない。年を取ったらどうしようなんて、ずっと先の話なので、それはそのときと割り切れる。尾道の山の手が生き残れるかは、ちょっとばかり不便があっても、海の見えるアンティークの香りのする「坂の街」を愛する若者力次第と言えそうだ。


70022153.jpg


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/01(月) 00:00:00|
  2. 山陽本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾道の街角

岡山と広島のほぼ中間にその街は在る
海辺の商店街をコンテナ貨物が抜けて往く

20008394.jpg
2020年4月 山陽本線 尾道

このところ人気急上昇中の尾道。観光客は増え続け、人気の移住先にもなっている。かつての造船業の繁栄は過去のものとなったが、交通条件の良さから観光業や製造業に軸足を移している。平地の少ない坂ばかりの街だが、明るい海辺の街で、昨今の地方都市にありがちな沈んだ雰囲気はない。車の入れない斜面には空き家が目立つが、そんな空き家に若者が移り住むという。戦時中の空襲を免れているため、多くの寺社群が健在で、街並みにはアンティークな香りが息づいている。さらには、文学人も居を構え、映画やアニメの舞台にもなるなど芸術性にも富んでいる。まずは、そんな尾道の商店街を覗いて、人気の秘密を探ってみよう。

尾道駅の東側は、山と海に挟まれた僅かな土地に、国道2号線と商店街のアーケードが並行している。さらに、山陽本線が山側に割り込んで、三つ巴の様相になっている。商店街の北側の横道は直ぐに国道に突きあたるが、その先には見上げるように山陽線が走っている。さすがは日本の屋台骨となる幹線だけあって、日に数十往復の貨物列車が轟音と共に行き交っている。商店街歩きの最中に、ふと横道に目をやると、その先をコンテナが通り過ぎていた。


20008379.jpg

こちらが、国道と山陽線と並行する「尾道本通り商店街」のアーケード。午前中のためか人通りは疎ら。

20008380.jpg

商店街入り口近くの手作りプリンの店。「しあわせホルモン分泌中~!!!」のポスターがちょっと不気味。

20008389.jpg

元銭湯「大和湯」の建屋を利用した、土産物・雑貨店とカフェの「ゆーゆー」。外観は銭湯そのもの。

20008396.jpg

この一角は露天商の集まりのようだ。向かいではリヤカーの魚売りが開店準備中。「総合衣料卸」の看板は今や飾りか。

20008397.jpg

こちらには「あくびカフェー」の名が。「うごくパンダ」は本当に1回30円で動くようだ。

20008398.jpg

地魚めしの店先には何やら干物が。「タマガンゾウヒラメ」と書いてある。これが瀬戸内名産、尾道の冬の風物詩の「でべら」か。

20008400.jpg

こんな路地も。お好み焼きの店があるではないか。バックの木立は、尾道水道を挟んだ向島になる。

どうだろうか。何となくこの街の性格の一端が伝わればいいのだが。ノスタルジックな雰囲気が、人気の一つであることは間違えない。商店街にも、外国人観光客にも喜んでもらえそうな日本らしさがある。勿論、この街の見どころはまだまだある。折に触れて、お送りしていきたい。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/10(日) 00:00:00|
  2. 山陽本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR