FC2ブログ

駅舎の灯

旅の始まりにも、終わりにも、そこには何時も駅舎の灯があった。

若葉の頃 白鳳を背に

好天で辺り一面に露が降りた
朝の築堤にエンジン音が響く

70014594.jpg
2017年6月 小海線

周囲が若葉に包まれても、高地の朝晩はまだまだ冷える。ひんやりした空気が鳳凰三山を浮き立たせる。

★ 只今、自動更新で「若葉の頃」をお送りしています。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/19(月) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0

若葉の頃 春うらら

麗やかな会津の里に淡い緑が眩しい
フッと立ち昇った白煙に春の日が注ぐ

70014562.jpg
2017年5月 只見線 根岸

こんな中で列車待ちをしていると、汽車が来るのを忘れてしまいそうだ。盆地に響く汽笛の音に我に返る。

★ 只今、自動更新で「若葉の頃」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/17(土) 00:00:00|
  2. 只見線・会津口
  3. | トラックバック:0

若葉の頃 稜線の残雪

南アルプスの残雪も大分少なくなった
稜線に湧く白雲は早くも初夏の装いだ

70014597.jpg
2017年6月 小海線

冬が長い高原の春は、駆け足でやって来る。一面の茶色の枯野が一気に緑に溢れた。

★ 只今、自動更新で「若葉の頃」をお送りしています。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/15(木) 00:00:00|
  2. 小海線
  3. | トラックバック:0

消えた砂浜

何とも長閑な山陰の海辺の風景だ
この眺めは電力と引き換えに消えた

04933RF16.jpg
1973年7月 山陰本線 岡見

C57のテンダーが電柱と重なってしまっている。今なら、こんな初歩的なミスは滅多にないが、当時は若気の至りだったのだろう。逆に、現役蒸気の頃のような感動が無くなり、冷静になっているだけかもしれない。汽笛やブラストが聞こえ、立ち昇る煙も見えてくる。今か今かと姿を現すのを待ったあの日は、ついついシャッターのタイミングが早くなってしまったのも分らないこともない。デジタル時代であれば、電柱を抜けたところの次のコマが必ずあるはずだが、一発勝負のフィルム時代の次のコマは、早くも後追いになっている。

さて、今回の本題に入ろう。当時、何とも長閑で穏やかな砂浜を、弧を描いて山陰線は走っていた。その風光明媚な車窓は、中国電力三隅火力発電所の建設によって失われてしまった。現在のルートは山側に付け替えられたが、トンネルばかりで砂浜を愛でることは出来ず、一瞬三隅港を眺められるくらいだ。肝心のその白砂の浜辺も大半が埋め立てられている。


80020288.jpg
2020年10月

旧ルートの岡見側は発電所の引込線として利用されているが、当然立ち入れないのでどうなっているかは分らない。旧線跡が初めて発電所関連企業の敷地外にでるのが、この橋梁になる。多分、岡見の松原という集落だと思う。それにしても何とも不思議な光景だ。旧山陰線ガーター橋の上に、わざわざ新しいガーター橋を架けている。関連企業の歩行者専用の非常通路と思われ、フェンスで施錠されている。どうしてよっぽど頑丈な鉄道橋をそのまま使わなかったのか。ここにも発電所マネーがうごめいていることが連想される。


80020287.jpg


そのガーター橋の集落側はこうなっている。明らかに踏み分け路は旧ルート跡だろう。松原集落の中を突き抜けていたようだ。この集落の中に「佐渡村衣裳店」という、石見神楽に代表される金駒刺繍や立体刺繍の衣裳を作る店があり、その世界では全国的に有名らしい。創立14年というから、新ルートになってから出来た店で、現役蒸気時代には当然なかった。


80020290.jpg


松原集落から少し先で、新線がトンネルを抜けてくる。背景には巨大な三隅火力発電所が見える。燃料の海外炭を直接ここで陸揚げしている。クリーンなイメージを醸そうとしているのか、周囲には太陽光発電のセルが並ぶ。C57客レの場所は発電所辺りで、何れにしても、あの長閑だった海辺は、こんなことになってしまっている。


80020289.jpg


反対側に見えるのは三隅町市場の集落で、ここらで新ルートは終わりで、本来のルートに戻る。残念ながら、この辺りから山陰線は海から離れていく。つまり、海沿いを走っていた場所は全て山側のトンネルとなり、海の見える車窓は闇と化した。

都会で暮らしている方には分らないかもしれないが、都会のライフラインを確保するために、地方ではこんなことになっている。発電所で町も潤っただろうという見方もあるだろうが、山陰の美しい海岸風景が一つ消えたことは確かだ。多くの場合、便利さというのは、その裏で何かを犠牲にしているものだ。福島原発事故のように未曽有の大参事を引き起こすこともあれば、火力発電所のようにじわじわと温室効果ガスを排出し続けるものもある。暑い夏のエアコンは、さらなる暑さを呼ぶ悪循環だ。やせ我慢でもいいから、少し暑さ寒さに耐えてみようなどと考えてみるのも、今の時代の在り様だ。


お知らせ
何時もご来訪いただきありがとうございます。例によって、通常の更新を暫く休みます。その間の自動更新は、今回は「若葉の頃」をお送りします。コメントの返信も、通常更新の再開後になってしまうと思いますのでご了承ください。自動更新中は、ほぼ写真のみの記事となります。お楽しみいただければ幸いです。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/13(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

桜の日に タラコ色の春

春爛漫をタラコ色が駆け抜ける
不思議と里の春に馴染んでいる

80018580.jpg
2020年4月 姫新線 美作追分

単純に、なかなかいい配色だなあと思ったので上梓してみた。桜と、菜の花と、青空と、タラコ。如何にも春爛漫と言った感じだ。色々なラッピング車が登場して、現れた列車に一喜一憂することが多くなった昨今だが、ゲテモノの来ないこの界隈は安心していられる。さらにはキハ120とキハ40/47の筋がきっちり分かれているので、それなりのアングルを考えて列車を待つことができる。老体ファンとしては、ツートンの国鉄色だったらなどと考えないことはないが、これが現在のここのベストプラクティスだろう。朱色一色であれば、本来ド派手になってしまうように思えるが、それなりに見えるのは国鉄マジックとでも言うべきか。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/11(日) 00:00:00|
  2. 姫新線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こあらま

Author:こあらま
1950年代後半、東京生まれ。少年時代は国鉄現役蒸気を追いかけ、その後は山岳・高山植物・風景・街角等を題材に撮影旅を続けてきました。
2000年代、たまたま小海線のキハにカメラを向けてから俄に鉄道画に復活。ローカル線を中心に、鉄道絡みの画を撮っています。

著作権について

拙ブログに掲載する写真、記事に関する著作権は放棄しておりませんので、無断使用、転載等はお控えください。

なお、拙ブログへのリンクは自由です。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

小海線 (197)
飯山線 (58)
宗谷本線 (46)
天北線 (4)
興浜北線 (2)
名寄本線 (1)
深名線 (2)
石北本線 (19)
渚滑線 (2)
湧網線 (2)
相生線 (5)
釧網本線 (14)
根室本線 (27)
太平洋石炭販売輸送臨港線 (1)
白糠線 (1)
池北線 (3)
士幌線 (1)
広尾線 (3)
富良野線 (8)
留萌本線 (11)
札沼線 (6)
函館本線 (58)
室蘭本線 (19)
千歳線 (1)
石勝線 (1)
夕張線 (4)
夕張鉄道 (1)
日高本線 (6)
江差線 (12)
函館市電 (2)
大湊線 (10)
津軽線 (1)
津軽鉄道 (4)
五能線 (18)
八戸線 (9)
弘南鉄道 (1)
花輪線 (6)
三陸鉄道 (5)
山田線 (1)
釜石線 (8)
北上線 (9)
男鹿線 (3)
秋田内陸縦貫鉄道 (9)
由利高原鉄道 (2)
石巻線 (5)
仙石線 (1)
陸羽東線 (4)
陸羽西線 (3)
長井線 (2)
米坂線 (9)
羽越本線 (7)
磐越東線 (2)
磐越西線 (4)
日中線 (3)
只見線・会津口 (45)
只見線・小出口 (40)
真岡鐡道 (15)
東北本線 (1)
上越本線 (3)
しなの鉄道 (1)
総武本線 (1)
中央東線 (13)
東海道本線 (4)
東海道新幹線 (1)
横須賀線 (6)
八高線 (18)
秩父鉄道 (10)
東京都電車 (7)
西武鉄道 (3)
小田急電鉄 (2)
江ノ島電鉄 (29)
箱根登山鉄道 (4)
御殿場線 (2)
岳南電車 (6)
中央西線 (4)
明知鉄道 (2)
富山地方鉄道 (1)
氷見線 (2)
越美北線 (1)
名古屋鉄道 (1)
樽見鉄道 (2)
関西本線 (5)
小浜線 (2)
宮津線 (4)
山陰本線 (50)
山陽本線 (3)
播但線 (3)
姫新線 (10)
若桜鉄道 (8)
因美線 (6)
津山線 (4)
伯備線 (1)
芸備線 (11)
木次線 (10)
福塩線 (1)
境線 (1)
一畑電車 (1)
三江線 (6)
錦川鉄道 (1)
岩徳線 (2)
山口線 (7)
小野田線 (1)
土讃線 (3)
予讃線 (5)
牟岐線 (1)
とさでん交通 (1)
予土線 (4)
鹿児島本線 (2)
日豊本線 (23)
筑豊本線 (10)
日田彦山線 (7)
伊田線 (2)
後藤寺線 (2)
田川線 (3)
唐津線 (5)
松浦線 (5)
佐世保線 (1)
大村線 (4)
長崎本線 (2)
島原鉄道 (1)
久大本線 (6)
宮原線 (1)
豊肥本線 (4)
高森線 (4)
高千穂線 (1)
肥薩線 (30)
くま川鉄道 (3)
吉都線 (2)
日南線 (4)
宮之城線 (2)
鹿児島交通枕崎線 (1)
指宿枕崎線 (4)
海外 (1)
鉄道展示館 (1)
写真集・書籍 (5)
鉄道模型 (1)
ご挨拶 (0)
はじめまして (3)
未分類 (1)
写真機材 (2)
福井鉄道 (1)
城端線 (1)
アルピコ交通 (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

写真に写った方々へ

鉄道は人を運び、人に見送られ、人に支えられています。時として人が主役になります。

撮影の際には、なるべくご了解を頂くようにはしておりますが、そうできない場合もあります。写った方々と見る方々が不快に思われないようなものに限っていますが、ご本人やそのご関係者の方で、掲載に不都合がある場合には、メールでご連絡ください。 また、登場する鉄道員の方をご存知でしたら、差し支えがなければご紹介ください。

こあらまへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ご来場者累計

RSSリンクの表示

QRコード

QR