FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

漂泊の道標 最北端の車止め

12101F.jpg
1976年3月 宗谷本線 稚内


車止めの向こうは稚泊航路の海峡だ
この先での出来事を黙して語らない



スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/02/06(土) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

宗谷を駆ける

あの日あの時シゴゴを追いやった憎き奴
とても面構えを撮る気にはなれなかった

10410F16.jpg
1975年3月 宗谷本線 下沼

今年一発目の鉄道車両は何と「赤ブタ」ことDD51だ。巷の噂では、この春、JR貨物の稲沢のDD51が運用を終えるようだ。JR貨物の定期運行が無くなっても、JR西と東にも車籍があるので、工臨やら復活蒸気の代走やらで、暫くはその姿を見ることは出来るだろう。蒸気機関車を駆逐する使命をもって開発された凸型DDの花形だが、半世紀を経た今、第一線を退くことになったようだ。余生が、復活蒸気のサポートとは皮肉なものだ。

この宗谷線の「最果て鈍行」は、写真の半年前まではC55の牽引だった。宗谷線北部の朝の撮影は、この上りの322レから始まるのが通例だった。DD51には申し訳ないが、C55に代わってそんな列車を牽くことになっても憎まれるだけだった。この写真には、当然のことのように前のコマはない。撮影イメージは、「C55の最果て鈍行」から「北辺で働く荷物車」に変わっていた。哀しいかな、DD51への写欲はマニ60よりも相当低いものだった。

ただ、勝手なもので、今になってこうして眺めてみると悪いものではない。DF200何ぞよりよっぽど旧客仕様には似合っている。それも半世紀という時間の成せる業で、当時はとてもそんな気にはなれなかった。今後、動態保存機が現れるかは知らないが、1会社1両くらいは復活蒸気のお供に保存した方がいいように思えるようになった。あれだけ現役蒸気ファンから忌み嫌われたDD51にも、少しの愛の手を差し伸べても罰は当たるまい。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/01/03(日) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東六線の朝

北の小駅は今頃雪の中だろう
間もなく記憶の中だけの駅となる

80015941.jpg
2018年10月 宗谷本線 東六線

今年も残すところ半月ほどになったが、コロナに明け暮れた一年だった。第3波においては、案の定、政府はバラ撒き経済対策の事しか頭になく、高齢者を除けば、市民はどうにでもなれと言わんばかりにタガが外れてしまった。医療関係者の悲痛な叫びは、そんな社会風潮を前に空回りしている。一方で、ワクチンビジネスは国威も絡んで熾烈な戦いになっているが、その戦列には技術立国を自負する日本の影も形もない。日本は「新薬・創薬」分野では後進国、いや、先進国から相手にもされない国になってしまった。硬直的な医療体制と、何を守っているのか分からない薬事行政の賜物と言っていい。ワクチンの緊急輸入も人命などより、オリンピック開催か何かが念頭にあるのだろう。

さて、今回の写真はお気に入りの宗谷本線だが、来春には多くの小駅が廃止の予定だ。この東六線もその一つで、来春の雪解けを待たずに役割を終えそうだ。「車両のない鉄道写真」の原点ともなった東六線だが、哀しいかな、どうやら終焉の時がやって来たようだ。どうしても、その最後を見届けたかったが、コロナもあり諸事情で今秋の渡道は叶わなかった。今年も暖冬で始まり、12月に入っても積雪がなかった北海道各地だが、ここに来て年末寒波が入ってきた。今頃は東六線も雪の中に人知れず佇んでいるはずだ。コロナはまだまだ感染拡大の一途だろう。寂しい年末年始になり、鉄道各社の苦悩は増々深刻になりそうだ。小駅は更に消えていくかもしれないが、じっと堪えるほかない。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/12/14(月) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紋穂内の秋

北海道らしい広大な眺めが広がる
そんな中の小さな駅がまた消える

80015969.jpg
2018年10月 宗谷本線 紋穂内

この風景が気に入って、列車写りが厳しいのは分かっていたが、数少ない列車をこの場所で待つことにした。この風景は北海道中川郡美深町字紋穂内にある。長い待ち時間も、この美しい眺めのお蔭で退屈することはなかった。小さく現れた単行の列車は、間もなく紋穂内の駅に到着するところだ。

紋穂内の駅名の由来は、ウィキペディアによれば、アイヌ語の「モヌプオナイ」(小さい・野に・ある・川) などの幾つかのアイヌ語説があるが、何れもが現在のパンケニウプ川を指すとあり、それを引用したと思われる記述がSNS上に多数ある。そこで、このパンケニウプ川を探すが、地図上にその名を見付けることが出来ない。やっと、国交省の資料から、一駅南の初野辺りで天塩川に合流している美深パンケ川のアイヌ語名であることが判った。ちなみに、同じ美深町内にはペンケニウプ川というのもあるが、こちらは美幸線の終点だった仁宇布を通って南美深辺りで天塩川に注いでいる。どちらもニウプ川であり、流域は殆どが仁宇布の地名を持ち、仁宇布の地名の由来にもなっている。ウィキペディアの出典に示された札幌鉄道局編の『駅名の起源』の記述を確かめてみたいところだが、然るべき場所に足を運ばないと確認できそうもない。もし、「モヌプオナイ」が天塩川本流を差すのであれば、そこを何度も訪れた旅人としては全てが合点がいくのだが、何故にパンケニウプ川なのかという疑問が残ってしまった。

名は体を表すと言われるように、地名の由来を調べることは、その土地を理解する上で重要なことだ。そのため、ついつい深入りして迷宮入りしてしまったが、このくらいにしておこう。この「小さい野にある」紋穂内は、本当に小さい駅だ。国鉄末期までは交換施設を有する有人駅だったが、現在は貨車駅舎の棒線無人駅となっており、駅前には建屋すら見当たらない。2020年の今年、美深町が紋穂内駅の廃止を容認したと報じられた。このまま行くと、来年の雪解けを待たずに駅は無くなることになる。


70019738.jpg


紋穂内の駅のすぐ横を流れる天塩川本流。日本有数の大河だが、冬の厳しさで全面結氷する。下流域は人工工作物がなく原始の姿を留めている。対岸の国道40号線へは立派な橋が架かっている。今や日本全国に道路網が整備された。鉄道なんぞがなくてもやって行けるのだろう。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/07(水) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最北のキューロク

なだらかな丘陵地帯に牧草地が広がる
最北の景色が広がり塒の終着駅は近い

07621F16.jpg
1974年8月 宗谷本線 兜沼

少々機関車が小さいが、こういうのを日の丸写真とか編成写真とか云うようだ。車輌ファンの王道的構図だろう。こあらまも、現役蒸気時代は車輌ファンだったので、こんな写真を結構撮っている。と言うよりは、どうしても好みのアングルが見つからなかった時の最終手段だった。線路を歩いて場所探しをしていたわけだから、見つからなければ当然こんなことになる。情報が乏しい時代、多くで行き当たりばったりだった。ただ、この年の夏の北海道では蒸気撮影は二の次だった。申し訳程度に駅傍の線路端をうろついていた。北海道は氷雪のイメージが強く、雪のない北の大地では何となくモチベーションが上がらなかったし、場所探しは熊笹に阻まれ、積雪期のようには行かなかった。

さて、写真のキューロクは稚内機関区の所属だ。この 49673 が製造されたのは1920年のことで、東京局がスタートとなり、昭和天皇の即位御大礼のお召列車も牽いている。1945年に北海道の遠軽区に渡り、名寄線や湧網線を走っていたが、ド派手なゼブラが目印だった。1972年には現役蒸気末期の全検都合の転属で稚内に移り、宗谷線と天北線を担当した。転属後2年が経っていたが、遠軽時代のゼブラの痕跡が見られる。稚内機関区で最後まで残ったSLの1輌で、1975年に廃車となったが車歴は55年に及んだ。列車は4381レで稚内を目指している。何とも宗谷線の最終章の風景だ。なだらかな丘陵地帯の先端にその稚内がある。線路の両側は熊笹で、これでは線路端を離れられない。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/10/03(土) 00:00:00|
  2. 宗谷本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (194)
飯山線 (57)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (2)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (4)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (44)
只見線・小出口 (38)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (5)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (27)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (49)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (7)
若桜鉄道 (6)
因美線 (4)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (9)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (3)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (22)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (29)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (4)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)
写真機材 (1)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR